kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

5000円プレゼント企画

★岡三オンライン証券
(期間限定です。2017年6月末迄)
口座開設と入金で5000円プレゼント
【当サイト限定!口座開設キャンペーン】

『情報の岡三』と呼ばれるほどの情報力
kaourの投資でも情報源として活躍。

岡三証券のメリッ・トデメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は○○について書いて欲しいという要望をいただく事が多くなってきました。

その中でもインドへの投資についての書いて欲しいという声が多いので、今回はその点について書きます。

最初に断っておくと、私は新興国に関しては基本的に投資対象から外しています。バランスファンドの積立という意味では投資をしていますが、個別に投資をしているものはありません。

この理由は米国と新興国の成績を比較した時に、中期・長期とも米国の方が好パフォーマンスだったからです。

やはり、中長期投資という点では、安定的に好成績を出している米国市場を中心にするのが良いと考えています。

ただし、新興国投資を否定する気はありません。長期データではイマイチですが短期的には非常に強いパフォーマンスが度々あります。

私自身も新興国の短中期投資では過去に何度か良い思いをさせてもらっています。つまりスポットならば魅力的だと思っています。

ちなみに、新興国の場合は勝ち組と負け組がハッキリしているので、短中期売買であれば分散に拘らず単独国への集中投資でも良いと思っています。

その中で言えばインドは最有力候補の1つだと思います。

新興国の株価を決める重要な要素には将来への期待値の高さがあります。その点でいえば、インドはモディ政権の戦略、人口増加、GDP成長率が高い点などプラス要素が圧倒的。

長期的に成長が期待されているので投資先としては魅力的です。ただし、個人的にはモディ政権に何かあれば資金が流出するリスクがあるので、やはり短中期で臨むのが賢明だと思っています。

そうなると、インド投資で注目はゼロETF(売買手数料が無料)の「ウィズダムツリーインド株収益ファンド」ですね。(手数料0円はマネックス証券の限定サービス)

【参考】ウィズダムツリーインド株収益ファンド(EPI)

このETFに関して言えば、分散数・信託報酬(コスト)・過去の成績で他のインド投資よりも優位性が高いので、売買手数料が無料という点が無くても有力候補だと思います。

ちなみに、新興国のETFではバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)が有名ですが、過去5年の年率リターンは3%前後です。

ウィズダムツリーインド株収益ファンド(EPI)は過去5年の年率リターンは10%越えで年初来リターンも20%を上回ります。

インドの成長期待を考えれば、投資の資金が2倍になっても驚きはありません。ただし、年単位の投資だと途中で筋書きが壊れる恐さがあります。

個人的には20~30%の利益を狙って、スパッと利益確定というスタンス。あくまでもメインは米国で、インドは+α程度で良いと思います。

インドに関しては、大きな利益を狙わなければ比較的容易に利益が出せる市場のような気がします。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

【参考】米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私自身は基本的に“資産運用に無理な節約は不要”という考えです。老後資産の準備程度の目標ならばコツコツ積立を実施すれば誰でも可能だと思います。

その為、普段の生活を切り詰めすぎている人を見ると、「今の生活も大事にして欲しい」と考えてしまいます。

しかし、実際にいろいろな人と接していると、私の考えが間違っている?と感じる事も多いです。


・・・というのも、老後不安がストレスの原因になっている人が多いのです。

こういった場合は、資産が増えるにしたがってストレスが無くなるので、生活を切り詰めている方が精神的に安定している事もあります。

私の経験では、2000万~3000万くらい資産ができると、お金に対するストレスが大幅に下がる人が多いですね(老後生活の不安が解消)

また、会社勤めの人も資産があれば「今の会社が嫌なら、転職すればいいや・・」という感じで、精神的に余裕を持って働けるような気がします。

何度か書いていますが、“お金があっても幸せになるとは限りません。ただし、お金がある方が選択肢は増えます。”という話です。

選択肢が少ないと“縛られてる”気持ちが強くなるので、どうしてもストレスが発生しがちです。そう考えると、“節約してでも早くお金を貯めたい”という事も否定できません?


