kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

月の初めに“12月の株主優待は早めに動いている人が多いので注意”と書いたのですが、その後に大きく状況が変わってきました。

まず、大統領選でトランプ氏が勝利して株価が上昇!これにより、市場に活気が戻ってきています。

一般的に株主優待のクロス取引のような堅い投資に注目が集まるのは、市場に対する不安から投資家が資金を引き揚げている時です。(月初までの市場)

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引

現在は株価の値上がりに注目している人が増えているので、優待への注目度は低下中です。
優待狙いの投資家には追い風かな?予想に反して獲得が容易になるかもしれません。

また、大型の優良IPO(企業:ZMP)が発表された事もプラス材料です。

【参考】ZMP承認!世界の先端を走る注目企業が遂にIPOで登場

IPOと株主優待を並行して行っている投資家は多いので、ZMPの抽選が終わるまでは、IPO投資家の資金は株主優待に流れてこないと予想されます。

日程を見ると、12月10日くらいから徐々に優待への注目度が急上昇していくかな?という感じです。

外食系などは3%以上の優待利回りだったりするので、早めにクロス取引を仕掛けても充分に元が取れるので先取りも手段の一つかもしれませんね。

★12月の注目銘柄⇒マクドナルドなど食事系が充実

【余談です!】注目銘柄に鳥越製粉という企業がありますが、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは創業者の曾孫にあたります。

さて、我が家は11月の重要事項にしていた“ふるさと納材”も完了(主人の分)
★ネットからも申込み可能:特例制度に対応!ふるさと納税

あとは、12月の優待銘柄をシッカリ獲得して気持ちよく年内を締めたいと思っています。ただ、ZMPの抽選参加するので、12月中旬くらいからの参戦予定です。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投資信託では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 注目銘柄 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

10月末の記事で、「11月は優待が少ないので無理はしない、むしろ“ふるさと納税”を急ごう」と書きました。12月になるとふるさと納税は品切れが増えるので、そちらに集中した方が良いと感じたからです。

ネットからも申込み可能:特例制度に対応!ふるさと納税

それに対して、株主優待は11月は少なく、12月が140銘柄以上もあるので、来月から頑張ろうと思っていました。・・・でも、12月優待は早めに行動した方が良い雰囲気?です。

私は別サイト優待の注目銘柄を書いています。通常は、今ならば「11月株主優待 注目」のキーワードで訪問してくる人が多くなります。

・・・が、なぜか「12月株主優待 注目」のキーワードで訪問する読者が非常に多い!現状‘12月優待’で検索してくる訪問者は‘11月優待’の5倍以上です。

「12月に優待が多いから当然では?」と感じるかもしれませんが、サイトのアクセスを確認している私としては、ちょっと違う感想を持っています。

他にも優待が多い月はあるのですが、やはり検索が多いのはその月です。今回のように前月からアクセスが増加する事はありませんでした。昨年までは、12月優待の検索が増えてくるのは11月後半と記憶しています。

以前は、優待のクロス取引は権利日ギリギリに行う人が大半だったのですが、最近は直前だと人気銘柄を中心に信用売り在庫が無くなっているケースが多くなっています。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引

少しくらい優待利回りが小さくなっても、早めに仕掛けて確実に獲得しようという人達が増えているのかもしれません。

12月はマクドナルドなど外食系の人気銘柄や高利回りの銘柄が多いので、この傾向が特に強い気がします。個人的に注目している銘柄は別ページでまとめていますので興味がある人は覗いてみて下さい。

【参考】12月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

やはり、優待クロス取引のような“低リスクでお得度が高い方法”は、広がりはじめると早いですね。

優待利回りが高い銘柄は1ヶ月前くらいに仕掛けても充分に元が取れるので、私も今月の後半から参入できるように準備しようと思っています。

「11月はふるさと納税で12月は優待」とノンビリ構えていましたが、11月はふるさと納税&優待というパターンになりそうです。前半でふるさと納税は終わらして、後半は株主優待という感じで、少し忙しい月になりますね。

年明けの2月、3月も優待は凄いので、しばらくは早めに動いた方が良いかも?優待のお得度を実感してしまうと止められませんので、中毒者が増えている気がします(私の事です・・笑)

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。


テーマ : 注目銘柄 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

10月の優待は26銘柄しかなかったので、スルーしました。 11月は若干増えて38銘柄ですが、やはりちょっと選択肢は少ない印象です。

また、権利最終日の1日保有だけで優待が貰える事については、企業も対抗策として継続保有を条件にするところも増えてきました。11月が優待のキューピーなどは昨年から3年以上保有が条件となっています。

今のところ継続保有を条件としているのは全体の1~2割くらいでしょうか?これが3~4割になってくると、その後は急上昇していきそうなので、2~3年後はクロス取引で優待だけを貰うというのは難しくなるかもしれません?

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引

ちなみに、優待のクロス取引に関しては11月より12月の方が選択肢は多くあります。12月は約140銘柄ですから単純に言えば、11月よりも3~4倍の選択肢があることになります。

11月の注目となると、『センターホテル東京』『センターホテル大阪』の無料宿泊券が貰えるサムティが注目です。配当も高いので出張族の人は長期で保有している人も多いと思います。

あとは、リンゴがどっさり貰えるイーサポートリンクも人気ですね。私が注目している銘柄は別サイトにまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

【参考】11月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

余談ですが、優待探しは各証券で検索ページが便利。個人的にもっとも利用しやすいと感じたのはSBI証券さんでした。12月や3月のように銘柄が多い時は非常に重宝します。

【参考】株主優待ファンにとっては常識?SBI証券の検索機能は抜群!

ただし、優待クロス取引に必要な《一般信用売り》の取扱いは、カブドットコム証券 さんがダントツですから、私のようにそれを目的にするならば、カブコムさんの方が良いと思います。

個人的には、11月はふるさと納税の枠があるならば、そちらを使い切る方がメリットがあるかも?

ふるさと納税は12月になるとラッシュで酷い品薄になることも考えられるので、11月中に完了して12月は再び優待という感じの方が効率的かもしれませんね。

今はふるさと納税もいっぱいサイトがあるので、ネットで探してみる事をお勧めします。例:ウェブでふるさと納税(受付中)

こちらに関しても、返礼品の競争が問題になっているので、数年後には今よりもトーンダウンするような気がします?(こちらは、いつ規制が入っても不思議が無いような・・)

優待やふるさと納税といったメリットが高いものは“今だけ?”という可能性はかなり高いと思うので、利用できるときにシッカリ利用する方が良いと思います。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 注目銘柄 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

9月は優待が380銘柄もあったので、優待取りを行った人は大きな成果があったと思います。

私はプリマハム(優待:ハム)、エフ・シーシー(優待:みかん)、アズワン(優待:グルメギフト)、加藤産業(優待:ジャムセット)等を確定しました。主人は私以上に頑張ったようですので、年末は優待の到着ラッシュになりそうです。

この調子で10月も頑張りたいところですが、優待を実施する企業は26銘柄しかありません。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

しかも、1年以上の継続保有が条件となっている銘柄3つありますので、更に少なくなります。この継続保有を優待条件にするケースがジリジリ増えているので、『優待クロス取引』を満喫できるのも、あと1~2年くらいのような気がします。

今後の半年間で月に優待が100銘柄以上あるのは、12月、2月、3月ですので基本は10月は無理しなくても良い月です。

ちなみに10月に個人的に注目しているのは、『業務スーパー』でお馴染みの神戸物産ですね!100株で自社グループ商品3000円分なのですが、激安スーパーだけに、パスタやらドレッシングとかレトルトカレーがドーンと届きます。

ハッキリ言って華やかさは全然ありませんが、生活に密着したものばかりなので節約には直結する気がします。

他の注目銘柄は以下にまとめましたので興味がある人は覗いてみてください。

【参考】10月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

余談ですが、優待探しは各証券で検索ページが便利。個人的にもっとも利用しやすいと感じたのはSBI証券さんでした。12月や3月のように銘柄が多い時は非常に重宝します。

【参考】株主優待ファンにとっては常識?SBI証券の検索機能は抜群!

ただし、優待クロス取引に必要な《一般信用売り》の取扱いは、カブドットコム証券さんがダントツですから、私のようにそれを目的にするならば、カブコムさんの方が良いと思います。

10月は一般信用の残数が無くなったら、スルーの方が良いかな?
制度信用で狙う方法もありますが、ちょっとリスクが高い月だと思います。

日本市場は10月って乱高下する事が多いので、警戒したほうが良さそうです。特に今年は米国が大統領選や利上げの思惑などで市場が一時的に揺れる可能性があります。

kaoruでした。

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

投資を難しいと感じる人に理由を聞くと、「売買のタイミングが分からない・・」という意見が多いですね。経験を積むとある程度のコツは掴めますが、100%のタイミングは不可能に近い話です。

そんな中にあって例外的なのが、『株主優待のクロス取引かな?』と考える事があります。これは、手順さえ守れば、手数料だけで優待が丸々貰えてしまうのですからチョット特殊ですね。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

そして、この手法が大活躍するのが9月です!優待数は驚きの約380銘柄
4月・5月が約30、6月が約100、7月が約20、8月が約100銘柄ですので、非常に選択肢が多い月です。

『9月は優待取りに全力』という投資家さんの話を聞くことがありますが、ある意味では正解かもしれません?

クオカードや食事券といった準金券から、魚や野菜といった普段の生活に直結する優待も多いので、節約効果も期待できそうです。

個人的にブログを書いていて困るのは、“優待が多すぎて、注目銘柄が決められない”ことです(笑)。参考までに無理やり選定しましたので、興味がある人は覗いてみてください。

【参考】9月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

ちなみに、優待探しは各証券で検索ページがあるのですが、個人的にもっとも利用しやすいと感じたのはSBI証券さんでした。9月のように銘柄が多い時は非常に重宝します。

【参考】株主優待ファンにとっては常識?SBI証券の検索機能は抜群!

ただし、優待クロス取引に必要な《一般信用売り》の取扱いは、カブドットコム証券さんがダントツですから、それを目的にするならば、カブコムさんの方が良いと思います。

以前にも書きましたが、『優待クロス取引』に関しては、企業から見ると“優待だけを持っていかれる?”とも言えるので、いずれは“1年以上の保有じゃないと優待は出しません”という企業が大半になると思っています。

あと2~3年くらいすると防衛策が出てきそうな気がするので?今のうちに存分に活用していくつもりです。

kaoruでした。

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

1年でもっとも優待が閑散の7月が終わり、注目の8月、9月に投入です。

7月の株主優待は20件しかありませんでしたが、8月は96件と約5倍に増えます。また、食事券などの利用しやすい優待が多く内容が濃い月だと思います。

優待クロス取引を実施している人は8月、9月と聞けと目を輝かせる人が多いかな?(笑) 私も、2ヶ月で10銘柄くらは狙いたと考えています。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

8月が優待ファンから注目が集まる理由としては、有名小売店の食事券や優待券が多いからです。以下の2銘柄は特に有名!

★イオンの優待
100株保有で買い物の3%が返金される優待カードが貰えます。近くに店舗がある人はチェックしたい銘柄ですね!消費税が上がったとしても、この優待を利用することで負担を抑える事ができます。

★吉野屋の優待
サラリーマンのお財布事情って年々厳しくなっていて、昨年はお小遣いが過去30年で最低でした。100株保有で300円×10枚の食事優待券が年2回ですので興味を持っている人も多いのでは?

この2つは優待クロス取引でも良いのですが、配当もシッカリですので、株価下落時に仕込んで長期保有でもいいと思います。

8月はこの2柄以外にも魅力的な優待が豊富。私の注目する銘柄は以下にまとめましたので興味がる人は覗いてください。(ライトオンは先日、年初来安値を更新しています)

【参考】8月、注目の株主優待(人気のイオン、吉野家など)

私は月初に株価が大きく下がったので優待銘柄を先買いしていたのですが、参院選後に株価が跳ね上がったので全部を売却してしまいました。(再度仕込み直しです)

8月と9月は節約と直結する銘柄が多いので、優待クロス取引を中心に複数銘柄を狙っていきます。

kaoruでした。

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

英国のEU離脱問題で株価が下がっているので、7月銘柄を仕込むチャンスと思ったら・・優待が非常に少ない1年でもっとも閑散の時期でした。

ちなみに、7月の株主優待は20件しかありません。8月は96件、9月は374件(優待祭り月)となっていて、先々に楽しみがありますから、7月に固執する必要は無いかもしれませんね。

ちょっと小粒揃いですが、その中にも面白い銘柄が隠れています。
個人的に私が注目するのはダイドードリンコですね。

株価が安定感があるので、優待の長期保有派の間では、人気が高い企業です。それは過去5年間のチャートを見ていただければ一目瞭然!

ダイドー

まさに「THE 安定」ですね(笑)。
過去の実績を見ると、長期ホールドしている人にとっては、優待&配当で“優秀な預金?”みたいな感覚かもしれません。

それ以外で7月に私が注目する優待に関しては以下にまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

【参考】7月、注目の株主優待(1年で一番優待が少ない月です)

ちょっと選択肢が少ないので、今回はお休みして8月に全力でも良い気がします?(株価が低迷している今は仕込みのチャンスか?)

【参考】8月、注目の株主優待(人気のイオン、吉野家など)

また、優待クロス取引を考えている人は、銘柄数が少ないので競争率が激しくなる可能性があります。かなり早めに動かないと厳しいかもしれません?個人的には、8月や9月のように優待銘柄が多い月で実施する方が良い気がします。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

個人的な予想ですが、優待クロス取引に関しては、企業から見ると“優待だけを持っていかれている?”とも言えるので、いずれは“1年以上の保有じゃないと優待は出しません”という企業が大半になると思っています。

そういった事を考えると、この方法はあと2~3年の限定方法かもしれません。今は“知っている人だけが得をする方法”という状態ですので、存分に活用していくつもりです。

今月は、3月に優待クロス取引を実施した銘柄から、お米やハムが次々と届いており“プチ優待生活”となっています。これを経験すると優待取りは止められなくなりますね!

kaoruでした。

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

4月と5月は優待銘柄が少なかったのですが、6月はドーンと選択肢が増えます。マクドナルドをはじめとする食事系の優待が充実しているので、優待ファンにとっては注目月です。

ちなみに、6月の株主優待は95件で4月や5月の約3倍もありますから、食事券に限らず選択肢が多い月です。7月の優待は20件程度しかないので、6月に力を注いだ方が良いと思います。

6月の注目銘柄はマクドナルドが大看板ですが、優待ファンが注目するのはイデアインターナショナルかな?

イデアインターナショナルは200株保有で指定カタログから18000円相当の選択ができます。これは利回り換算で10%以上ですから驚きです。

参考までに、この会社はインテリア雑貨の会社ですが、CMでお馴染みのライザップとはグループ会社です。

6月は上記以外にもたくさんありますので、いろいろ探してみると面白いと思います。私が注目する優待に関しては以下にまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

【参考】6月、注目の株主優待(食事券が多数&高利回り銘柄あり)

また、“優待クロス取引”を考えている人は(私です!)、早めに仕掛けた方が良いと思います。

この方法は利用者が増えており、2週間くらい前だと一般仕様売りの在庫が無くなる傾向にあります。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

個人的な予想ですが、優待クロス取引に関しては、企業から見ると“優待だけを持っていかれている?”とも言えるので、いずれは“1年以上の保有じゃないと優待は出しません”という企業が大半になると思っています。

そういった事を考えると、この方法はあと2~3年の限定方法かもしれません。今は“知っている人だけが得をする方法”という状態ですので、存分に活用していくつもりです。

kaoruでした。

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

4月は優待企業が27社しかなかったので、一部銘柄に集中!信用売り残も早い段階で在庫が無くなってしまい、優待クロス取引を考えていた私としては不完全燃焼の月となりました。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

ただ、一般信用売り残がゼロになっていても、数日後に復活しているケースもあるようなので、細かくチェックしていった方が良いかもしれません。

5月も残念ながら優待企業が31社と少ないので、取り合いになることは必至だと思います。

個人的には、イーサポートリンク(2493)に興味津々。この会社の5月優待は青森産100%りんごジュースですが、11月の優待は“りんごの現物”がドカーンという感じで人気です。

あとは、小津産業(7487)も気になっています。この会社は“100株保有でクオカード”と紹介させるケースが多いのですが、200株保有のティッシュ&トイレットペーパー詰め合わせが隠れた注目商品。

私の知っている人で、『届いたペーパー詰め合わせが高品質で感激!それから長期保中』と言っている人がいるので、凄く気になっています。

【参考】5月、注目の株主優待・高配当や成長企業に注目

ちなみに翌6月の優待企業は95社と多くなります。優待クロス取引が大好きな私としては、カブドットコム証券の資金を増やしておく必要がありそうです(笑)

この月は、優待の“ド定番”と言われるマクドナルド(2702)や利回りは10%超?イデアインターナショナル(3140)などのスター銘柄がありますので、楽しみな月になります。

【参考】6月、注目の株主優待・食事系のラッシュ月

全国でチェーン展開している飲食店のお食事券が多く、優待の選択肢も広い月ですので“優待クロス取引の初挑戦”という人は6月からの方が良いかもしれませんね。

kaoruでした。

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【★4月1日:微修正を実施⇒2016年 投資・運用方針

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

3月は企業決算の集中日でしたので、優待ファンは大興奮だったかもしれませんね?我が家も“優待クロス取引”で以下の銘柄で優待を獲得。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

●全国保証(7164) 5000円クオカードなど
●スターゼン(8043) 3000円相当の自社製品(ハムなど)
●伊藤忠食品(2692) 3000円相当(カタログ50品目から選択)
●日本M&A(2692) 魚沼産コシヒカリ5キロ
●大和証券G(8601) 優待カタログから1点(2000円相当)
●ホクト(1379) キノコ等の詰合せ
※これ以外にも優待目的で長期保有している銘柄もあります。


保有期間は1~2営業日のみで、15,000円以上の優待がもらえました。もっとも取引手数料が発生しているので、実利は13,000円くらいかな?

数日の保有だけで、成果が得られるのですから優待取りは止められませんね。
優待クロス取引のリスクは基本的に手数料だけですので、興味がある人は挑戦してみてください。

本題ですが、4月優待の注目銘柄に関しては以下のページにリストアップしたので、興味がある人は覗いてみてください。

4月、注目の株主優待・新興市場に優良銘柄あり

4月の注目銘柄は見直しを先日行ったのですが、以前と内容が大幅に変わってしまいました。

今回は、3月の優待クロス取引が楽しかったので、その思考が注目銘柄に反映された感じです(私が欲しい銘柄や“優待クロス取り”で狙っている銘柄が中心?)

多数の人にメリットがある内容を書くのがサイトの基本ですが・・・。自分自身が良いと感じた事(得した事)を中心に書いていく方が楽しいので、そちらを優先することにしました。

5月以降についても、基本的には“優待クロス銘柄”や“個人的に注目している銘柄”を中心とした内容に変更していく予定です。

kaoruでした。

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【★4月1日:微修正を実施⇒2016年 投資・運用方針

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»