FC2ブログ
2016-10-15(Sat)

外貨投資は“積立FX”で実践中!

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は長期的には為替は円安方向に動いていくと予想しているので、外貨投資は積極的に行っています(米ドル中心)。

【参考】長期的には円安予想で変更なし?!

その中でも、手数料や金利、安全性で優位性を感じる「レバレッジ付き定期外貨取引」を活用しているのですが、このたび呼称が「積立FX」に変更になりました。

呼び名がシンプルになって良かったと思います。今までは、「レバレッジ付き?」「定期外貨取引?」と耳慣れないフレーズが並んでいて、せっかく魅力がある商品なのに警戒されていた雰囲気でしたからね!

【参考】積立FX(定期外貨取引)と他の外貨投資を比較

もともとが、長期安定志向の投資家向けに考えらえた商品ですので、「積立FX」の方がシックリくる印象です。

では、あらためて私がこの商品に積極的な理由を述べておきます。

【積立FXのメリット】
★メリット① 購入の頻度を毎月、毎週、毎日から選択
月に1回の購入よりも、週に1回、毎日の購入にした方が、ドルコスト平均法の効果が期待できそうです!? (任意の売却や購入も可能)

★メリット② 圧倒的に安い取引コスト
米ドルだと、たった5銭です。外貨預金だと1円くらい、外貨MMFでも20銭くらいはかかるので、長期運用では、この差は非常に大きいと思います。

★メリット③ 信託保全されている
取引資産は信託保全されるので、業者が破綻しても全額保護されます。外貨預金は預金保護保険制度の対象外で実は安全性には不安があります。


個人的に、注目しているのは上記の3点です。

為替の値動きは凸凹が激しいので、毎日小分けにして購入できるのは嬉しいですね。将来期待も大きいのですが、外貨への分散がリスクを抑えながらできるのは魅力だと思います。

ちなみに、豪ドルも魅力を感じており、こちもSBI FXトレードを利用して73円程度で指値を入れています。こちらは無期限で設定しているので、ノンビリ待つだけです。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

★外貨投資のランキングをリニューアルしました。
外貨投資をするなら何がいい?最新版ランキング
楽天証券が凄い!
取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説
はじめての米国株!?
米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較
MENU
IPOで強い証券は?
リンク集

このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。
口座数NO.1証券
★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説
免責・注意事項
本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。

管理責任者

Author:相談員kaoru
【保有資格】
・1級ファイナンシャル・プランニング技能士
・CFP®、証券外務員1種、その他

独立して事務所もありますが、カフェ
にいる時間の方が長いヾ(・・;)ォィォィ
美味しい珈琲を飲みながら仕事をする
のが大好きです。

カフェブログも不定期で更新中!?
オーガニックな暮らし

投資方針

IPO・国債は日興
★SMBC日興証券
《IPOの主幹事・取扱数がトップ水準》
IPO投資では必須の証券会社

個人向け国債キャンペーンの現金プレゼント額が大きい事で有名(大注目)

    
SMBC日興証券 FPがメリットを解説
私的年金の大本命!
老後資金の準備として魅力的!
iDeCo(イデコ)をFPが徹底解説。
確定拠出年金

【参考 老後資金】
老後資金は1億円いるって本当?
注目の毎日積立!?
★kaoruは以下の投信で実践中!
世界経済インデックスファンド

積立
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:


投資・運用相談や経済の先行き予想などに対する質問、老後・介護・家計等に関する相談については、返信を致しかねますのでご了承ください。
また、問い合わせ内容により、返信が出来ないことがあります。