楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

10月の優待は26銘柄しかなかったので、スルーしました。 11月は若干増えて38銘柄ですが、やはりちょっと選択肢は少ない印象です。

また、権利最終日の1日保有だけで優待が貰える事については、企業も対抗策として継続保有を条件にするところも増えてきました。11月が優待のキューピーなどは昨年から3年以上保有が条件となっています。

今のところ継続保有を条件としているのは全体の1~2割くらいでしょうか?これが3~4割になってくると、その後は急上昇していきそうなので、2~3年後はクロス取引で優待だけを貰うというのは難しくなるかもしれません?

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引

ちなみに、優待のクロス取引に関しては11月より12月の方が選択肢は多くあります。12月は約140銘柄ですから単純に言えば、11月よりも3~4倍の選択肢があることになります。

11月の注目となると、『センターホテル東京』『センターホテル大阪』の無料宿泊券が貰えるサムティが注目です。配当も高いので出張族の人は長期で保有している人も多いと思います。

あとは、リンゴがどっさり貰えるイーサポートリンクも人気ですね。私が注目している銘柄は別サイトにまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

【参考】11月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

余談ですが、優待探しは各証券で検索ページが便利。個人的にもっとも利用しやすいと感じたのはSBI証券さんでした。12月や3月のように銘柄が多い時は非常に重宝します。

【参考】株主優待ファンにとっては常識?SBI証券の検索機能は抜群!

ただし、優待クロス取引に必要な《一般信用売り》の取扱いは、カブドットコム証券 さんがダントツですから、私のようにそれを目的にするならば、カブコムさんの方が良いと思います。

個人的には、11月はふるさと納税の枠があるならば、そちらを使い切る方がメリットがあるかも?

ふるさと納税は12月になるとラッシュで酷い品薄になることも考えられるので、11月中に完了して12月は再び優待という感じの方が効率的かもしれませんね。

今はふるさと納税もいっぱいサイトがあるので、ネットで探してみる事をお勧めします。例:ウェブでふるさと納税(受付中)

こちらに関しても、返礼品の競争が問題になっているので、数年後には今よりもトーンダウンするような気がします?(こちらは、いつ規制が入っても不思議が無いような・・)

優待やふるさと納税といったメリットが高いものは“今だけ?”という可能性はかなり高いと思うので、利用できるときにシッカリ利用する方が良いと思います。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券
優待ファンの間では、必須証券と呼ばれています。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
投信では、究極のドルコスト平均法が実践できる貴重な会社です。

【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 注目銘柄 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |