5000円プレゼント企画

★岡三オンライン証券
(期間限定です。2017年9月末迄)
口座開設と入金で5000円プレゼント
【期間限定の特別キャンペーン】

『情報の岡三』と呼ばれるほどの情報力
kaourの投資でも情報源として活躍。

岡三オンライン証券のメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

★ネット抽選派は注目
ネット抽選の割合が高い証券
★資金不足の人に朗報
0円でIPOに申込める証券会社

クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は基本的に投資信託の積立が中心ですが、国内のスポット投資ではETFを活用しています。

もっとも頻繁に購入する銘柄は「SPDR S&P500 ETF(1557)」で、基本的にETFはカブドット証券のフリーETF(手数料無料)しか利用していません。

ただし、このカブドットコム証券の手数料無料になるETF(フリーETF)は15銘柄に限られています。

【参考】フリーETFの銘柄紹介

私のようにフリーETFの中に購入したい銘柄がある人は、カブドットコム証券で充分ですが、ETFは2016年12月時点で226銘柄あるので、他のETFを手数料無料で購入したい人もいると思います。

そんな時に活躍するのが、松井証券です。この証券は1日の売買高が10万円までは無料です。

ETFの販売当初は数十万というものが主でしたが、現在は約8割が2万以下で購入可能となっていますので、松井証券の利用価値は高いと思います。

例えば下落時に仕込み購入をする逆張り派の人は、日を分けて少しづつ購入するパターンでは、松井証券が非常に魅力的です。

ただし、私のように一回のスポット購入で30万とか50万を購入する人は、カブドット証券の方がメリットはあります。フリーETFは100万でも200万でも手数料無料ですからね。

私は投資金額が大きいのでカブドットコム証券が中心ですが、株式やETFの1日あたりの取引額が10万未満の人は、松井証券を利用すればほとんどの取引が購入時は無料になると思います。

少し前の記事でも書きましたが、松井証券は投資信託を開始したことで、中長期投資家にとっても魅力的な証券会社になりました。

【参考】松井証券の投資信託はハイレベル!

投信についてはインデックスファンドだけの取り扱いですが、毎日積立の設定も簡単です(1回の設定で完了)。

残念ながら私が積立中の世界経済インデックスファンドの取り扱いが無いので、利用はしていませんが、超低コストと言われるニッセイシリーズやたわらノーロードは取り扱っています。

こういった超低コストファンドの毎日積立が簡単にできる点を考えると、もっと高く評価されても良い気がします。ちなみに、積立は500円から可能となっています。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
松井証券の詳細については、「松井証券 口座開設のメリットをFPが解説」で書いています。株式売買や「投信工房」に興味がある人は覗いてみてください。

また、2017年に入ってから、IPOの正幹事にも度々入ってくるようになりました。
IPO投資を行う人はチェックをオススメします。
松井証券 IPO抽選方法



最新版に更新ETFを買うならどこ?証券会社の比較ランキング

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |