kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国企業の10-12月期決算が発表されています。全体的な感想としては、グローバル企業に悪い決算が目立ちます。
(鉄板銘柄のジョンソン・エンド・ジョンソンP&Gなどもイマイチ↓)

世界経済の成長鈍化とドル高がグローバル企業の重しになっています。例外なのは強烈なブランド力を持っているアップルくらいかもしれません。

【参考 アップルへの戦略】アップルで鉄板投資?

昨日、発表された10-12月期のGDP速報値は、前期比年率の2.6%増でしたが、市場予想の3%には届きまでんでした

予想に届かなかった理由は、世界経済鈍化と原油安を背景に民間企業の設備投資にブレーキがかかった事が要因。反対に好調だったのが個人消費で勢いは増しています。

個人消費に関しては、25日に発表された1月の米消費者信頼感指数も過去5年で最高水準。内需の強さは見て取れます(グローバル企業の決算も、米売上は上昇している企業が多い)

【消費者信頼感指数って?】
個人消費の先行指数で消費者マインドを指数化したものです(GDPの70%が個人消費を占める米国では大切な指標)


単純に考えれば、今年はグローバル企業の苦戦が予想されますが、米国内需に特化した企業には追い風が吹いている事になります。

米国内需↑の時は、外食産業への好影響が期待できると言われていますので、今回はレストランチェーンを考えてみました。

鉄板ですが【チポトレ・メキシカン・グリル(CMG)】は注目したいですね!健康・天然志向のメキシカンファストフードで、マクドナルドの米国売上が減少している要因と噂されるほどの存在感です。

米国の外食産業では、「健康」や「天然(新鮮)」は、成功の重要なキーワードになっています。このトレンドは今後も継続していくと予想されるので銘柄探しの時は頭に入れておくと良いと思います。

同キーワードで成長が期待されるのは、新鮮なハンバーガー(日本で言えばモスバーガー?)の【ハビット・レストラン(HABT)】や地中海料理の【ゾーイズ・キッチン(ZOES)】。いずれも店舗数が少なく、今後の店舗拡大が期待されます。

また、スターバックスを脅かす存在と言われる【パネラ・ブレッド(PNRA)】はベーカリーカフェで焼きたてパンをメインとして大人気。店への最大不満が「ランチの行列」と言われるほどの盛況ぶり(来店客を捌くためのスピード化を模索中)。

そして、【ヌードル・アンド・カンパニー(NDLS)】は、パスタ・マカロニからアジア麺まで扱うヌードル専門店。ライバルが少ない業態なので店舗数&売上が拡大していきそうな予感?

米国は広いので、フードチェーンは成功すると最終的に数千店というレベルになります。当然ですが株価が2~3倍になることも頻繁!内需も強く追い風が吹いているので、面白いと思います。

ちなみに、グローバル企業は決算が悪いと書きましたが、。ジョンソン・エンド・ジョンソンの株価が下落してきたら購入を検討します。この会社の経営基盤は強固ですので、3年・5年後を考えれば一時的な低迷は仕込みチャンスだと思います。長期保有にはやはり鉄板銘柄ですね!

同じく仕込み銘柄としては、原油関連銘柄(エクソン・モービルシェブロンなど)に注目。今年が底値になる可能性が高いと考えています。

kaoruでした。

【追記】
米国株や海外ETFに興味がある人には、マネックス証券さんがオススメです。
日本株に近い感覚で取引ができるのが魅力です。

マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能銘柄は、他社証券の2倍以上です。(米国株でも逆指値に対応)
・米国株無料オンラインセミナーやリサーチ・レポートなど情報が多い

【 ※この方針で資産増を目指します⇒2015年 運用・投資方針】 

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»