楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

ゴールデンウィーク突入で、遊びや旅行という人も多いかもしれません。
そして、私は家でマッタリの予定です。(真実⇒出張で散財してしまい自粛中)

コレが原因⇒仕事のはずが、カフェ巡りになりました(*^▽^*)ゞ
(投資とは無関係な話なので、読まなくて大丈夫です。)


さて、投資の前半戦はスッキリしない展開が続きましたが、想定内の範囲の出来事ばかりですから、今年も年末までには数百万程度の利益は取れそうな気がしています。

また、今回の米企業決算も主要どころが好調な点も安心材料です!

【好調決算】マクドナルドキャタピラーアルファベットアマゾンGMなど

投資には、いろいろ勉強が必要という意見に対しては、私自身も理解しています。しかし、米国株を行うようになってからは、それほど重要視はしていません。

その理由としては、細かい情報収集よりも“投資エリアをどこにするか?”ということの方が運用成績に影響が大きいと考えているからです。

結論を先に言えば、私自身は米国市場が圧倒的なアドバンテージがあると思っており、資産を2倍程度にする目標ならば、それほど難しくないと考えています。

そのように感じる要因となっている過去のデータがあるので簡単に説明しておきます。以下は、5年前に100万を投資して完全放置した場合の結果です。
(2012年3月末~2017年2月末の5年間、円換算)

●米国市場(S&P500) 約260万
●日本市場(TOPIX) 約200万
●新興国(MSCIエマージング)約125万


予想通り米国市場が一番ですが日本市場も健闘していますね!しかし、私は日本市場には強気になれません。以下にデータをもう一つ用意しましたので確認してください。

先ほどは5年でしたが、今度はリーマンショック前である10年前に投資をした場合を考えてみましょう。投資を行っている途中には予期せぬ事もあるので、そういった時の参考にもなると思います。

●米国市場(S&P500) 約200万
●日本市場(TOPIX) 約105万
●新興国(MSCIエマージング)約125万


米国市場は、リーマンショック前の高値で買ってしまっても10年経過で2倍になっています。日本株や新興国株に関しては・・見ての通りです。

【参考】米国株に塩漬け無し?100年以上も上昇

日本市場は、日銀の政策などで上昇しているだけで、経済の潜在成長率は1%程度ですから、ちょっとしかキッカケで崩れてしまう可能性も否定できません。

新興国が盛り上がった時期もありましたが、それは2桁成長が20年続くといった予測が前提でした。しかし、ご存知の通り予測は既に大きく変わっています。

冒頭に細かい勉強よりも、まずは投資エリアと書いたのは、こういった理由からです。日本や新興国でも資産を増やした人も当然いますが、多くの人は予想通りにはいかなかったと想像しています。

過去のデータでは、S&P500(米国市場全体)に投資して長期保有すれば誰でも資産が2倍になっています。

【参考】米国投資は最良の分散投資?

私はシンプルに考えて投資を行うスタイルですから米国市場の選択は必然的。有利な地区に投資した方が勝率が高いという、当たり前の発想ですね。そして私はズーット当たり前の事だけを行っていこうと思っています。

最後に5月はセルインメイ ( Sell in May)なんて言われて、時々ですが市場が大きく下落する事があります。

ただし、主要企業の決算は好調です。小さなニュースは気にしないで、この事だけ頭に入れて投資を行っていけば、今年は資産を大きく増やせそうな気がしています。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券

【参考】米国株の取引きで、マネックス証券を選ぶ投資家が多いのは何故?

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

円高で積立FXも増額しました積立FX 口座開設のメリットをFPが解説
(まだまだ円高水準ですので、強気に積立をしています)

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |