楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

10日間限定キャンペーン

≪楽天カード:期間限定キャンペーン≫

2017年10月17~27日 10:00迄
今だけ、新規入会&利用で
8000円相当のポイントが貰える!

楽天カード(顧客満足度で1位)
カードを検討している人は、キャンペーン期間中に申込むのがお得です

    
楽天カード 顧客満足度1位の理由を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

先月末にソーシャルレンディングの「みんなのクレジット」が業務停止の行政処分が発表されました。

金利10%などの高利回り案件を中心に宣伝を行い、不動産に融資するという理由で投資家から資金を集めていましたが、実際には自社グループに貸し出していたという事です。

こういったニュースが取り上げられた事もあり、私が以前に書いたソーシャルレンディングの記事へのアクセスが一次的に急上昇しました。

【参考】私はソーシャルレンディングに興味なし!


さて、ソーシャルレンディングについては、米国では日本よりも100倍以上の規模があります。(上場している会社もあります)

こういった事実をもとにして「みんなのクレジットは酷いだけで、ソーシャルレンディングは良いものです。今は知名度が低いだけ・・」といった意見もあるようです。

う~ん、確かにシッカリしている会社もあるのでしょう。ただ、この表現は無理があるかな?

米国の主流ソーシャルレンディングは、投資先に対して情報開示が非常に細かく行われていて、投資判断がシッカリできるようになっています。

上場しているレンディングクラブの例をとれば、融資を受けたい人は審査を通過する必要があり、実際に融資まで行き着ける人は10%以下という厳しさです。

金利に対しても、過去の返済履歴から現在の年収、信用情報などでランクが与えられて、それを元に決定されており透明性があります。

つまり、投資家が判断する材料がシッカリしているからこそ、参加者が急拡大したのです。


それに対して、国内ソーシャルレンディングでは、目を引きそうな金利だけをクローズアップして、投資についての情報がほとんど無いパターンが大半です。

日米でソーシャルレンディングはありますが、私自身は共通しているのは名前だけだと思っています。

私自身の投資スタンスとして、投資情報が少ないものに対して良いも悪いも判断しようが無いので、選択肢としてテーブルに乗ることはありません。

リスクが高い商品に対して投資を決めるのは個人の自由です。ただし、リスクすら分からない商品にお金を出すことは・・という事です。


また、以前からソーシャルレンディングの最大のリスクは運営会社だと書いていますが、米国のような大規模運営でも黒字にするのは容易ではありません。

個人的には、わざわざ胃がキリキリするような投資を選択する必要は無いと思います。この条件でリターン10%は低すぎる印象です。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私の資産運用(老後資金の形成)は、長期投資のセゾン投信が中心です。
個人的には最も信頼している商品!
専門家に運用はお任せなので、貯金感覚で毎月積立を実施中。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のメリットをFPが解説

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

私が投資している商品はコチラ2017年 運用商品&投資方針

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |