kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

大統領選でのトランプ氏の勝利から株価が堅調に推移しています。発信力が強い大統領なので、投資のタイミングに苦労している人も多いようです。

私は基本的に個別株は大きく下がった時に百万単位で買う方なので、年明けからの投資はETFを20万程度購入したくらいです。

少し前のブログに書きましたが、5~7月くらいに大きな下げがありそうな気がしているので、今は決算チェックをしているだけの状態。

【参考】2017年末のNYダウはどれくらい?

しかし“大きく下がる”というのは希望であって、現実はズーット上昇を継続する可能性もあります。実際に米国株の過去はそうなってきました。

「買うべきか」「待つべきか」で悩んでいるという声も多いので、私の運用方法を書いておきます。

結論から言うと、米国株の投資信託を少しずつ買いながらチャンスを待つという方法を実行しています。

具体的に言うと、カブドットコム証券で“i-mizuho米国株式インデックス”(S&P500に連動)の積立投資を併用しています。

【参考】i-mizuho米国株式インデックスのメリットをFPが解説

カブドットコム証券を選択したのは、月に複数回の設定ができるからです。私は1~30日まで500円の購入設定をしているので日々買いっぱなしという状態。

積立投資は月に1回でも良いとは思いますが、トランプ大統領だと短期間の変動が多くなると思ったので、毎日購入を実践しています。

私自身は投信で毎日買っているという安心感から、個別銘柄に対してジックリ待てる精神状態となっています。誰でも同様の効果があるとは言い切れませんが、買い急ぎの癖がある人は参考にしてみてください。

ただ、基本的に米国株は日本株とは全然違うので、気になる銘柄を買っていく方法も悪いとは思っていません。

バフェットが率いるバークシャーは、トランプ氏が大統領選で勝利した後に120億ドルという巨額投資をしたという話は有名です。

バフェットの投資方針は、長期的に考えて株価が魅力的な水準の時に仕込むというもの。そして、バフェットはトランプ大統領になっても、米国株の上昇は続くと発言しています。

私自身も、上記の積立投資はあくまでも精神安定剤みたいな役割で、米国市場のターゲットは高配当株や優良な海外ETFです。

【参考】投資信託と海外ETF、良いのはどっち?

以前も書いたような気がしますが、私は米国市場に関しては5年~10年の視点で投資するならば、今は割安水準だと思っています。

現在の経済指標や過去のデータ、専門家の意見をもとに考えれば、5年後にNYダウが2万ドル付近でウロウロしているというのは私には想像できません。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、取引条件が良いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や取引条件が大きく違うので注意してください。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
●米国株のオンラインセミナーは、“わかりやすい”と大好評。
指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●米国株の時間外取引ができる貴重な会社です。

マネックス証券_米国株

私の外貨投資は積立FX積立FX 口座開設のメリットをFPが解説

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |