kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

株式や為替市場は英国問題が市場の中心となっており、実態経済よりも心理面が値動きの中心となっています。

基本的には米国や日本というのは実態経済の影響は非常に小さいので、冷静になれば価格水準は戻ると考えていますが、心理面が主役である間は値動きを読むのが困難です。

安値で拾ってホールドを考えている人からも、“株価の底がどこになるか分からないので投資のタイミングが分からない”という話も聞きますね。

個人的には、『割安水準であれば、いつ買ってもいい』というスタンスなので全く気ならないのですが、『チャンスだと思っているのに、慎重になりすぎて買えない。それでいつも後悔する・・』なんて人も結構多いようです。

そういった人は毎日積立をスポット的に実践してみるのも良いかもしれません。
私は現在、為替では積立FXを利用して米ドルの毎日(毎営業日)積立を行っています。

【参考・積立FX】 このFXは、ちょっと感激です!

また、投資信託は世界経済インデックスファンドを利用して毎日(毎営業日)積立を実施しています(投信の毎日積立は一部の証券会社のみ実施可能)

【参考・毎日積立】 毎日積立?究極のドルコスト平均法

この手法は本来、長期投資を前提とした方法ですが、不透明な時期だけといった限定的な利用法も面白い気がします。
(例:日経平均株価が16500円を超えるまでは毎日積立など)

ちなみに、私自身は長期投資なので500円~1000円を毎日積立で小さく購入していき、今回のようなチャンスの時にはスポット買いを加えるという方法を取っています。

【参考】積立投資はこの証券会社が凄い!~究極のドルコスト平均法~

あくまでも個人的な考えですが、実体経済とは違う理由で大きく市場が下がった時に見てるだけというのは勿体無い気がしています。

ただし、大底で買おうと思うとなかなか難しいですし、割安水準と理解していも相場が少しでも持ち直すと“今さら買っても・・”という心理から購入できない人も多いようです。(結局は買えないで終わる?)

こういった人は、“取りあえず安値近辺だから毎日購入しておこう”という感じで毎日積立を限定的に利用することで、買い逃しや相場の上下に振り回される事は少ないと考えられます。

下落相場局面でどういった行動をとるかは自己責任ですが、私はこういった時に買いを入れることで資産を増やしてきました。今回も同様のパターンになる可能性が高いと予想しています。

私は安値圏にある時は、“「今日は上昇するかな?」「もう少し下がるかも?」なんて考えは不要、どんどん買うだけ”というスタンスなので、毎日積立に対する現在の感想は、「いい仕事をするなぁ~」といった感じです(笑)

kaoruでした。

【追記】
『積立FX』はSBI FXトレードオリジナルサービス。

●積立型のFXで、従来の外貨積立商品と比較してコストが安い。
●購入単位は週単位・日単位でも選択可能でドルコスト平均法として魅力。
●外貨定期預金に類似したサービスで長期運用者を対象にした新サービス。
SBI FXトレード

★外貨投資のランキングもリニューアルしました。
外貨投資をするなら何がいい?2016年版ランキング

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |  次のページ»»