kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

為替に関しては、短期的な展望で語られる事が多いので、方向感がハッキリしません。確かに為替は株式よりも予想が立てづらいので、直近のトレンドくらいしか取り上げられない状況がります。

投資家の中には日々変わる“円高・円安報道”に混乱している人も少なくありません。特に昨今のように値動きが激しいと短期展望だけが取り上げられるので、長期投資に不安を持つ人が多いようです。

ただ、私自身は長期で円安の流れという方針に変更はありません。

アナリストの中には円高に方針変更したという人もいるのですが、詳しく話を聞くと1 年程度の期間としている人が大半で、10年先では円安と考えている人が多い気がします。

例えば先月の後半にゴールドマン・サックスの長期の為替見通しついて、円安見通しの変更なしという報道があったのですが、ほとんど取り上げられていません。

そういえば、日経新聞の9月下旬の記事でも、JPモルガンチェースの市場調査本部長が「1~2年は円高継続も、将来は大幅な円安の可能性も?」なんてコメント記事があったと記憶しています。

私が調べる範囲では長期予想は円安という人の方が主流という印象。10年後の円高を予想する人は、少数派のような気がします?

ただし、短期と長期の情報がグチャグチャに発信されるケースが稀にあるので、振り回されないようしてください。

例えば、円高予想をしていた番組等が、次には海外投資(為替ヘッジなし)の魅力を伝えるケースなどはチョット混乱しますね。短期の話と長期の話で切り替わっているのですが、その部分の説明は省略されるので理解しずらくなっています。

ちなみに私は現在の為替状況は投資チャンスとして捉えています。長い目で見れば、円高材料より円安材料の方が遥かに多いと思うので、そのシナリオに沿ってシンプルに投資を実践中。

もっとも、予想は100%的中とは断言できませんから、積立という堅実の方法でリスクは小さく抑えるようにしています。(積立FXによる毎日積立を実施中)

【参考】このFXは、ちょっと感激です!

仮に予想に反して長期的に円高になったとしても“損切りをしなくても良い投資方法”を選択できていれば不安になる必要は無いと考えています。

【関連】損切りは、投資家共通の悩み?

いろいろなニュースが発信されてマーケットも揺れていますが、私自身は投資方針や長期見通しを変更するような出来事は何も無いと思っていますので、今まで通りのシンプル思考で投資を継続していくだけです。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私の外貨投資はSBI FXトレードの『積立FX』です。
中長期の外貨投資として非常に魅力が高いと思っています。

kaoruサイト限定でキャンペーン実施中
●積立型のFXで、従来の外貨積立商品と比較してコストが安い。
●購入単位は週単位・日単位でも選択可能でドルコスト平均法として魅力。
●外貨定期預金に類似したサービスで長期運用者を対象にした新サービス。

SBI FXトレード

★外貨投資のランキングもリニューアルしました。
外貨投資をするなら何がいい?2016年版ランキング

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |