楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券 メリット・デメリットを解説

今だけ7000円相当

≪楽天カード:期間限定キャンペーン≫

2017年9月15~25日 10:00迄
今だけ、7000円相当のポイント!

楽天カード(顧客満足度で1位)
カードを検討している人は、この機会に申込むのがお得です:年会費無料

    
楽天カード 顧客満足度1位の理由を解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

★ネット抽選派は注目
ネット抽選の割合が高い証券
★資金不足の人に朗報
0円でIPOに申込める証券会社

クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は新興国株が好調というニュースを度々耳にしますね。実際に年初来からのリターンは米国株よりも強い結果になっています。

しかし、地域別の長期リターンでは最低レベルですので、ちょっと慎重に考える必要があります。

新興国投資ではインデックスファンドの積立や海外ETFのバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)が人気なのですが、実際に利益を出している人は国を絞っているパターンが主流。

6月にインドについて書いた際に、非常に反響が大きかったので、続編として国別の特徴や投資方法について考えてみました。

【参考】インドは新興国投資では最有力候補!


先ず、新興国全体で見るとインドの優位性が目立ちますね。

新興国の経済成長率は今年よりも来年は鈍化する国がほとんどの見込みですが、インドは7%を超える高い成長が予想されています。

2016年に高額紙幣を廃止したことをキッカケに電子マネーやクレジットカードが急激に広がっています。今まさに電子革命が進行中。

また、モディ政権が安定しているので政治リスクが小さいのは非常に魅力的。「新興国全体に分散するよりも、インドだけに絞った方が良い」という意見が多いのも納得です。

中長期戦略のインド投資で人気が高いのは、ウィズダムツリーインド株収益ファンド(EPI)です。


次に、ダークホース的な存在としてはインドネシアです。2050年のGDP予測では日本よりも上位にあります。

世界経済が混乱した時などに先進国マネーが一気に引き上げられることが多いので、そういった時に上手に仕込めば、短期間で大きなリターンも期待できるかも?

また、ほとんど話題になっていませんが今年の5月に格付け会社S&Pが投資適格級に引き上げられています。中長期的でも面白いかも?

インドネシアへの投資ではiシェアーズ MSCI インドネシアETF(EIDO)が有名です。


あと、ロシア投資は油動向と相関性が強いので、「原油価格が大きく下がった時に買って、原油価格が上昇したら売却」というのがオーソドックスな投資方法です。

私自身はこの方法で、良い思いをした経験があります。ロシア投資で人気が高いのはヴァンエック ベクトル ベトナムETF(VNM)です。


新興国投資では全体に長期で投資をする方法が人気ですが、過去のデータを見る限りは疑問があります。また、先進国の影響が大きい国も多いので、分散投資の効果もハッキリしません。

ただし、短期売買や国別投資では大きなリターンを出している投資家がいるのも事実です。

今回は私自身の成功体験や専門家から聞いた事、利益を出している投資家の話を総合的に判断して書きました。投資のヒントになる部分があれば参考にしてください。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
実質手数料が無料になる「ゼロETF」は注目!
数万円(数千円)の売買でも手数料を気にしなくて良いので便利です。

米国投資の選択肢が大きく広がるので、マネックス証券の口座を持っている人は積極的に活用した方が良いと思います。

ゼロETF 海外ETFの売買手数料が実質無料


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

【速報】SBI証券「つみたてNISA」 取扱い商品を一挙公開
(2017年9月22日現在)



資産運用相談員kaoruのちょっといい話

いよいよ、「つみたてNISA」が2018年より開始されます。老後資産の形成については、「iDeCo」と「つみたてNISA」があれば充分なボリュームですので注目の制度です。

《iDeCo》個人型確定拠出年金のメリット・デメリットをFPが解説

「つみたてNISA」の主流商品である投資信託については、≪最強!投信はSBI証券の独壇場へ≫という記事を書いたばかりですが、楽天証券が即座に凄い内容の対抗措置を発表しました。

今回は「つみたてNISA」で有力候補である「楽天証券の優位性」について紹介します。

【関連】楽天証券 メリット・デメリットをFPが解説


第1のメリット、毎日積立が最低100円~行える。
毎日積立で出遅れていた楽天証券ですが、2018年からの積立NISAでは実施を明言しています。今回の発表により一気に有力候補になりました。

第2のメリット、ポイントによる支払いが可能。
楽天スーパーポイントで積立代金を支払う事が可能です。ポイントによる購入は身銭を切らない投資で非常に魅力的。このサービスについては独壇場と言って良いと思います。

【参考】楽天スーパーポイントで投資信託を購入!その方法を解説

第3のメリット、楽天銀行との連携で預金の金利が大手の100倍
楽天銀行と連携させれば、銀行金利は普通預金の金利が0.1%(2017年9月現在)で大手の100倍。積立用の資金も効率的に増やす事が可能です。

第4のメリット、格付けA安定的(JCR)で安心感あり
投資信託は金融機関が破綻しても保護されますが、バタバタは面倒なので避けたいところです。ネット証券で安心感あるのは楽天証券とカブドットコム証券の2社です。


「つみたてNISA」については、運用商品に条件があるので、大手ネット4大証券であれば品揃えに大きな違いは無いと予想しています(商品は決定しだい各社から随時発表)

商品に差が無いならば、サービス内容や証券会社の財務状況がポイントになりますが、比較していくと楽天証券の優位性が際立っている印象。

ちなみにNISA口座を既に持っている人も、金融機関は変更可能(10月~)。私は楽天カードでポイントを貯めているので、楽天証券を選択する予定。

【参考】楽天カードはメリットの宝庫!顧客満足度1位の理由を解説

いかがでしたでしょうか?今回は「つみたてNISAで楽天証券が注目の理由」について書きました。

つみたてNISAは、長期運用が非課税で行える点で非常に魅力的です。老後資産の形成を目指す人は積極的に検討してみてください。

kaoruでした。

楽天証券
【口座開設者が増加の理由】
●投資信託の買付・積立が100円から可能!
●低コストファンドにポイントを付与する貴重な会社
●楽天銀行との連携で普通預金の金利が大手の100倍
●楽天スーパーポイントによる投信購入が可能

【関連】楽天証券 メリット・デメリットをFPが解説





★現金プレゼント・キャンペーン ※2017年9月30日迄
(kaoru限定キャンペーン!9月末で終了になります)

岡三オンライン証券 現金5,000円プレゼント 
条件:口座開設+5万円以上の入金 (更に3ヶ月売買手数料無料)

ライブスター証券 現金2,000円プレゼント 
条件:口座開設+取引1回 (更に2ヶ月売買手数料無料)


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

先月末に、楽天証券で投資信託をポイントで購入しましたが、非常に良いサービスだと実感できたので今月も継続します。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入!その方法と注意点を解説

購入する投信は前回に引き続き、国内投信で最強とも言われるSBI中小型割安成長株ファンド「 ジェイリバイブ」。

【参考】ひふみを圧倒!ジェイリバイブ

今月のポイント残高は約740ポイントですので、これを投信購入に充てます。楽天証券は100円以上1円単位で購入できるので、ポイントが全部使いきれるのが良いですね。

注意:ポイントによる投信購入は、キャンペーンなどの期間限定ポイントやマクドナルドやミスドなどの現金支払いのポイント(楽天キュッシュ)は対象外です。

ちなみに我が家は、期間限定ポイントが2000ポイントくらいあったので、楽天市場で鮭の切り身を購入(主人のリクエスト)


我が家は楽天カードをメインに変更したので、毎月400~500ポイントは最低でも貯まると思います。

今後は基本的にポイントは投信購入に充てる予定。でも、楽天ポイントは外食チェーンでも使えるところが多いので、誘惑に勝てるか心配な面もあります(笑)

楽天カードはメリットの宝庫!顧客満足度1位の理由を解説

楽天カードの公式ページを見てみる
(9月25日AM10:00迄の申し込みは7000ポイントのキャンペーン実施中)


月に貯まるポイントを金額に換算すると400円~500円程度なので微々たるものです。ただし、銀行預金で同様の金利を得ようと思えば4千~5千万を1年間預ける必要があります。(大手銀行の普通預金平均で換算)

先月末にポイントで購入した分は、20日程度の運用で2%ほど増えました。現在の低金利を補填すると方法として考えれば、非常に面白いと思います。


ポイントでの投信購入を行った感想は、「オマケ(ポイント)で投資はストレス無し」です。

満足度が高いサービスですので、楽天証券の口座を持っている人は積極的に活用する事をお勧めします。

kaoruでした。

【追記】
楽天証券で購入できる「楽天資産形成ファンド」は隠れた実力投信!もっと注目されても良いと思います。

楽天証券
【口座開設者が増加の理由】
●投資信託の買付が驚きの100円から可能!
●低コストファンドにポイントを付与する貴重な会社
●楽天銀行と提携で普通金利が国内最高レベル
●ポイントで投信購入ができるサービスは大好評

【関連】楽天証券 メリット・デメリットをFPが解説




最新:私が投資している商品2017年 運用商品&投資方針


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国株に関しては興味を持っている人は増えていますが、実際に取引をしている人は日本株と比べると少数派。

「敷居が高い」イメージですが、実際には正反対です。
商品内容を考えれば、“投資経験が浅い人ほど日本株よりも米国株に注目すべき”だと思います。

今回は「米国株が投資初心者や投資下手にオススメの理由」について書いていきます。ちなみに、日本株で500万以上の大損経験を持つ私は、投資下手の代表です(笑)


米国株を勧める第1の理由は、投資をしている人の大部分が儲かっている点です。

米国株の過去データを見れば、100年以上も右肩上がりです。シンプルに考えて、知識が浅い人ほど強い市場(米国)を選択した方が良いのは当たり前ですね。

【詳細】「米国株に塩漬け無し」って本当?日本株との比較は驚きの結果


第2の理由は、大型優良企業の高配当銘柄が多い点です。

配当を重視した安定投資を目指す人は多いと思います。米国では高配当銘柄や連続増配銘柄がゴロゴロしています。長期的な安定リターンを狙う戦略であれば、細かい値動きは気にする必要はありません。

【詳細】米国株の魅力は高配当!30年以上の連続増配が50社もある


第3の理由は、長期投資のアドバンテージが大きい点です。

米国は人口が今後も継続的に増えていくと予想されています(先進国では超異例)。GDPの7割を個人消費が占めているので強烈なアドバンテージです。

【詳細】米国経済が長期投資に向いている理由!人口推移が理想的


私は過去に米国投資で1500万以上の利益を得ましたが、実力の部分は200万程度です。大部分は「米国市場の強さに引っ張られて、利益が出てしまった」というのが事実。

日本株よりも米国株の方が投資初心者に合っているという事は、シンプルに考えれば当たり前の話のような気がします。米国投資に興味がある人は参考にしてみてください。(NYダウへの投資が魅力!


余談ですが、投資の資金を考えた場合、日本株は100株単元ごとの購入が基本ですが、米国株は1株から買えます。

「米国株は敷居が高い」イメージですが、買いやすさでも米国株に分があるというのが本当の話です。(敷居が高いのは日本株では?)

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
クレジットカード各社を確認したら、期間限定で入会時の特典が軒並みアップ!カードを作る事を検討している人は、この時期がチャンスです。

【2017年版】メインカードにお勧めのクレカを5枚選びました
(オススメは、楽天カードとエポスカード)


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

投資信託は購入できる金融機関が多いので、どこで購入したら良いのか迷ってしまいますね?

そんな人にとって非常に注目なのがSBI証券です。
先日、「投信の毎日積立に10月中旬から対応」という発表があり、機能面が大幅に改善される事になりました。

今回の機能追加で、「投資信託で最強」と声が挙がっているSBI証券の魅力について紹介します。


最大の魅力は、10月中旬(予定)から毎日積立がワンタッチで可能になる点です。

毎日積立は、従来の月一回の積立よりも時間分散ができるメリットがあります。また、日々の値動きにも鈍感になるので長期投資には好影響です。

毎日積立はカブドットコム証券マネックス証券でも可能ですが、設定に手間が掛かります。

SBI証券はワンタッチで毎日設定ができるので、これから積立を考えている人はSBI証券の方が簡単で良いと思います。


次に投信の取扱い本数が2500本以上で業界最多水準な点です。もっとも多すぎて迷ってしまうデメリットもあるので、必ずしも初心者にとってはプラスとは言えません。

ただし、「優良な投信は、ほぼ揃っている状態」ですので、経験を積むにしたがってメリットに感じられると思います。


最後にポイントサービスです。SBI証券は投信の保有残高に応じてポイントが貰えるサービスがあります。積立投資には非常に相性が良く事実上の経費削減に繋がります。

【参考】SBI証券 投信マイレージサービスを解説

もっとも、ポイントサービスはオマケという認識は忘れないで欲しいと思います。最重要なのは積立をする商品!ポイントサービスで資産が爆発的に増える事はありません。


参考までに私が現在、毎日積立をしている商品を記載しておきます。
カブドットコム証券を利用)

積立てのメインは「世界経済インデックスファンド」です。株式と債券が半々の王道スタイルで、資産配分も専門家に丸投げできるので、完全ホッタラカシの投資です。

さらにプラスαで「i-mizuho米国株式インデックス」も積立をしています。こちらは米国の優良企業500社が対象となっており、長期的な高パフォーマンスを期待しています。


いかがでしたでしょうか?今回は10月中旬から毎日積立が可能となるSBI証券についてご紹介しました。これから積立投資を検討している人は参考にしてみてください。

尚、私の別サイトに「注目の金融商品」をまとめています。推奨ではありませんが投資初心者には商品選びのヒントになると思います。興味がある人は覗いてみてください。

kaoruでした。

SBI証券
●投資信託の買付が100円から可能!
毎日積立がワンタッチで設定できる(10月中旬以降)
●投信残高に応じてポイントが貰えるサービスで事実上のコスト削減

SBI証券 メリット・デメリットをFPが解説

SBI証券

【補足】ライバルの楽天証券はポイントでの投信購入が好評。
楽天カードを利用している人は、楽天証券の方がメリット大きいかも?

楽天カードの公式ページを見てみる
今だけ7000円相当のポイント! :2017年9月15~25日 10:00迄


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»