kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

1月中旬にIMFの世界経済見通しが発表されました。全体的に先進国は上方修正が目立ち、新興国は元気が無い感じです。

日本の2017年成長見通しは0.8%で前回から0.2ポイントアップしました。この部分だけ取り上げれば悪くはありませんが、個人的には投資には消極的です。

もっとも引っかかる部分は、2017年の0.8%に対して2018年の成長見通しは0.5%と鈍化が予想されている点です。

私の鉄板的な手法は、将来の期待値が高いところへの投資です。以前は東京オリンピックに向けて成長が続くと予想していましたが、出てくる数字が想像よりも弱いですね。

また、今年の上方修正の主要因に関しても、円安効果や算出方法の変更という非常に曖昧なもので実力とは違う部分となっています。

今年は日本株に関して強気の意見が目立つのですが、長期となると歯切れが悪い印象です。

米国の成長予測が2017年は2.3%、2018年は2.5%ですので、どちらが安心して投資できるかは、考えるまでも無いと思います。

やはり、国内となるとひふみ投信くらいかな?長期的に成長が見込まれる国内企業を徹底的に調査して選定していますから、国内全体の見通しとは違う結果になると想像しています。

【参考】ひふみ投信のメリットをFPが解説

また、為替リスクの不安から海外投資に躊躇している人は、【為替ヘッジあり】の選択も面白いと思います。

例えば、私が今年から購入しているたわらノーロード先進国株式【為替ヘッジあり】は、為替変動リスクを抑えながら米国をはじめとする先進国の成長を取り込む事ができます。

【参考】たわらノーロードシリーズ

以前は【為替ヘッジあり】の投信は、コストが高い印象でしたが、たわらは従来商品と比べて驚くほど低コストです(今年から楽天証券で積立を実施)

私の場合は、ほとんど株価チェックを行わないので、基本的にホッタラカシでも期待できる商品じゃないと購入に踏み切れません。

ちなみに、日本株インデックスに関しては、ETFのページで私の基本的な考えをまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

コチラ⇒日本株タイプ FPからのアドバイス

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
国内投資に関しては、基本的に銘柄選択に定評がある「ひふみ投信」の購入だけに絞っています。運用メンバーが一流揃いですので、自分で運用よりも好成績が期待できると判断しました。

ひふみ投信
日本株投信の雄!過去を見ると機動力が高く、チャンスにもピンチにも強い稀有な存在?TOPIXを上回る成績で運用手腕が光る。
プロという言葉が似合う投信だと思います。
ひふみ投信

★kaoruが選ぶ投資信託の証券会社ランキング【2017年版】
投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今から1年後の株価予想をしても意味が無い事かもしれませんが、イメージを持っていた方が売買の決断が容易になるので、個人的な予想を書いておきます。

私自身はNYダウ22000~23000ドルくらいを予想しています。年末とは言い切れませが1年の間には、これくらいの水準は難しくないと思います。

英国が欧州連合離脱やトランプ大統領就任で直近のマーケットは揺れていますが、これは事前の予想通りの話でサプライズ感はありません。こういった小さな話は無視して良いと思っています。

先日、IMFから経済の最新見通しが発表されましたが、米国は2017年の見通しを引き上げられた事に加えて、2018年は更に強い成長見通しとなっています。中長期派の私にはコチラの方が重要です。

また、個人的にはトランプ相場に対して、バブルのような高揚感や割高感といった認識は持っていません。

ただし、現在はメリットの部分が中心となっているので、1年の中では悪い部分がクローズアップされてマーケットが大きく下がる局面があるかもしれません?

一般的には大統領就任から100日経過後くらの、5月~7月が注意と言われています。政策の実行スピードが遅いと、マーケットがイライラしてきて疑心暗鬼になる可能性があるからです。

もっとも、前半部で書いたように、米国の経済予測は2017年、2018年と強気!つまり大きな下げが無いまま右肩上がりも十分に考えられます。

結果的にはチョコチョコとETFを買いつつ、大きく下がったらドーンと割安な個別銘柄に投入する従来からの方法が堅い気がします。

【参考】人気の海外ETF 今月の指値価格

米国市場に関しては、予想に関係なく買い続けた人が成功してきた事は、NYダウの過去データをみれば明らかです。

トランプ大統領の発言等で短期的にマーケットが揺れても、現在の米国経済は利上げペースが早まる可能性があるほど強いという事実を頭に入れておくことが大切だと考えています。

可能な限り安く仕込みたい気持ちはありますが、個人的には年末までには現在の水準よりも15%くらいは上値をつけると思っています。もしかしたら、慎重になりすぎる事がもっとも注意すべき事なのかもしれませんね?

【参考】NYダウへの投資が魅力!

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、取引条件が良いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や取引条件が大きく違うので注意してください。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
●米国株のオンラインセミナーは、“わかりやすい”と大好評。
指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●米国株の時間外取引ができる貴重な会社です。

マネックス証券_米国株

私が投資している商品はコチラ2017年 運用商品&投資方針

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

【IPO情報・新証券】
ライブスター証券がIPOへの参加を正式に表明
前受金不要&完全平等抽選の好条件⇒ライブスター証券 IPO抽選方法

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は外貨投資(米国株、投資信託や積立FXなど)を積極的に行っています。将来的には円安加速と思っているからです。

【実践中】少額の米ドルを毎日積立⇒積立FX メリットをFPが解説

日本の厳しい財政状況やゼロ金利という点を考えていくと、中長期的に円が売られやすい状況になっていくと想像しています。

リスク回避の円買いについては、以前に少しブログで触れましたが、歴史的に見るとブームみたいな話で、永久に続くとは思っていません。

もっとも、こういった要素がなくても私は通貨を分散した方が良いと思っているので、円と外貨の比率を50:50くらいにしています。

勘違いする人が多いのですが、これは投資に対しての比率ではありません。預金なども含む全資産に対して外貨の割合が50%です。

一般的には30%くらいを外貨に推奨する専門家が多いと思います。円安対策やインフレヘッジならば、これくらいがちょうど良い気がしますね!

しかし、日本人は預金比率が高いので、外貨比率30%を達成できている人は非常に少ないと思います。外貨への分散を考えている人は、かなり海外比率を高く持った方が良いと思います。

預金が資産の大部分を占めている人であれば、投資は全部が海外向けでも良いというのが私の考えです。例えばですが、個人型確定拠出年金(iDeCo)を外国株や海外債券だけにする事で外貨比率を高めるのも方法です。

【参考】個人型確定拠出年金 (iDeCo:イデコ)

ちなみに、私が今年からたわらノーロード 先進国株式(日本除く・為替ヘッジ)を加えたのは、全資産に対する外貨比率が60%を超えたので、それを調整する目的があります。

これは私の独特な事情です。通常は普通タイプの為替ヘッジなしの方が好パフォーマンスですので、そちらを選択する方が無難だと思います。

【参考】2017年 運用・投資方針

ちなみに、日本株のひふみ投信を増やす方法も考えましたが、今後の日本経済と世界経済を比較した場合は長期的な好材料を考えると先進国(日本除く)の方が安心だと判断しました。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私の外貨投資は安定志向タイプの『積立FX』です。
中長期の外貨投資として非常に魅力が高いと思っています。

kaoruサイト限定でキャンペーン実施中
●積立型のFXで、従来の外貨積立商品と比較してコストが安い。
●購入単位は週単位・日単位でも選択可能でドルコスト平均法として魅力。
●外貨定期預金に類似したサービスで長期運用者を対象にした新サービス。

SBI FXトレード

★外貨投資のランキングもリニューアルしました。
外貨投資をするなら何がいい?2017年版ランキング

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

老後資金を目的として長期投資をしている人が増えてきました。将来への備えを早めに行うのはとても良い事だと思います。

しかし、投資経験が浅いと値動きに一喜一憂してしまう傾向があり、トランプ相場のようなチョットした上昇でも利益確定したくなる人が多いようです。

個人的にはスポット投資や短期売買ならばOKと思いますが、老後資金を貯めるための長期投資としては疑問を感じます。

これは、「途中でやめたら複利効果が・・?」といった理論的な話では無くて、もっと根本的な目標意識の問題です。

例えば、瞬間的に20万くらいの利益を得たとして、それが老後資金としてどの程度のインパクトか考えてもらえば簡単だと思います。

仮に65歳以降の10年間の費用で考えれば、1ヶ月あたり1600円程度のプラスにしかなりません。(20万÷120ヶ月=1,666円)

私は以前に会社にいた時は、老後資金への目標意識を変えてもらう為に、このように言っていました。

「100万円では、老後生活は変わりません」

実際には100万円で人生が変わる人もいると思いますが、単純に老後資金10年分と考えた場合は1ヶ月8000円程度のプラスにしかならないのです。(100万÷120ヶ月=8,333円)

もっとも、長期投資の積立でも日々価格をチェックしていれば、利益が数十万もあれば売却の誘惑に負けてしまうのは普通の事のような気がします。

私自身も全く同じ経験があるので、長期投資だけは敢えて証券会社を別にするようにしています(基準価格のチェックをしない)。

年初で紹介した楽天証券は、インデックス投資で有望ですし、楽天銀行と提携(マネーブリッジ)すれば、預金の金利が最高レベルになるメリットもあるので、老後資金用として別枠では面白いかもしれません?

【参考】楽天証券の勢いにSBI証券も劣性?

前半部分でトランプ相場は“チョットした上昇”と書きましたが、バブル的な割高感も無いので、長期の積立投資を中止するような状況では無いと考えています。

長期投資が続かない人は、スポット的な利益を狙うものと、老後資金として運用していくものをハッキリと分けた方が良いかもしれません?私自身は、それを行う事で満足いく結果になっています。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

楽天証券
●楽天銀行でマネーブリッジを登録すれば普通金利が5倍にアップ
●投資信託で低コストファンドにポイントを付与する貴重な会社
●投資情報ツールのマーケットスピードが好評
●取引を行っていくと楽天ポイントがどんどん貯まります。

楽天証券 口座開設のメリットをFPが解説



2017年版に更新投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

投資を考えると時にバリュー(割安株)を選択するか?グロース(成長株)を選択するか?という問題があります。

私はバリュー株が基本です。一般的に長期的なパフォーマンスではバリュー株の方がグロース株を上回る可能性が高いと言われています。

実際に、バリュー株ETFとグロース株ETFで5年くらいのリターンを見ると、上記が納得できるデータが出てきます。

ちなみに、大型のバリュー株というと、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)エクソン・モービルP&Gなどが有名。

グロースならば、アマゾンアルファベットフェイスブックなどです。

バリュー株ETFでも良いのですが、個人的には“配当”に注目して個別銘柄を選択する方法を取りたいと思います。

その中でも製薬会社などのヘルスケアセクターは注目しています。薬価の引き下げの可能性があり不人気という状態ですが、一方では配当成長の期待も高いので下落時には仕込みたいところです。

具体的にはファイザーJ&Jなどが候補です。特にJ&Jは「薬価引き下げ」などで株価が下落した場合にはガツンと買いたい銘柄です。

【参考】54年連続増配のJ&Jは、今後も注目

・・と言うのもJ&Jは医薬品と医療機器、消費者向け製品の3事業で成り立っているので、他の製薬会社よりも薬価引き下げの影響は小さいと予想できます。

また、トランプ氏の法人税や海外から米国送金の税金を引き下げが現実化した場合は、J&Jには大きなプラスが期待できます。

ちなみに、J&Jは最高格付けAAAで4兆円を超える現金を保有する規格外の企業。注目の連続増配についても、リマーンショックが再来してもビクともしないと個人的には思います。

ヘルスケアセクターは今年1年だけを見たら、他のセクターよりも逆風の弱い年となる可能性もありますが、長期の安定成長や配当ではとても期待値が高いと考えています。

私は昨年末に利益確定で保有株が僅かしかありません。今年は仕込み直しの年になりますので、高配当銘柄を中心に再構築する予定です。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、取引条件が良いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や取引条件が大きく違うので注意してください。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
●米国株のオンラインセミナーは、“わかりやすい”と大好評。
指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●米国株の時間外取引ができる貴重な会社です。

マネックス証券_米国株

私の外貨投資は積立FX積立FX 口座開設のメリットをFPが解説

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»