kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は米大統領選の結果に対する相場の予想を教えてほしいという質問が多いですね。

結論から言って、私は大統領選に関しては、気にしなくて良いと思っています。正確に言えば“結果が出てから行動すれば良い”というスタンスです。

確かに注目度が高いイベントですので、新大統領が決定することで市場が動く可能性はありそうです。

ただし、中長期視点で見れば、一時的な事だと考えています。私は中長期で米株は上昇と思っているので、大きく株価が下がれば仕込み買いをします。反対に過熱感があるような大幅上昇があれば保有株を利益確定します。

クリントン氏とトランプ氏のどちらが大統領になるかは分かりません。分かっているのは“どちらがなっても、最終的には大統領は米経済の成長を目指す”という当たり前の事実です。

「○○が大統領になれば、経済が大混乱に・・」になんて過剰に悲観する話もありますが、仮にそんな政策が行われても、途中で修正や変更になるのは予想できる事です。

普通に考えて、過半数の企業が不調になるような政策を実行すれば、賃金は減少し雇用も無くなり不景気突入です。これは、大統領に対しても不満が高まる話なので、それを半永久的に推し進めるなんて事は想像できません。

そういった事を考えると、「次の大統領が決定したら相場がどう動く?」なんて不確実性が高いもので頭を悩ませるよりも、“企業が割安なら買う、割高なら利益確定”というシンプルな思考の方が簡単だと思います。

新大統領が誰になろうと“アップルがiPhoneの販売を中止する?”“ジョンソン・エンド・ジョンソンが配当を止める?”なんて事はないですよね(笑)

そういえば、バフェットが以前のバークシャー定時株主総会で「トランプ氏が大統領になったら?」という質問に対して「重要な話ではない」といった趣旨の回答をしています。更に「どんな候補も米国の成長を止める事はできない」とも発言しています。

投資で困った時は、シンプルに考えるのが私の方法。そして今までは、シンプルに行動した時はだいたい成功しています。反対に失敗する時は“小さな不安から複雑に考えた時”です。

私にとっては米大統領の予想よりも、米9月ISM非製造業景況指数が1年ぶりの高水準で新規受注(景気先行指数)が前月比プラス8.6ポイント大幅上昇になったことの方が重要です。(非製造業が米GDPの約80%)

ちなみに、日本で似たような指標としては日銀短観がありますが、先日の発表は力強さに欠ける内容に感じました。私は将来性が高い地域に投資するのが簡単かつ安心だと考えていますので、引き続き米国投資に注力していきます。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、取引条件が良いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や取引条件が大きく違うので注意してください。
【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
【kaoruがマネックス証券を選ぶ5つの理由】
①《米国株のオンラインセミナー》“初心者”から大人気
指値が90日間と他社より圧倒的に長い。
③手数料は業界最低水準の安さです。
④取引可能な銘柄数は、他社証券の2~3倍。
⑤米国株の時間外取引ができる貴重な会社
マネックス証券_米国株

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |