kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

市場が盛り上がってくると、「××株が注目」や「△△セクターが有望」という話がたくさん出てきます。

調子が良い銘柄やセクターを狙うのは投資の王道ですので問題ありません。ただし、買い時のアナウンスはあっても、売り時のアナウンスは誰もしてくれない点には注意が必要です。

アナウンスがあっても、下落基調になってから発信されることも多いので、“今さら言われても・・”という経験しかありません。

特に情報量が少ない中小型株となると、売り時は非常に難しいです。

“20%以上の上昇で利益確定”と決めても15%の上昇から下落に切り返して半分以下まで急降下する事もあります。

いつも情報に目を光らせている人なら中小型株も可能ですが、普通の人は難しいと思います。少なくとも私みたいなグッスリ睡眠派は無理ですね(笑)

この失敗を防ぐ方法はとても簡単な話です。売り時を気にしなくていい銘柄を選択すればいいわけです。私はそれが米国の大型株だと思っています。

思い出して欲しいのは、米国株が100年以上も継続して上昇しており史上最高値を更新し続けている事実です。

【参考】米国株に塩漬け無し?100年以上も上昇

これは「保有しているだけで利益が増え続けた」という凄い歴史です。

米国株が簡単と言われるのは、“市場が継続的に上昇しているので、それに乗っていけば良い”という点があります。

私は“安く仕込んで、元に戻るのを待つだけ”という手法を繰り返し行ってきました。こんな単純方法で資産が大きく増えたのは米国市場しか経験がありません。

【参考】NYダウへの投資が魅力!

ただし、私が中小型株や成長株を中心に行っていれば、現在の資産には全く届かなかったと感じています。投資下手の私ですから、目減りしていた可能性すらあります。

大型で高配当な銘柄を選択したからこそ、現在の資産に到達したという事です。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、取引条件が良いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や取引条件が大きく違うので注意してください。
【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
【kaoruがマネックス証券を選ぶ5つの理由】
①《米国株のオンラインセミナー》“初心者”から大人気
指値が90日間と他社より圧倒的に長い。
③手数料は業界最低水準の安さです。
④取引可能な銘柄数は、他社証券の2~3倍。
⑤米国株の時間外取引ができる貴重な会社
マネックス証券_米国株

【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |