kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国経済が良好なこともあり、市場が利上げを強く意識しています。それとは反対に冴えないのがアジアの新興国株です。

一般的なニュースでは、新興国から「逃げろ~」みたいな論調も多いですね(笑) ニュースは基本的に短期間の見通しについて発信されるので、ジックリ中長期で投資を考えている人には反対の情報になることも多いので注意してください。

現在はアジア新興国に流れていたお金が引き上げられて、米国へと回帰している状況なのでニュースは正しいと思います。ただ、中長期運用派の私としては仕込みの時期が来たかな?と思っています。

アジア新興国は中国経済が伸び悩んでいる事もあり成長が鈍化傾向にあります。ただし、先進国よりも高い成長率を維持している国がほとんどという事実は忘れてはいけないと思います。

また、新興国に対しては「大幅下落も・・」のイメージが強いのですが、現在のアジア各国の外貨準備高は90年代後半と比べて5倍以上になっており大きな不安は感じません。

実際に、ほとんどの有識者がアジア新興国に冴えない状況に対しては、「株式の下落幅は限定的、為替の大幅安も考えれない」とコメントしています。

つまり、以前のような「新興国=博打」のような要素はだいぶ薄らいでいるという事です。やはり今後の経済成長を考えたら加えておきたい地域ですからね。

インドネシアの株価などは、ここ1ヶ月でかなり下ってますね。人口も多い国で将来の成長期待では指折りの国です。10~20年くらいの長期投資で考えれば魅力的だと考えています。

今から年末に向けてアジア新興国は、貴重な仕込み時期になると思っています。(私自身は海外ETFの「iシェアーズ MSCI インドネシアETF(EIDO)」に注目)

利上げやギリシャ問題のドタバタは一時的な話なので、「米国株」「アジア新興国株」をターゲットにしている人には安く拾えるチャンスかもしれません。(米国経済は、かなり上り調子ですよ)

【参考】米国株は貴重な仕込み時期

利上げに関しては「中長期で見れば非常に簡単!?株価上昇のシグナル」というのが私の考えです。個人的には、先延ばしせずに“早く利上げして~”という気持ちです。

kaoruでした。

【追記】
米国株や海外ETFに興味がある人は、マネックス証券さんがオススメ!
手数料が他社と比べて圧倒的に安く、銘柄数もネット証券で随一。
上限手数料でも、楽天証券とSBI証券の最低手数料以下という安さです。

マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能な銘柄数は、他社証券の約3倍です。
・米国株のオンラインセミナーやレポートなど情報が豊富。

【kaoruの資産運用方法はコチラです⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»