ただし、お金に対する焦りの原因が、『将来の資産計画がアバウトで目標がハッキリしない』という事もあるので注意してください。

将来いくら必要なのか・・?その為には毎月どれくらい投資や預金すべきか・・?こういった事がシッカリとイメージが出来るとストレスはグッと減ると思います。

各自で必要額は全然違うのでハッキリは言えませんが、私の経験では老後資金は2000万もあれば普通の生活には充分です。

仮に半分の1000万を投資で目指す場合は、毎月3万円程度の積立を4%で運用できれば、約20年で1000万は達成できます。

5万の積立ならば、20年(4%)で約1800万ですから積立投資だけで、ほぼ老後資金が達成できる計算になりますね。

【関連】セゾン投信(セゾン・バンガード・GBF)のメリットをFPが解説
(私が老後資金用で積立を行っている投資信託です。)


ちなみに、上記の投信は過去5年の年率リターンは約12%ですので、4%は弱気な設定です。仮に10%なら20年後の資産は4%の例より2倍以上になります。

kaoruでした。

【追記】
私が昨年から、新たに始めた積立投資は、世界経済インデックスファンドと米国株に投資するi-mizuho米国株式インデックスです。 値動きが気にならない毎日積立で実践中です(カブドットコム証券)

カブドットコム証券 メリット・デメリットをFPが解説

【投資信託が凄い】
●毎月500円から積立可能なので、お小遣いでも投資が可能
●毎日積立(究極のドルコスト平均法)が実施可能な貴重な会社
●銀行引き落としの選択もできるので、入金の手間が省けます

★公式ページはコチラ⇒カブドットコム証券 投信ページ

【楽天カード】新規入会&利用で7000円相当ポイントプレゼント

楽天証券から“楽天スーパーポイントで投信の購入が可能になる(夏から開始)”という発表があってから楽天カードの注目度が急上昇中です。

ポイントで投信購入!楽天カードのメリット・デメリットを解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

家計管理について書いて欲しいという要望が多いので、久々に書いてみます。

ただし、こういった事はブロガーさんなどで達人級の人が多いので、そちらを見た方が為になりそうな気がしています。

さて、時々ですが「家計簿を始めたけど続かない」という相談を受ける事があります。こういったパターンの多くは真面目にシッカリと記帳しているパターンです。

しかし、私もいろいろな家計簿を見てきましたが、優秀家計ほど記帳内容がビックリするほど簡素です。

だいたいの人が、「市販の家計簿は内容が細かすぎるので、独自で作っています(PCや市販一般ノート)」というパターンです。

理由を聞くと“家計簿をどんなに細かくつけてもお金は1円も増えないから”という感じの答えが多い印象です。(納得ですね)

また、家計アプリ等の自動入力を利用している人は少数派です。やはり、頭に実感として残るのは自らの手を動かした作業という事でしょうか?

余談ですが、家計簿の開始日について説明しておくと基本は給料日からです(20日や25日などの開始でOK)。1日からという決まりはありませんので注意してください。

話は戻りますが、家計管理が上手な人ほど光熱費や通信費なども家計簿では固定化しているケースが多いです。※昨年1年間分を12ヶ月で割った数字を最初に書き込む。

凄い人だと、食費とその他の2項目しか書く欄が無い人もいます。(可能な限り固定数字にして事前に書き込まれている)

「収入-固定費(家賃、預金、積立投資、光熱費・・)=使えるお金(食費・その他)」という感じですね。

私は個人的にこの方法は好きですね。細かくやりすぎると“先月はエアコンを使いすぎた・・今月は我慢・・”というパターンになりがちです。

しかし、夏に向かっていくときにエアコンを我慢する事が良いとは思えません。年間トータルで数字が大きく変わらなければOKだと思っています。

究極的には、毎月の使うお金を本人が理解できて、その範囲で生活できるようになれば家計簿は必要ありません。

年間で赤字、預貯金が増えない場合に、その原因を見つけるのが家計簿の役割です。原因が分かれば無理に継続する必要性は無いと思っています。

FPがこんな事を言っていいの?という感じですが、私自身が“ズボラ”タイプなので、資産運用でも家計管理でも“簡単”を目指すようにしています。

kaoruでした。

★現金プレゼント・キャンペーン ※2017年6月30日迄
(kaoru限定キャンペーン!今月末で終了になります)

岡三オンライン証券 現金5,000円プレゼント 
条件:口座開設+5万円以上の入金 (取引不要でノーリスク)

ライブスター証券 現金2,000円プレゼント 
条件:口座開設+取引1回 (更に2ヶ月売買手数料無料)

私が投資している商品はコチラ2017年 運用商品&投資方針

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国株は堅調に推移していますが、“トランプ政権の顔色を覗いながら?”という状態が続いています。

そんな中にあって、将来性という真っ当な理由で上昇を続けているのがテクノロジー関連株です。

代表的な銘柄で言えば、アルファベットフェイスブックアップルなど、このブログで以前に紹介したエヌディアもそうですね。

【参考】大化け期待?自動運転銘柄に注目

最近は成長分野を見つけるのは難しいと言われてきましたが、このテクノロジーセクターは例外です。人口知能など中長期的な拡大が期待できる銘柄がゴロゴロしています。

ただし、テクノロジー関連株は競争が凄いのと進化が早すぎで、私は全く付いていけません。そもそも、実生活ではフェイスブックやツイッターも登録していない無知ぶりです。

私のとっては“興味はあるけど、なかなか買えない”のがテクノロジー関連株の位置づけです。

しかし、そんなハイテク機器音痴の私にとって救世主的な存在が、【バンガード 米国情報技術セクターETF(VGT)】

350銘柄以上の情報技術セクター銘柄で構成されているので、個別銘柄の研究は不要です。つまり、アルファベットもエヌビディアも全部丸ごと買えるETFです。

しかも、成績が非常に優秀です。ここが最大のポイントですね!

S&P500(米国優良銘柄)と比較したところ、上昇率は年初来~過去5年・・と上回っています。

株価は将来の期待値とも言えるので、成長が続くテクノロジー関連株が上昇するのは普通の事とも言えます!

では、“今後はVGTの情報セクターだけで・・”となるかと言うと、それもチョット不安です。この分野は成長株が多い事もあり不景気だと株価が軟調になる可能性があるからです。

メイン投資と言うよりもプラスαという位置づけの方が向いている気がします。(配当も低い銘柄が多い)

ちなみに、テクノロジー関連の予想PERは約19倍ですので世間で言われるような過熱感はありません。(ITバブルのPERは、これの約3倍でした)

年初から勢いが凄かったので、現在は株価がやや鈍化していますが、割高感が無いので面白いと思っています。

普通に考えて、ハイテク関連全体で考えれば世の中で広がっていくことはあっても、衰退していく事は想像しずらいです?

個人的には、こういった銘柄の方が読みやすいので、利益を取るのも簡単だと思います。

情報技術セクターに丸ごと投資できる【バンガード 米国情報技術セクターETF(VGT)】が、私にとって投資の有力候補になるのは当たり前の話ですね。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

楽天証券が先日発表した“夏より楽天スーパーポイントで投信買付が可能にする”という事に、とても注目しています。

この発表を機に我が家ではメインカードを楽天カードに変更する事にしました。

【参考】ポイントで投信購入!楽天カードのメリット・デメリットを解説

これは、今まで投資の経験が無かった人も注目だと思います。投資に慎重になる理由の大半は、資産の目減りへの不安です。

しかし、ポイントについては、オマケですから下落しても資産が減るような感覚は無いと思います。投資について不安がある人でも気軽に挑戦できそうです。

また、既に投資を実践している人も注目!ポイント使用の投資ならば資産運用とは別枠で考えられるので、通常よりもリスクが大きい商品に投資も選択肢になると思います。

このポイント買いは、100円から投資信託の購入が出来る楽天証券に好相性のサービスですね。

【関連】投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

ちなみに、我が家では公共料金の支払い楽天カードに切り替えたので無駄遣いすることなくポイントがたまります。これで定期的にポイントによる投資信託のタダ買いが可能!

さらに、主人のカードも家族カードにしてポイントを集約するので、更に上乗せポイントが期待できそうです。

少額の積み重ねなのでお釣り貯金と似た感覚でが、私は投信の方が期待が大きいと思っています。それは以前の記事で書きましたが複利効果への期待。

【関連】積立投資の途中挫折は残念すぎる!?(複利効果に注目)

楽天スーパーポイントに関しては、近年はグループ外との連携が拡大して使い勝手が向上しています。さらに、今回の投信購入で魅力が急上昇中。

また、楽天銀行も楽天証券と連携(マネーブリッジ)すると、普通預金の金利が5倍になるので愛用中。気が付いたら楽天グループに取り込まれています(笑)

【参考】楽天証券 メリット・デメリットをFPが解説

現在は0金利の影響でリスクが無い資産運用は難しくなってきました。年間に3000円(税引き前)の金利を期待すれば普通預金であれば3億円が必要です。(都市銀行の普通預は0.001%)

それに対して、楽天カードはポイント還元率が原則1%ですから、月間2万5千円の使用で1年後には3000円分相当のポイントが貯まります。(公共料金等の引き落としだけでも可能?)

預金とポイントについては完全に別物ですので比較は意味がありませんが、ポイントによる資産運用(投信購入)は、低金利時代において魅力的なサービスだと思っています。

【参考】ポイントで投信購入!楽天カードのメリット・デメリットを解説

kaoruでした。

楽天証券
【口座開設者が増加の理由】
●投資信託の買付が驚きの100円から可能!
●低コストファンドにポイントを付与する貴重な会社
●楽天銀行でマネーブリッジを登録すれば普通金利が5倍にアップ
●夏場からはポイントで投信購入が可能になる予定。

楽天証券 メリット・デメリットをFPが解説



【5000円プレゼント】(6月末終了のサイト限定企画)
コチラ⇒岡三オンライン証券:口座開設+5万以上入金で5000円プレゼント

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»