kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 メリットを解説

5000円プレゼント企画

★岡三オンライン証券
(期間限定です。2017年9月末迄)
口座開設と入金で5000円プレゼント
【期間限定の特別キャンペーン】

『情報の岡三』と呼ばれるほどの情報力
kaourの投資でも情報源として活躍。

岡三オンライン証券のメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

8月~9月は米市場が不安定になる事が多いのですが、今年も同様の雰囲気。ただ、経済指標や企業決算は堅調ですので、年末に向けての買い場になると思っています。

【参考】米国株は7‐9月で買って年末に売却!?

今回は久々に外食チェーンを買ってみようと思ったのですが、決算をみていると難しいですね。

例えば、バーガーチェーンではマクドナルドが好決算で盛り上がりましたが、高級バーガーのシェイク・シャックは落胆する内容でした。

【参考】マクドナルド(MCD):4-6月期決算

マクドナルドは上場来最高値を更新!それに対してシェイク・シャックは一時約5%も株価が下がったので明暗が分かれた状態です。

シェイク・シャックが売上や利益が悪かったわけではありません。4-6月期の決算ではシッカリと市場予想をクリアしています。

株価が正反対になった要因は、既存店の売上の結果。私は流通系のコンサルタントをしていた事もあるのですが、小売店の評価をするにあたり最重要視するのが既存店売上です。

単純に言えば、既存店が伸びていれば、お店のファンが増えている事になります。減っていればファンの減少・・他のお店に流れていると予想できます。

株価は未来への予想とも言えるので、これは非常に重要な事です。

そして、4-6月期の決算において、マクドナルドは既存店売上をガッチリ伸ばしてきました。それに対してシェイク・シャックは既存店売上が見通しも含めてマイナスです。

【参考】シェイク・シャック(SHAK):4-6月期決算

この理由を探っていくと、似たような業態の乱立出店が関係していると思われます。ザックリですが米国人の同形態での飲食店に対する選択肢は過去10年で約2倍に膨れ上がっています。

つまり、シャイク・シャックだけに限らず新興外食チェーンは特色を出しづらくなっています。多くの新興外食チェーンが既存店で苦戦しており株価が下落している状況です。

米国では新興外食チェーンが成功する為のハードルは急速に跳ね上がっています。割安であっても安易に購入できない分野になってきました。

シェイクシャックの日本店舗は、1年以上経過しても行列ができているので、ついつい期待してしまうのですが・・?

もっとも、この点についてはスターバックスを日本で大成功させた、サザビリーグが独占契約しているので、プロデュース力が凄い点もあります。

秋には、六本木と横浜みなとみらいの出店が決定済み!

シェイク・シャックは食べてみましたが、油に弱い体質の私でも食べられるので魅力を感じます。やはり、味や雰囲気が良い点は株価復活へのアドバンテージになります。

ただ、現状の投資となると、私の体質には合わないマクドナルドが魅力という状態です。さすがNYダウ銘柄ですね!

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
現在はドル安・円高の状況。ただし、長期的なドル高の予想は変わっていないので外貨仕込みもシッカリ行っています。

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国、北朝鮮の地政学リスクから、市場が不安定になっています。

基本的には最悪シナリオは無いと思っていますが、両トップが今までの常識とは違う行動をとるタイプなので疑心暗鬼になっている感じです。

こういった事もあり、以前から要望が多かった軍用機メーカーのロッキード・マーチン(LMT)を注目の50銘柄に加えました。

ちなみに、私が投資で重視するのは経済指標と企業の業績ですので、今回の事は何も気にしていません。

また、エヌビディアの決算発表がありましたので、そちらも更新しています。(以下よりブログ本題)


ゼロETFについては、このブログで何度か取り上げてきました。
海外ETFの売買手数料が事実上無料になるマネックス証券だけの限定サービスです。

【参考】 ゼロETF 海外ETFの売買手数料が実質無料

米国株や海外ETFは、非常に有望な商品が多いのですが、日本株と比べると手数料が高めに設定されている点がデメリットでした。

しかしゼロETFの出現で状況は一変!銘柄こそWisdamTree(ウィズダムツリー)が運用するるETFに限定されていますが、このサービスは非常に魅力的です。

米国投資は長期が基本と言われるのは、右肩上がりの実績が最大の理由ですが、“手数料が高い点を緩和する”という理由も少なからずあります。

【参考】日本株と米国株の違い

ゼロETFならば売買手数料が事実上無料と考えていいので、数日の短期売買や少額投資であっても問題ありません。

実際に私は10万程度の購入ではゼロETFのウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド(DON)を購入しています。

そして、手数料の点だけでも嬉しいのですが、ゼロETF保有者を限定には更なる嬉しいサービスがあります。

それが、【ジェレミー・シーゲル教授のマーケットコメンタリーが見れる】という特典です。

これは、何気に凄く嬉しい特典です。シーゲル教授は日本では知名度が低めですが、長期投資を実践している人にとってはバフェットと並ぶ超ビッグネーム。

ちなみに、シーゲル教授の著書である「株式投資の未来」はベストセラーで長期投資家のバイブル的な存在ですから興味がある人は読んでみてください。

かなりザックリ言うと、「配当が良い優良銘柄を長期で運用するのがイイネ」という感じです。(ザックリし過ぎ?笑)

実は今回の記事では、シーゲル教授が7月末にテレビで米国株に対して強気な予想をしていたので、それについて書く予定だったのですが・・・

ゼロETFの特典であるマーケットコメンタリーと内容が被ってしまいました(記事は御蔵入り決定)。

ちなみにマーケットコメンタリーについては、毎週水曜日ごろに更新されます。ゼロETF保有者限定にメッセージボードにパスワードが送られてくるので、それを使って閲覧する形成です。

内容についても紹介したいのですが、残念ながら複製・転載・引用が禁止になっている点が大きく記載してあり断念。

ゼロETFの保有者限定の特典を検討しているという話は当初からあったのですが、予想以上の特典です。マネックス証券さん、( ・∀・)=b グッジョブ

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
現在はドル安・円高の状況。ただし、長期的なドル高の予想は変わっていないので外貨仕込みもシッカリ行っています。110円を割ったので積立額を増額しました。

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国投資は、ルールさえ守れば高確立で利益が出せると私は考えています。

そもそも、投資センスが中の下くらいの私でも、毎年100万単位の利益が出せるのですから、とんでもなく簡単な市場という印象しかありません。

しかし、投資センスが良いのに、成績が芳しくない人もいます。その理由の多くは1~2銘柄の損失で他の利益を失っているパターンです。

つまり、損切りさえ出来ていればリターンが取れている人が多いのです。

そこで今回は、私の何度も損切りからプラスに転じた必殺の逆転術を記載しておきます。方法は凄く簡単で以下の2つだけです。

①私は購入した株価のマイナス8%を損切り設定します。
②損切りした場合は、その金額でS&P500のETFを買います。

以上で終了です(笑)
何これ~って感じですよね!でも、米国株はこれだけで利益がでるのです。

このカラクリはS&P500の年率リターンです。過去5年は年率で13~15%くらいな点は何度も書いていますよね。

つまり、個別株で8%の損失が出ても、S&P500のETFに乗り換えて1年もホッタラカシにしておけばプラスになっているのです。

極論を言えば、投資した個別株が全敗しても、適切にS&P500のETFに乗り換えれば、利益が出せた計算になります。

もっとも、米国市場が今後も過去と同じように動く保証は何もありません。ただし、私は同じ道筋をたどると思っているので、今後も同様の方法を行っていきます。

繰り返しますが、米国市場と日本市場は根本的に違います。これを理解できれば損切りを先伸ばしする理由は何もありません。

いつも書いていますが、私は銘柄選びも下手ですし投資センスもありません。ただし自分に課したルール(損切り)だけはシッカリ守っています。

なかなか日本株思考から抜けられない人は【米国株に塩漬け無し?100年以上も上昇】を読んでみてください。

ちなみに、損切り乗り換えで注目のETFは、やはり基本はバンガード・S&P500ETF(VOO)。ただ、私はバンガード 米国高配当株式 ETF(VYM)も利用する事も多いです。

また、マイナスを取り戻したら売却して再び個別銘柄にチャレンジしたい人は(中短期)、手数料が発生しないゼロETFも良いと思います(私はDONを利用)

1年程度の投資スパンであれば、信託報酬よりも売買手数料を重視した方がコスト面は有利です。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
利上げペースが緩やかとの予想から現在はドル安・円高の状況。ただし、長期的なドル高の予想は変わっていないので外貨仕込みもシッカリ行っています。

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

海外ETFは魅力的な銘柄が多いので、投資で利用する人が増えてきました。そして“できるだけ安く仕込みたい”と考えている人も多いと思います。

そういった方から人気が高いのが指値注文です。自分の買いたい株価を指定して株価がその水準に到達したら自動的に買付を行ってくれるので非常に便利!

特にマネックス証券については指値の有効期間が最大90日間ですので、設定すればホッタラカシ状態も可能です(私の基本戦略です)。

【参考】米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

しかし米国株では、この方法だけに固執すると購入できない事もあります。なぜならば、基本的にNYダウは右肩上がりが通常で、日本株とは全く別物だからです。

【関連】 米国株に塩漬け無し?100年以上も上昇
(日米の株価比較を見ると、凄い差でビックリします)


日本株の感覚で安値拾いを狙ってしまうと、いつまでたっても買えないケースも充分に考えられます。

私自身も海外ETFで指値を現在値よりも8~10%下で入れていますが、これに到達するのは半年~1年に1回程度あるかないか? 銘柄によっては上昇が止まらず諦めたケースも多々あります。

そんな経験もあり、下値で大きく拾う事を考えながら、少し甘めの指値も同時並行して買いを行っていくようにしています。

例えばですが、米国市場に投資するバンガード・S&P500ETF(VOO)を現在の株価より7~8%程度下に指値をいれて買いを待ちます。(金額は強気)

ただし、ここまで下がらない事も充分に考えられるので、現在の株価から3~4%程度下にも並行して指値を入れておきます。(本命指値の金額に対して20~30%くらいに設定)

これくらいだと2~3ヶ月で到達する事も多く、仮に本命指値が引っかからなくても年間だと、ある程度の金額が買付できている事が多いです。

ちなみに私の場合は、VYMVOOで激安で指値を設定しています。

そして並行して浅い指値もしています。海外ETFのデメリットとしては、少額売買だと手数料負担が大きい点です。

しかし現在は、マネックス証券のゼロETF(売買手数料が無料)があるので、これを利用すれば、似たような値動きの銘柄を手数料無しで購入する事が可能です。

【参考】 ゼロETF 海外ETFの売買手数料が実質無料

私は実際に、浅い指値の少額投資ではゼロETFのウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド(DON)を購入しており、保有額もまとまってきました。

厳密には同じETFを2段設定しているわけではありませんが、米国市場に広く投資している点では同じと考えています。

投資方法は人それぞれだと思いますが、米国株で資産を増やす人の多くは、過去の株価にこだわらない傾向があります。

安値拾いに固執しすぎると購入できない可能性がある事は頭に入れておいた方が良いと思います。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
利上げペースが緩やかとの予想から現在はドル安・円高の状況。ただし、長期的なドル高の予想は変わっていないので外貨仕込みもシッカリ行っています。

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近に購入した米国株を記載しておきます。
まず、大きく購入した銘柄のひとつは半導体大手のインテル(INTC)です。

正確に言えば指値に引っかかったという話。以前から書いていますが、私は基本的にマネックス証券の長い指値(90日)を利用してホッタラカスだけなので、戦略と呼べるようなものはありません。

【参考】米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

半導体は勢いのあるエヌビディア(NVDA)と悩んだのですが、最終的には配当が3%を超えている安心感からインテルを選択しました。

【関連】大化け期待?自動運転銘柄に注目

あとは同じく半導体のマイクロン・テクノロジー(MU)です。

この銘柄には正直言って興味はなかったのですが、6月末に決算発表をして良い内容にも関わらず、株価下落したので一気に大人買いをしました。

2週間で10%ほどプラスが出たので半分は売却しましたが、まだ数百万は保有しています。ただし、配当が無いので私の性格的に短期で売却になりそうです。

さらに、昨日はゼネラル・エレクトリック(GE)も指値に到達したので保有が増えました。こちらは今のところ2%のマイナス成績です。

GEに関しては保有額が想定の半分くらいなので、更に追加指値をしました。

CEOの交代があり先行き不透明感から株価が落ち着きませんが、配当が高いので中長期でジックリと保有していく予定です。

【関連】米国株は7‐9月で買って年末に売却!?

さて、ここ半年以内に購入した銘柄を確認すると、好調なのはバフェットの保有株から追随購入した航空株(デルタ航空)です。

また、バフェットが原油関連に見切りをつけてから、私も投資対象から外したのですが、これも現在のところ正解の状況です。

やはり、バフェット(バークシャー・ハサウェイ)の真似をするのは良い選択だと思います。専門家と呼ばれる人がどんなに推奨する銘柄があっても、先ずはバフェットの銘柄を研究するのが私の方法です。

【参考】バフェットの保有銘柄は?

この理由は非常にシンプル。身銭を切っている人の銘柄は信用できるという話です。100の理屈を並べても、リスクをとっている人の行動には到底及びません。

投資家はどちらかと言うと、実績やデータよりも心地よい理論や予想を好む傾向があります。ただし、そういった方法で良い結果になっているかと言えば疑問符が付きます。

“バフェットの銘柄を確認する”のは、私の米国投資では最初にやるべき事になっています。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
利上げペースが緩やかとの予想から現在はドル安・円高の状況。ただし、長期的なドル高の予想は変わっていないので外貨仕込みもシッカリ行っています。

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

いよいよ米国株の4-6月期の決算発表が開始となりました。個人的には忙しい時期ですが、同時にワクワクする時期でもあります。

ただし、こういった事を面倒だと考える人も多いと思います。そういった人は海外ETFを中心に取引をすれば決算などは確認する必要がありません。

海外ETFは投資成績が良い銘柄も多いので、最近はベテラン投資家もETFを中心にする人が増えてきました。

【参考】 海外ETF 注目の15銘柄

さて、人気が高まっている海外ETFですが、サイトの方で3ヶ月に1回程度の割合で独自調査のランキングも更新しています。興味がある人は覗いてみてください。

【参考】海外ETFランキング!人気ベスト10の実力は?

このランキングでは人気上位銘柄の過去5年のリターンと安定性についても記載しています(人気ランキングよりも重要)。

結果としては、今回もS&P500の強さが目立ちます。米国の大型株だけに厳選した投資ですから、分散投資とは言えないかもしれません。

【参考】バンガード・S&P500ETF(VOO)

しかし、過去5年のデータを見れば、地域分散よりも米国市場に集中した方が安定性で優れている結果となっています。勿論リターンも同様です。

単純に言うと、バフェットみたいな投資をしている人ほど安定性とリターンを両立できているという話です。

バフェットは世界最強系のアクティブ投資家で、基本は米国集中投資!私はバフェットの選ぶ銘柄は、専門家の推奨銘柄よりも遥かに注目だと思っています。

【参考】バフェットの保有銘柄は?


さて、話が脱線してきたので戻しますが、海外ETFに関して言えば基本的にS&P500で良いと思うのですが、更に大きなリターンを狙いたい心理もあると思います。

そこで、参考までにS&P500よりも過去5年のリターンが良いセクターを探してみました。その観点で探すとヘルスケアセクターと情報通信セクターが優良です。

【過去5年リターン 7月7日現在】
S&P500:約14.7% 情報・通信:約16.9% 
ヘルスケア:約18.2%

個人的にも、情報通信セクターに関しては指値を入れている状態です。ヘルスケアセクターのETFもありますが・・・、こちらは興味がありません。

【参考】ハイテク関連株はETF(VGT)で投資

これはヘルスケアセクターがダメという事ではありません。この分野はベンチャー企業が多いのでETFだと配当が非常に低くなってしまう欠点があります。

ヘルスケア関連はETFよりもファイザーなどの大型の個別銘柄で高い配当を貰いながらの保有するのが私の投資方法になります。

前回の米国記事でも書きましたが7-9月期は、米国株を仕込むには面白い時期だと考えています。今年も例年同様に強気で買っていきます。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
利上げペースが緩やかとの予想から現在はドル安・円高の状況。ただし、長期的なドル高の予想は変わっていないので外貨仕込みもシッカリ行っています。

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

いよいよ2017年も後半戦スタートです。

この時期に仕込んだ株が年末に利益がドーンと増えるケースが多いので、非常に楽しみにしています。

そして、個人的には今年も7-9月は積極的に買って年末に売却すれば利益は例年通りに取れると思っています。

現在の状況を新聞、TVの報道で確認すると、“上昇も一服”みたいな内容も目立ちます。“方向感が見えない”なんて話もありますね!

こういった報道は正解だと思うのですが、ちょっと言葉足らずだと思っています。・・というのも7月から9月はいつもこのパターンだからです。

例えば2012年~2016年までの7月1日の株価と9月末の株価終値を確認すると、平均で▲1.2%と横ばい傾向です。プラスになった時でも上昇は2%程度です。

つまり、7月~9月はこの程度なので、先行きが不安みたいな報道があっても慌てなくて良いと思っています。

さて、それに対して10月1日と12月末の株価を比較すると過去4年は+7.7%です。やはり後半に向けてグングン強さを発揮しています。


上記は過去のデータであって今年も同じ結果になるとは限りません。ただし、私は例年通りになると考えているので、7-9月は買いに積極的なスタンス。

例えば、ハイテクセクターなどは売りが一部で広がっていますが、個人的には下がるならば買っていきたい分野。

制裁金でゴタゴタしているアルファベット(GOOGL)も長期ならば面白い水準だと思っています。

【参考】 ハイテク関連株はETF(VGT)で投資


基本は個別株をしっかり拾いたいと思っていますが、狙いすぎて買えないパターンもあるので、やはりETFも並行して買っていきたいと思います。

現在の水準より5%も下がった時にはバンガード・S&P500ETF(VOO)をガッチリというのもありかな?

7‐9月のように方向感が乏しい時期は、報道も悪い内容の方がクローズアップされる傾向にあります。(株価も低迷)

その時に“ヤバいなぁ~”と感じるか、“毎年の事だなぁ~”考えて仕込むかは個人の判断です。私は断然チャンスと捉える方ですので後者になります。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

“はじめての資産運用”(運営中サイト)で良く読まれている、米国株の人気ベスト10ページを最新版に更新しました。

だいたい2~3ヶ月の間隔で更新していますが、これを確認している時は個人投資家の傾向や有力銘柄のヒントが見えて非常に面白いです。

【参考】米国株ランキング!人気ベスト10の実力は?

今回の順位変動は非常に分かりやすくて、大型&高配当で株価が低迷している銘柄が順位を上げてきました。

具体的にはエクソン・モービル(XOM)ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)です。過去1年のリターンはマイナスですが、配当水準が高いので仕込み買いでしょうか?

両銘柄とも直近では向かい風ですが、長期的には強気に見ている人が多いのかもしれません。

ちなみに私が継続的にランキングを見ている中で、“凄いなぁ~”といつも感心するのが、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)です。

派手さが無いので話題になりませんが、本当に安定してリターンが良いです。人気ランキングの中では常に5位以内、業績も常に安定して上位です。

株価の状況は5年で2倍になっています。そして約50年も続く連続増配も継続しており、財務状況を見る限りこの記録が途切れる事は想像できません。

市場状況で一時的に下落しても、気が付いたらスルスル株価が上昇していく感じで低迷と言えるような期間が見当たりません。

【参考】54年連続増配のJ&Jは、今後も注目

余談ですが、私の知っている人で「預金代わりにJNJを買っている」という人がいます。

普通の人が聞けば冗談に感じるかもしれませんが、米国投資を行っている人ならば「それ、ありかも・・」と感じる人も多い気がします?

米国投資で資産を増やしている人は、「今はエヌビディアだ!」「インテューイティブ・サージカルも凄いぞ」と言いながらも、同時にこのような鉄壁銘柄をシッカリ保有しています。

私はJNJに関しては、20万くらいしかないので保有というレベルに達していませんが、指値は常に入れています。

仮に保有金額が数百万に達したとしても指値は永久に入れ続けると思います。

その理由は、中途半端な分散投資よりもJNJ一本の方が安心だと感じているからです。それほど凄い企業です。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は○○について書いて欲しいという要望をいただく事が多くなってきました。

その中でもインドへの投資についての書いて欲しいという声が多いので、今回はその点について書きます。

最初に断っておくと、私は新興国に関しては基本的に投資対象から外しています。バランスファンドの積立という意味では投資をしていますが、個別に投資をしているものはありません。

この理由は米国と新興国の成績を比較した時に、中期・長期とも米国の方が好パフォーマンスだったからです。

やはり、中長期投資という点では、安定的に好成績を出している米国市場を中心にするのが良いと考えています。

ただし、新興国投資を否定する気はありません。長期データではイマイチですが短期的には非常に強いパフォーマンスが度々あります。

私自身も新興国の短中期投資では過去に何度か良い思いをさせてもらっています。つまりスポットならば魅力的だと思っています。

ちなみに、新興国の場合は勝ち組と負け組がハッキリしているので、短中期売買であれば分散に拘らず単独国への集中投資でも良いと思っています。

その中で言えばインドは最有力候補の1つだと思います。

新興国の株価を決める重要な要素には将来への期待値の高さがあります。その点でいえば、インドはモディ政権の戦略、人口増加、GDP成長率が高い点などプラス要素が圧倒的。

長期的に成長が期待されているので投資先としては魅力的です。ただし、個人的にはモディ政権に何かあれば資金が流出するリスクがあるので、やはり短中期で臨むのが賢明だと思っています。

そうなると、インド投資で注目はゼロETF(売買手数料が無料)の「ウィズダムツリーインド株収益ファンド」ですね。(手数料0円はマネックス証券の限定サービス)

【参考】ウィズダムツリーインド株収益ファンド(EPI)

このETFに関して言えば、分散数・信託報酬(コスト)・過去の成績で他のインド投資よりも優位性が高いので、売買手数料が無料という点が無くても有力候補だと思います。

ちなみに、新興国のETFではバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)が有名ですが、過去5年の年率リターンは3%前後です。

ウィズダムツリーインド株収益ファンド(EPI)は過去5年の年率リターンは10%越えで年初来リターンも20%を上回ります。

インドの成長期待を考えれば、投資の資金が2倍になっても驚きはありません。ただし、年単位の投資だと途中で筋書きが壊れる恐さがあります。

個人的には20~30%の利益を狙って、スパッと利益確定というスタンス。あくまでもメインは米国で、インドは+α程度で良いと思います。

インドに関しては、大きな利益を狙わなければ比較的容易に利益が出せる市場のような気がします。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

【参考】米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国株は堅調に推移していますが、“トランプ政権の顔色を覗いながら?”という状態が続いています。

そんな中にあって、将来性という真っ当な理由で上昇を続けているのがテクノロジー関連株です。

代表的な銘柄で言えば、アルファベットフェイスブックアップルなど、このブログで以前に紹介したエヌディアもそうですね。

【参考】大化け期待?自動運転銘柄に注目

最近は成長分野を見つけるのは難しいと言われてきましたが、このテクノロジーセクターは例外です。人口知能など中長期的な拡大が期待できる銘柄がゴロゴロしています。

ただし、テクノロジー関連株は競争が凄いのと進化が早すぎで、私は全く付いていけません。そもそも、実生活ではフェイスブックやツイッターも登録していない無知ぶりです。

私のとっては“興味はあるけど、なかなか買えない”のがテクノロジー関連株の位置づけです。

しかし、そんなハイテク機器音痴の私にとって救世主的な存在が、【バンガード 米国情報技術セクターETF(VGT)】

350銘柄以上の情報技術セクター銘柄で構成されているので、個別銘柄の研究は不要です。つまり、アルファベットもエヌビディアも全部丸ごと買えるETFです。

しかも、成績が非常に優秀です。ここが最大のポイントですね!

S&P500(米国優良銘柄)と比較したところ、上昇率は年初来~過去5年・・と上回っています。

株価は将来の期待値とも言えるので、成長が続くテクノロジー関連株が上昇するのは普通の事とも言えます!

では、“今後はVGTの情報セクターだけで・・”となるかと言うと、それもチョット不安です。この分野は成長株が多い事もあり不景気だと株価が軟調になる可能性があるからです。

メイン投資と言うよりもプラスαという位置づけの方が向いている気がします。(配当も低い銘柄が多い)

ちなみに、テクノロジー関連の予想PERは約19倍ですので世間で言われるような過熱感はありません。(ITバブルのPERは、これの約3倍でした)

年初から勢いが凄かったので、現在は株価がやや鈍化していますが、割高感が無いので面白いと思っています。

普通に考えて、ハイテク関連全体で考えれば世の中で広がっていくことはあっても、衰退していく事は想像しずらいです?

個人的には、こういった銘柄の方が読みやすいので、利益を取るのも簡単だと思います。

情報技術セクターに丸ごと投資できる【バンガード 米国情報技術セクターETF(VGT)】が、私にとって投資の有力候補になるのは当たり前の話ですね。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»