kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

5000円プレゼント企画

★岡三オンライン証券
(期間限定です。2017年6月末迄)
口座開設と入金で5000円プレゼント
【当サイト限定!口座開設キャンペーン】

『情報の岡三』と呼ばれるほどの情報力
kaourの投資でも情報源として活躍。

岡三証券のメリッ・トデメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

【人気クレジットカードを解説】
優待7000店舗!エポスカード
驚愕の1.2%還元!リクルートカード
顧客満足度1位!楽天カード
タダ旅行で大人気、JALカード

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


【速報:米雇用統計】
11月の米雇用統計が発表!利上げに大きく前進するも内容はイマイチ?

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

日本株の投資信託を積立する時に「日経平均株価とTOPIXではどっちを選択すべきか?」という点で悩む人が多いようです。

【参考】信託報酬が最安のファンドは?2016年11月25日
日経平均 ・TOPIX ・先進国株 ・先進国債券


日経平均株価は大型株中心でTOPIXは東証1部全体です。単純に分散の観点から言えばTOPIXですね。ただし、過去10年くらいでは日経平均株価の方が好パフォーマンス

こんな事を書いたら、余計に迷っちゃいますね!ちなみに、私はどちらも積立投資としては対象外とています。
私が日本株で積立をしているのは「ひふみ投信」だけです。

《ひふみ投信・日経平均・TOPIXの約10年分を比較》
ひふみ投信10年チャート

【参考】ひふみ投信のメリットをFPが解説

過去10年間で日経平均株価とTOPIXほとんど成長していませんね。
私は基本的にインデックス投資が好きなのですが、国内投資については例外としています。

過去10年の国内株のインデックス成績は、投資リスクを抱えたわりには、元本保証の商品と大差ありません。これならば、株価変動にドキドキするよりも安全性が高い個人向け国債で充分です。

【参考】個人向け国債(変動10年)のメリットをFPが解説

また、日本の将来性についてもマイナス金利や超高齢社会という問題が長期的に予想されており、過去のデータが全く役に立ちません。

こういった特別な事情を抱えた地域という点を考えると、日経平均株価やTOPIXが安定的に成長を続けるかについては懐疑的?

日本株については勝ち組と負け組がハッキリ分かれて、±0の横ばいがダラダラ続いていくような気がしています。

私がひふみ投信だけは積立を継続しているのは、勝ち組企業の選別と市場環境の変化に対応してきた実績があるからです。(その結果が上記のグラフでは?)

日本株インデックスに関しては、長期積立よりも短中期のスポット利用かな?、私自身はMAXIS トピックス上場投信(1348)を利用したスポット売買は何度も行っています。

日本株への長期投資は理論上ではTOPIXの積立が正解だと思っています。ただし、資産運用の優位性を考えた結果として、私は総合判断から「ひふみ投信」を選択しています。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

国内投資に関しては、基本的に銘柄選択に定評がある「ひふみ投信」の購入だけに絞っています。運用メンバーが一流揃いですので、自分で運用よりも好成績が期待できると判断しました。

ひふみ投信
日本株投信の雄!過去を見ると機動力が高く、チャンスにもピンチにも強い稀有な存在?TOPIXを上回る成績で運用手腕が光る。
プロという言葉が似合う投信だと思います。
ひふみ投信

【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。


テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |