楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は、現金比率がとても高くなっており、それを積立投資にまわすようにしています。増額を繰り返していいるので、毎月の積立額が収入を超えているかも?
※収入が少ないだけです(ノ∀`)アチャー。

10月に積立金額を増やしましたが、今後も増額をしていく予定です。
増額の理由⇒急激な株高で個別株が指値で利確、現金資産が急増(´;ω;`)

そういえば、積立投資を始めるタイミングや増額の時期を聞かれる事があるのですが、私は何も考えずに増やしています(笑)

そもそも積立投資に、タイミングなんて、どうでも良いと思っています。
むしろ、タイミングを考えすぎて積立額が少なる方が、マイナスかもしれません。

積立投資は、投資成績(何%上昇した)を競うものではなく、最終的に資産がどれだけ増えたか?が大切です。(100万投資で10万の利益ではなく、1000万投資で30万の利益という考え)

私の積立増額に関して、「今は高値なので、もう少し待った方が・・」という心配の声もいただく事もあるのですが、私自身は全く心配していません。

長期投資の場合は高値・安値の判断基準は、10年~20年後との比較になります。来月や再来月との比較など無意味です。将来の世界経済が現在よりも縮小するとは想像できないのでどんどん増額しています。

私の積立投資の目的は、最終的な利益額(絶対額)を増やす事ですので、来月に株価が下がる事が予想できたとしても増額を躊躇することは無いと思います。

つまり、私にとってはタイミングよりも、「早く始める、余裕があればどんどん増やす」という事になります(笑) 投資成績を求めるならば、他にも方法があると思いますが、絶対資産額を増やすにはとても有効な方法だと思っています。

kaoruでした。

追記
私が資産運用のメインとしているのはセゾン投信です。
※10月から更に増額ヽ(・∀・)ノ→積立金額をいっきに増額!
(来年も増額の予定です)

世界中への分散でリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
全てお任せでOK!なので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>



※これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?


テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»