FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私の資産運用は、ここ数年間は非常に順調です。ただし、投資リターン率が良いかと言えば、標準的(もしくはチョット下)だと思います。

しかし、リターン率に関して言えば、私よりも高いのに、資産があまり増えない人も見かけます。このパターンの人は投資が小銭稼ぎの範疇になっているケースが多い気がします。

例えばですが、1000万の資産うち60万を投資した場合を考えてみましょう。投資成績が5%リターンなら3万円の増加ですから、全資産は1003万円になります。

増えたからOKのような気がしますが、全資産では0.3%の増加に過ぎません。

個人向け国債のキャンペーンで1000万を購入すれば5万円のキャッシュバックがあるので、それに劣ってしまいます。
SMBC日興証券の2月キャンペーンは1000万購入で5万円プレゼント(100万-3000円、500万-2万円)

【参考】個人向け国債(変動10年)のメリットをFPが解説

これは、毎月の投資額を増やそうという話ではなくて、資産全体を把握して投資商品を選択できているか?という事です。

例えばですが、私が資産の10%だけを投資を行うならば株式比率を100%にすると思います。リスクをとって15%、20%とリターンを狙わないと資産が増えないからです。

こういった事を書くと、「積立投資も金額を増やさなくちゃ!」と考える人がいるのですが、そんな必要は無いと思います。これも積立投資が理解できていれば簡単な話です。

積立投資は継続することで、投資金額が増えていきます。時間経過で資産に対する投資割合も30%、40%と増えていく可能性が高いわけですから、無理に毎月の積立額を増やす必要はありません。重要なのは継続です。

逆に言えば継続しなくては効果がでないので、1~2年で中止した場合は、ほとんど無駄に近い行為とも言えるかもしれません(小銭稼ぎのパターン?)

積立投資は時間を分散する事でリスクを抑えられる事に加えて、投資金額が自然と高まっていく効果があります。

10万円で10%の利益を出しても1万ですが、100万では半分の5%の利益でも5万です。1000万なら50万・・こういった形が無理なく作っていけるのが魅力です。

もっとも、積立で増やしても、投資である以上は将来的にはマイナスになる可能性はあります。

ただし、そういった失敗する事ばかりが気になるような投資は、根本的に商品選択に問題があるような気がします。

私は自分自身で調べて、増えていく期待が大きい商品にしか投資はしません。そして、その事が投資比率を高く保てる理由でもあります。

★私が投資している商品はコチラ⇒2017年 運用商品&投資方針

以前にも書きましたが、私は100万程度を増やしても将来の生活は大きく変化しないと思っています。

目先の10万、20万の小銭稼ぎをしたところで、将来の不安は消えませんので長い目でシッカリとした資産運用を行うのが私のやり方です。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私の資産運用のメインは、セゾン投信の積立です。
運用は専門家にお任せなので、深く考えずに貯金感覚で実施しています。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のポイント

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |