kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

来年から個人型確定拠出年金の加入対象が拡大するという事もあり、この件についての問い合わせが増えています。(申し訳ございませんが、メール質問などへの対応は控えさせていただいております)

この件については、11月の後半くらいから記事に書いていく予定にしていますので少々お待ちください。早く記事にして欲しいという要望がある事は理解していますが、焦らない方が良いと思います。

・・と言うのも、個人型確定拠出年金の事務手数料の体系は金融機関が独自に決定できるのですが、今回のタイミングで事務手数料を改変していく機関が出てくる事が予想されています。

また、運用商品も金融機関によって種類や本数が違うのですが、今回の改正項目には「取扱商品の絞り込み」という事が盛り込まれているので、商品についても流動的な部分があります。

お得な制度なので、早く利用したいと焦る気持ちも分かりますが、現在の魅力的な金融機関が来年になっても最良である保証はないという事は頭に入れておいて欲しいと思います。

「途中で金融機関を変更すれば良いのでは?」という意見もあるのですが、かなり作業が面倒な事に加えて、時間も2か月程度を要するので、“取り敢えず・・”のように気楽に決定すると後悔するパターンもあります。

※現時点で「確定拠出年金」って何?という状態でも問題ありません。いずれ専用カテゴリーで分かりやすく説明する予定です。
★作成中(見本)⇒専業主婦も加入するメリットがありますか?


ちなみに、私はフリーとして独立しているので以前から確定拠出年金に加入しています。手数料に優位性があるSBI証券を利用していますが、これも上記で述べたとおりで今後も優位性が続く保証はありません。

少し話は脱線しますが、確定拠出年金が広がらない理由として「金融機関が儲からないから」という点だけをクローズアップする論調が目立つのですが、他にも理由はあります。

確定拠出年金は、あくまでも自分年金という位置づけなので、一般的な投資信託のように商品の良し悪しを販売員が説明できません。つまり、「何がオススメですか?」という質問に対して対応できないので、扱いが難しい商品なのです。

現在、この部分についても緩和していく流れになっているので、いずれは商品についても説明できる日が来るかもしれません。

また、確定拠出年金に対しては“利用しなきゃ損”みたいな風潮もあるのですが、私の経験から言うと、他の事を優先した方がメリットがあるパターンもあります。

サイトに関しては机上の損得だけでなく、実際に寄せられる相談内容も含めて紹介していく予定です。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私は確定拠出年金の金融機関はSBI証券 確定拠出年金積立プランを選択しています。事務手数料の優位性が高く商品ラインナップも豊富な点が決めてとなりました。



【現在の投資⇒2016年 kaoruの運用方針と購入商品

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |