楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

10日間限定キャンペーン

≪楽天カード:期間限定キャンペーン≫

2017年10月17~27日 10:00迄
今だけ、新規入会&利用で
8000円相当のポイントが貰える!

楽天カード(顧客満足度で1位)
カードを検討している人は、キャンペーン期間中に申込むのがお得です

    
楽天カード 顧客満足度1位の理由を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

教育資金の準備(運用)についてブログに書いて欲しいという要望はとても多いです。この点は世帯の状況によって内容が大きく変わるので、書くことに少し抵抗があります。

ただ、悩んでいる人も多いようなので、私が頻繁にお話する事は書いておきます。

まず、2~3年以内に使用予定の教育資金は預金を勧めています。投資の場合は、期間が短いとタイミング次第でマイナスになる可能性があるからです。

また、預金名義は子供名義が基本。預金をすぐに使ってしまうような人でも、子供名義の預金に手を出すのは罪悪感がつきまといますので、不要な出費を抑制できると思います。


大学資金の準備では、ジュニアNISAも注目です。18歳まで引出が出来ない点が不評なのですが、教育資金では大学資金として確実に準備できます(引き出せないのがメリット)。

【参考】なるほど!ジュニアNISA(ジュニアニーサ)

投資商品について書いておくと、教育資金ですので元本が大きく減る可能性がある商品は避けた方が良いと思います。(株式100%のような方法は危険?)

私自身は債券が半分を占める、セゾン投信や世界経済インデックスファンドのような商品が向いていると思います。

【参考】世界経済インデックスファンドのメリットをFPが解説

また、「教育資金なので、もっとリスクを抑えたい」という人は世界経済インデックスファンド(債券シフト型)も選択肢です。

債券シフト型は債券75%で株式25%となっているのでリターン期待は下がりますが、下落リスクは抑える事が可能です。(4大ネット証券なら購入可能)


ただし、ジュニアNISAについては全ての世帯に勧めているわけではありません。例えばお子さんの高校進学を公立で計画しているパターンなどでは注意が必要。

公立高校に行く事を前提に将来プランを作成していても、その通りになるとは限りません。実際には私立に入学するケースも考えられます(想定よりも早く資金が必要になった)。

この場合は、ジュニアNISAだと18歳まで資金拘束がデメリットになるので、通常のNISA口座の方が変化に対応しやすいと言えます。(2018年から開始予定の積立NISAは相性が良い)


また、私自身は投資運用で教育資金を用意する場合は、ギリギリまで運用を行う必要は無いと考えています。

簡単に言うと、“利益が出ている時に勝ち逃げ”がポイントです。利益が増えてくると「もっと、もっと・・」という気持ちになるのですが、教育資金が必要な時に急落した時は笑い話にもなりません。

目的は教育資金を効率良く準備する事ですので(増やす事ではありません)、必要時期が近づいてきて資金目途がたてば、預金口座に移して完全確保という事も必要だと思います。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
NISAで投資商品が決まってない場合は、SBI証券楽天証券といった総合的に品揃えが豊富な証券会社を選択した方が得策です。いざ投資しようと思った時に、購入したい商品の取扱いが無いと本当にガッカリします。

楽天証券 口座開設のメリットをFPが解説
(楽天銀行と連携すれば、普通預金の金利が0.1%で国内最高レベル)

外貨投資を増額(積立FX)積立FX 口座開設のメリットをFPが解説
(私はドル円110円以下なら買い姿勢:中長期視点)

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |