楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は老後資金の準備としてセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの積立を行っています。株式と債券の組合せでリスクを低減しており、長期投資として魅力的な投信だと思っています。

ただし、リスクを低減しているという事は上値を抑えている事でもあるので、もう少しリターンが欲しいという気持ちを持っている人もいるようです。

今回は、個人的に+α(補助積立)で組合せるとしたらという視点で記事を書いてみます(ほったらかしパターン)

もっとも一般的な方法はセゾン投信のアクティブファンドである、セゾン資産形成の達人ファンドを組合せる方法です。

過去のパフォーマンスを見ても文句のつけようがありません。少し前にも【日経WOMAN投信大賞2017】で大賞に選ばれましたね!

このファンドは、信託報酬(コスト)がインデックスファンドと比べると高いので、コスト意識が強い人からは評価が低めです。

ただし、実績という観点から購入していた人は、シッカリ儲かっています。継続的に結果を残していますので、もっと評価されて良いファンドだと思います。

もっとも、私自身は「i-mizuho米国株式インデックス」(S&P500に連動)を毎日積立で購入する方法を選択しています(カブドットコム証券で実施中)。

【参考】i-mizuho米国株式インデックスのメリットをFPが解説

i-mizuho米国株式インデックスを選ぶ理由は、過去のパフォーマンスがセゾン資産形成達人ファンドよりも更に良い結果という事につきます。

また、小分け(月に複数回)で購入しているのは、トランプ大統領の言動でマーケットが短期間に動く事を想定しての事です。

米国株は日本株と違って株価の急落から回復するスピードが早いので、月1回だとチャンスロスの可能性があると考えています。

毎日積立までは行う必要は無いと思いますが、月に3回程度(10日に1回)の設定にした方が精神的にも安定してくると思います。

ちなみに、NYダウの方がコストが安い投信があるのですが、敢えてS&P500を選ぶ理由は、30社のNYダウより500社の分散の方が安心できるからです。

また、長期パフォーマンスで見ると、NYダウよりもS&P500の方が良いデータが出ていますから、老後資金の積立ならばS&P500の方がお勧めです。

【参考】米国株は最良の分散投資?

もっとも、「老後資金の形成で失敗は許されない」というのが私の考えですので、高パフォーマンスだからといって、安易に購入比率を高めるのは反対です。

安定感を考えると私のメインは、あくまでもセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで、他は補助的な役割に過ぎません。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券
●積立投資で月に複数日の設定ができる貴重な証券会社
●手数料無料のフリーETFは、カブコムの超目玉サービス
●株主優待のクロス取引は、業界で圧倒的な存在感

【詳細】カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

☆公式ページはコチラ⇒≪カブドットコム証券

私の外貨投資は積立FX積立FX 口座開設のメリットをFPが解説

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |