楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私のスポット投資の定番と言えば手数料が無料の※フリーETFです。
※カブドットコム証券のオリジナルサービス

購入しているETFは、米国市場に連動するSPDR S&P500 ETFと日本市場に連動するMAXIS トピックス上場投信です。

ETFが良いところは、銘柄選択などで悩む必要がないので急落時などに迷わず購入できる点です。投資手法は『大きく下がった時に買って、本来の水準に戻れば売却』するという単純なものです。

今年はちょっと低迷が長かったので、チョコチョコ購入を繰り返していたので合計で400万以上も保有していました。ちなみに、米国市場と日本市場で3:1くらいの割合にしています。

SPDR S&P500 ETFは史上最高値を毎年クリアしているので、そのタイミングを売却の水準と考えています。個人的には非常に売却時期が分かりやすいです。

残念ながらMAXIS トピックス上場投信は3%程度しか利益が出ていなかったのですが、やや自律性に乏しく海外市場に振り回される傾向があるので、考えるのが面倒になり利益確定しました。

2つのETF を合算で12%程度(約50万)の利益ですが、保有期間を考えれば充分だと思っています。

この投資のポイントは購入後は深く考えない事だと思います。下がったら購入して米国市場が史上最高値を更新するのを待つだけという単純な投資です。売却間際に更なる上値が期待があったとしても、機械的に売却します。

ただし、乱高下相場だと頻繁に購入する機会があるので、売買手数料が安いところを選択した方が良いと思います。

その点で言えば、手数料無料のフリーETFは相性が抜群です。今後のことは分かりませんが、現在までこの手法で損失を出した事はありませんのでスポット投資の定番としています。

基本的に私の投資手法はリターン率が低いものばかりです。絶対利益額の獲得を重視しているので、勝率が高いものを選択するようにしています。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

★手数料無料&優良な銘柄が多数で大注目!?⇒フリーETFの銘柄一覧
私は市場が大きく下げた時に、SPDR S&P500 ETF(米国株全体)とMAXIS トピックス上場投信(日本株全体)を購入しています。



【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |