楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


【速報】米国株 エヌビディアが好決算
エヌビディアが2-4月期決算を発表。時間外取引で15%を超える上昇!
【関連】大化け期待?自動運転銘柄に注目

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

長期の積立投資に対して質問が多いのは①売却タイミングについてです。そして次に多いのが、②老後資金の目標に届かない時の心配(対処)?です。

この2つに関しては、実は答えが共通になる部分があります。

長期投資では「売るタイミング」に対してハッキリさせたい人が多いのですが、「運用しながら取り崩す」という選択肢もある事を忘れてはいけません。

私の知っている方に、投信(バランスファンド)で約2000万程度の資産を保有している人がいます。この方は定年を迎えて年金生活なので現在は積立を中止しています。

しかし、投信は解約せずに毎年5%程度を取崩しています。2000万の5%といえば税引き後で約80万ですから、月に6万5千円程度の上乗せができます。

年金+6万5千円で不自由なく生活していますが、バランスファンドの資産額は目減りしていません。むしろ昨今の好調相場で増えているそうです。

つまり、資産運用では全部売却する、半分だけ売却する、少しずつ取崩していくなど・・選択肢がたくさんあるという事です。

資産が老後を迎えた時に目標額に届いていない場合も同じです。売却しないで運用を継続しながら取崩していけば、余裕を持った生活をしていけるケースは多々あります。

2000万を目標にして、1500万だった・・1000万だった・・、私は目標に届かないからといって慌てることは無いと思っています。積立ができなくても、運用は継続できる点は頭にいれておいて欲しいと思います。

ただし、目標未達といっても資産が少なすぎては選択肢が限られてしまいます。最低でも自身が立てた目標の半分以上は達成して欲しい。

また、運用しながら毎年少しずつ取崩す方法では、株式に偏っていると急落した時に大変ですから、半分は違う値動き(債券)の資産を加えた方が安心です。

私の老後資産形成は、セゾン投信世界経済インデックスファンドで債券と株式の比率が50:50になっている投資信託です。

積立時の安定感は勿論ですが、運用しながら取崩す方法を選択した時にも有効だと考えています。

【関連】毎日積立!?究極のドルコスト平均法 メリットをFPが解説
(kaoruは世界経済インデックスファンドで実施中)


余談ですが、取り崩す時に定額(毎年50万など)で計画する人が多いのですが・・本来は資産の何%(定率)という取り崩しがベターです。

定率取り崩しだと毎年金額は変わるので面倒ですが、万が一市場が悪くなった場合でも資産の目減りは緩やかになります。

冷静に考えれば、運用する時は『年利○%を目指す』と言っておいて、取り崩すときは金額(円定額)というのはチョット不思議ですよね。

ただし、この点は神経質にならなくて大丈夫(定額・定率のどっちでもOK)。先ずは目標額に向かって積立をする事が先決です。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券は、毎日積立が可能な貴重な証券会社です!
興味がある人は活用してください。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。

【参考】カブドットコム証券 メリット・デメリットをFPが解説

【投資信託が凄い】
●取扱い銘柄の約半数が手数料無料(ノーロード)
●毎月500円から積立可能なので、お小遣いでも投資が可能
●毎日積立(究極のドルコスト平均法)が実施可能な貴重な会社
●銀行引き落としの選択もできるので、入金の手間が省けます

★詳しくはコチラ⇒カブドットコム証券 投信ページ

実践中の外貨積立も好調積立FX 口座開設のメリットをFPが解説

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |