楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

10日間限定キャンペーン

≪楽天カード:期間限定キャンペーン≫

2017年10月17~27日 10:00迄
今だけ、新規入会&利用で
8000円相当のポイントが貰える!

楽天カード(顧客満足度で1位)
カードを検討している人は、キャンペーン期間中に申込むのがお得です

    
楽天カード 顧客満足度1位の理由を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

長期投資家の間で世界分散投資の代名詞と言えば、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(通称VT)」です。

世界の市場時価総額98%以上をカバーするという驚愕の分散投資です。しかも、コストが年率0.11%と言うのですから人気があるのは当然です。

米国市場の投資で最初のキッカケがVTだったという人は多いと思います。実は私も最初に米国市場で購入した銘柄はVTです。


さて、最近はこのVTに関連してちょっと話題になっている投資信託があります。それが、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」です。

この商品は、VTを投資対象とする投資信託。つまり、究極の分散投資が外国口座を開設しなくても可能となったわけです。

コスト面は若干高いマイナス要素はありますが、海外ETFでは不可能だった積立投資ができるメリットがあります。

この投信の出現により、海外ETFの「VT」と「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」のどっちに投資すべきか?という点が話題になっています。


さて、私がこれらの商品に投資するという前提に立った場合ですが・・・両方とも投資すればいいのでは?(笑)というスタンスです。

コスト比較に目が行きがちですが、投資信託とETFはメリットが違います。それなら、その時にメリットが活かせる方を選択すればいいだけです。

★投資信託・・積立設定でコツコツ買い
★ETF・・・指値でまとめ買い


私にとっては、投資信託はコツコツと行うもので、ETFは大きく下がった時にガッツリ購入する商品です。

投資信託でもスポット購入はできますが、1日1回算出方式なので期待薄。相場が乱れるときは瞬間的にガツンと下がって、終値では通常価格と言うのは普通ですからね。


私の基本戦略は積立投資でジックリ運用しならが、安値のスポット購入で大きなリターンを狙うパターンですから両方が必要なのです。

どっちか一つに絞りたい人は、コスト云々ではなくて自分の投資スタイルが積立とスポットのどちらかで考えれば良いと思います。

今回は単純に役割が分かれただけの話というのが私の結論です。


ちなみに私が両方を活用する時は、ETFの指値はかなり思い切った下値で実行します。

私は2015年のチャイナショックではこの時の指値が大活躍。その年の収益はプラス700万円ですが、安値拾いからのリターン効果である事は言うまでもありません。

この時は、マネックス証券の指値と時間外取引のメリットが最大限に生かせたと思います。

米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

ただし、この方法は市場の回復が早い米国市場だから利用できるので、他の市場だと低迷が長引く事もあるので注意が必要です。

さて、今年も気が付いたら米国株の利益が大きくなっています。年の中盤はいつもグダグダしますが、結局はその時に買っている人が年末に潤うパターンですね。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。
時間外取引、指値期間90日など安値で拾うための条件が他社よりも圧倒的に有利なのが魅力です。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。
●チャンスが多い時間外取引もできる貴重な会社です。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株


【10月27日10:00迄】 楽天カード、今だけ8000ポイントにアップ
⇒ 顧客満足度1位の楽天カード!口コミから見るメリット・デメリット


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

先月のはじめに「安すぎ?日本株を買う4つの理由」という記事を書いたら非常に反響が大きかったです。

今回はアンチ日本株の私でも購入したくらいですので、日本株で大きなリターンを得ている人も多いと想像しています。

さて、1ヶ月経過した日本株の状況は“割高 or 割安”どちらでしょうか?ちょっと気になりますね。今回は日本株の状況について考えていきます。


日経平均株価のPERから考えると、やや高めの水準。

日経平均のPERは過去のデータを見ていくと13.5倍~16倍のレンジに納まるパターンが多いです。現在は約15倍で中央値を少し上回っていますが高すぎるという事ではありません。

ちなみに、私の投資方法を簡単に説明すると、PERが13.5倍に接近したら買いをいれて14.75倍(レンジの中央値)で売却します。

今回も、この方法でトレード完了!70万程度の利益になったので、私の実力からすれば上出来です。


さて、私の日本株への姿勢は「割安で購入して、平均的な水準で売却」というガチガチの方法なので、現在の水準では売買は行っていません。

ただし、米国市場も強いので今後の日経平均株価も22000円付近を目指す可能性も充分にあると思います。(この水準は日経平均株価のレンジ上限付近)

もっとも、選挙が終わったら材料出尽くしで一旦調整に入る可能性もあるので、慌てて投資する必要は無いかな?

中期的にも為替も後押し材料になりそうです。企業が想定している為替レートは110円付近ですので、この水準よりも円安になれば業績が上振れする可能性があります。

つまり、現在水準はちょっと高いと書きましたが、為替動向によっては安い水準になる可能性があるという事です。


仮に投資をするならば、TOPIXのETFが無難でしょね。日銀の買いは7~8割がTOPIXなので買い支え効果が期待できます!

実際に年初来のリターンは日経平均が+6.5%に対してTOPIXが+12.5%と圧倒しています。(2017年9月末)

これだけリターンの差が出るのは異常値と言って良い状態。つまり、日銀の買い効果が絶大という事です。この状況が続くと考えた場合は、今後も日本株にチャンスはあると思います。


私の場合は、日本株では堅く利益をとる戦術なので「MAXISトピックス上場投信(1348) 」だけで充分です。

信託報酬が0.078%と非常に安く、指値もできるのでスポット買いには魅力的。しかも、カブドットコム証券で購入すれば売買手数料が無料(フリーETF)ですので無駄なコストはかかりません。

フリーETFは割安時のスポット買いでは本当にフル回転の活躍になるので、カブドットコム証券の口座を持っている人は積極的に活用する事をオススメします。

カブドットコム証券 フリーETFの公式ページで銘柄を確認する


さて、今回は日本株の状況と投資スタンスについて書いてみました。

長期的にはネガティブな市場ですが、日銀の買い支えがある現時点では投資戦略が立てやすい面があります。

今回の記事で参考になる点があれば、利用してみてください。

kaoruでした。

カブドットコム証券のフリーETFは、主要カテゴリーが揃っておりコストも最安水準!スポット投資では大注目です。

カブドットコム証券
●手数料無料のフリーETFは、カブコムの超目玉サービス
●株主優待のクロス取引は、業界で圧倒的な存在感
●積立投資で月に複数日の設定ができる証券会社

【詳細】カブドットコム証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!



私の外貨投資は積立FX積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

毎月恒例になってきた楽天証券でのポイントによる投信購入です。
これは、本当に気楽でいいですね!個人的に超オススメです。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入!その方法と注意点を解説

さて、今月の残高は約900ポイントなので、先月同様にSBI中小型割安成長株ファンド「 ジェイリバイブⅡ」を購入!楽天カードをメインにしているので、毎月のポイント投資が堅く実行できています。

顧客満足度1位の楽天カード!口コミから見るメリット・デメリッ

楽天カードの公式ページを見てみる
8000ポイントキャンペーン(2017年10月17~27日 10:00迄) 

ポイント購入だと資産減少のリスクが無いので、リターン最重視の選択が可能です。普段が堅い投資なので、ここで強気な攻めできるので精神安定上にも良い効果が出ています。

楽天証券の口座を保有している人は、このサービスは積極的に活用する事をオススメします。


さて、「ジェイリバイブ」のポイント購入は開始から2ヶ月ですが、日本市場が強い事もあり3.6%増えています。

購入時期はいずれも世間では「株高で過熱感」と言われた時期ですが、このファンドには関係ないですね。

9月の単月成績は、またも優良投信であるひふみ投信に圧勝となりました。過去のパフォーマンスはかなり大きな差になってきた印象です。

SBI中小型割安成長株ファンド「 ジェイリバイブ」を徹底解説

「ジェイリバイブ」は国内最強と呼ばれる事もありますが、その看板に偽りなしという感じです(投資効率の高さを示す指標(シュープレシオ)では、10年では国内株式:第1位、5年では全ファンド:第1位)


もっとも、これだけ見て「ひふみ投信」よりも「ジェイリバイブ」の方が良いとも言い切れません。

ひふみ投信は、攻防一体型の投信とも言えるので、値動きの安定感では優位性があります。長期投資で纏まった資金を運用するならば、ひふみ投信に分があるかな?

ひふみ投信のメリットをFPが解説

ジェイリバイブは月に1回だけ内容を確認していますが、上位銘柄の変更が激しいですね。これが魅力でもあるのですが、人によっては不安に感じるかもしれません。

老後資金の運用となるとチョット不安になりますが、日々の生活を豊かにするためのお小遣い稼ぎという点では魅力的な投信です。

9月初めに、「安すぎ?日本株を買う4つの理由」で、このファンドを記載したこともあり、私自身もスポット買いをしましたが、予想以上に大きなお小遣いになってビックリしています。

kaoruでした。

【追記】
楽天証券で購入できる「楽天資産形成ファンド」は隠れた実力投信!新しく積立に加えました。

【楽天証券 人気の理由】
●ポイントで投信購入ができるサービスが大好評
●投資信託の買付が驚きの100円から可能!
●低コストファンドにポイントを付与する貴重な会社
●楽天銀行と提携で普通金利が国内最高レベル

楽天証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!




最新:私が投資している商品2017年 運用商品&投資方針


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は米国株に注目する人が多いので、現在の株価水準が気になる人もいると思います。

NYダウも最高値を更新しているので、買いたい気持ちはありながらも「購入直後に暴落・・」なんて不安にもなりますよね。

⇒ NYダウへの投資が魅力!

今回は米国市場の現状を考えてみたいと思います。


まず、株価に大きな影響を与える企業の状況です。現在、米国市場は第三四半期の決算シーズンに突入しました。

ロイターの調査ではS&P500(大手優良500社)の利益は前年同期比で4.9%の増加、売上高は4.3%増加を見込んでいます。 

まだ、発表は序盤戦ですが、市場予想を上回るパターンは例年よりも高い割合で好スタートと言えます。堅調と言って良いと思います。


次に米経済全体の指標です。

先週に発表された9月雇用統計はハリケーンの影響もあり非農業部門就労者数が7年ぶりにマイナスに転落。市場予想も大きく下回っています。

しかし、それ以外を見ていくと賃金は前月比で0.5%上昇、労働参加率は63.1%に上昇、失業率・不完全失業率は低下と安心して見ていられる数字です。(全体的に良い内容)

また、米9月ISM製造業景況指数は13年ぶりの高水準、新車販売台数も12年ぶりの高水準・・・NYダウの最高値更新は当然となるような強い数字が並びます。


最後にPER(株価)を確認しておきましょう。
今後1年間の予想から算出するPERは18.0倍です。過去の平均値はだいたい17.0倍くらいなので、若干高い水準となっています。

ただし、米国株は14.0倍~20.0倍の範囲であればレンジ内と言って良いので懸念するような数字ではありません。
業績拡大の中においては、妥当な水準だと思います。

また、現状の長期金利も勘案した金利調整後PERを計算すれば、平均値を大きく下回っており、むしろ割安という判定になります。


私の結論としては、割高感は感じないので今まで通り投資継続です。

余談ですが、「米国株の売り抜けが上手ですね」と言われる事があります。確かに、金額面だけ見れば、まずまずなのですが・・・

数年前に最高値で売った銘柄は、現在の株価と比べると「最安値水準で売却している」状況です。つまり、強烈な投資下手ですね!

私自身はこの経験を何度もしているので、最高値でも警戒感は持っていません。「今は高すぎる・・」が「あの時に買っておけば・・」になる事を、100年以上も繰り返しているのが米国市場です。

⇒ 「米国株に塩漬け無し」って本当?日本株との比較は驚きの結果

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。
利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。
●チャンスが多い時間外取引もできる貴重な会社です。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
長期的なドル高の予想は変わっていないので外貨仕込みもシッカリ行っています。最終的に2000万円は米ドルに積立予定(現在、約500万円)

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

【リニューアル】
各証券会社が次々と新しいサービスを導入しているので、証券会社の総合ランキングを見直しました。(個別カテゴリーのランキングも見直予定)

証券会社の比較ランキング《2017年版》



資産運用相談員kaoruのちょっといい話

例年のパターンですが、年前半はあまり目立った利益が出ないのですが、年末に近づくとグッと利益が出てきますね。読者の中にも大きなリターンでホクホクという人も多いと思います。

さて、私は積立投資が中心なのですが、スポット投資も実践しています。そして、国内市場で主役となるのがカブドットコム証券のフリーETFです。

フリーETF(手数料無料のETF)を徹底解説

今回は、私のスポット投資の方法や考え方を書いていきます。


さて、昨今は投資信託の信託報酬も安くなっているので、スポット投資も投信で行う人も多いですね。しかし、私はスポット投資はETFです。たぶん、信託報酬が高くでもETFだと思います。

何故ならば、私のスポット投資では指値が不可欠だからです。

例えばですが、現在の水準より10%株価が下がったら、ほとんどの人は買いたいと感じるような気がします。全力買いという人もいるかもしれません?

しかし、不思議なもので実際に10%下がったら、その通りに動けません。更に下値を探ったり、怖くて動けなかったり、そもそも5%くらいの下落で待ちきれずに買ってしまう事もありえます。

売却も同じです、最初は15%上昇したら・・と思っていたのに5%程度の利益で確定してしまう・・。あるいは上値を追っかけすぎて、気が付いたら下落なんてパターンも聞きますね。

こういう典型的なダメ投資家って時々いますよね!
・・・実は、上記の事はすべて私の話です(笑)


つまり、私みたいにタイプは、考える事で悪い方向にいってしまうので、指値をしてホッタラカシのほうが良い結果が期待できるのです。

ちなみに私はフリーETFで指値をする時は、100万単位の大きなお金の事が多いです。利益確定の金額を聞いて「度胸がありますね~」と驚く人もいるのですが、冷静に考えたら当たり前の話です。

そもそも、「今よりも10%下がったら全力買い」と言っていたので、そのまま指値を実行したのですから!

これが実際に10%下がってからの行動だと、かなり慎重になるので投入額は小さくなってしまいます。
こんな投資ならば、そもそもスポット買いをする必要がありませんね。


結論として、私がスポット投資で利益が出ている理由は指値なんです。
「今より10%下がったら全力買い」という判断をしたら、その価格で買い指値をするだけ!

仮に15%下落しても関係ありません。指値をした時点で10%下がれば割安だと判断したわけですから、待っていれば株価は適正価格に向かっていくと思っているからです。

売却も同様です。15%上昇などで利益確定の指値をしたら、あとはホッタラカシですね。残念ながら、こういった事は一般の投資信託ではできないので、ETFの方があっています。


最後に私の投資するETFですが基本的にSPDR S&P500 ETF(1557)MAXIS トピックス上場投信(1348)です。日本株のスポット投資はこの2本で、ほぼ対応できています。(両方ともカブドットコム証券のフリーETFで手数料が無料)

★他の銘柄は?⇒フリーETFの公式ページを見てみる

米国市場のS&P500は長期的に右肩上がりの期待が高いですし、トピックスは日銀の買いがあるので個別銘柄よりも安心感があります。

ちなみに、この指値方法だと、市場が堅調だと買いが成立しないで数ヶ月、1年と過ぎてしまう事もあります。
でも、それは全く気にしなくていいことだと考えています。

なぜならば、積立投資をしているのですからシッカリ投資が出来てます
積立投資&フリーETFの組合せは、私の資産をドンドン大きくしてくれる必勝パターンです。

そして、スポット投資は数ヶ月~1年に1回程度しかないチャンスだからこそ大きなリターンになると考えています。

今回の記事でヒントになる点があれば、ご自身の投資に活かしてみてください。

kaoruでした。

カブドットコム証券のフリーETFは、主要カテゴリーが揃っておりコストも最安水準!スポット投資では大注目です。

カブドットコム証券
●手数料無料のフリーETFは、カブコムの超目玉サービス
●株主優待のクロス取引は、業界で圧倒的な存在感
●積立投資で月に複数日の設定ができる証券会社

【詳細】カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説



私の外貨投資は積立FX積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»