FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

資産運用に投資を組込む時に、“どれくらい投資するか?”が問題になります。
この事について、ネットや書籍で調べると「投資は余裕資金で!」みたいな言葉が並びます。

各自の状況によって投資比率は変わるので、こういう表現なのですが、ちょっとアバウトですね?

“もう少し具体的に教えて欲しい”という人が多いので、資産運用のセミナー等で一般論として話す場合の目安を書いておきます。

【金融資産に対する投資比率の割合】
100-自分の年齢=投資比率の割合(%)


例えば、30歳なら100-30=70%となります。前半に書いたように実際には各自の状況で変わるのですが、一般的な目安として参考になると思います。

さて、この計算で確認すると、投資比率の高さに驚く人もいるかもしれません?

50歳ならば、金融資産の半分を投資に回す事になるのでチョット想像するだけで怖いのが普通の感覚です。

これは日本人の投資に対するイメージと深く関係します。基本的に博打に近いイメージを持っているので、大損の最悪ケースばかりを想定してしまうのです。

しかし、実際にはシッカリ分散した商品を利用すれば、思った以上にリスクは小さいのが実情です。(理論上は投資が0になる事はありますが、常識的には・・?)

例えば私が1年前から積立を開始した世界経済インデックスファンドは、株式と債券が50:50となっており投資先も世界各地に分散しています。

【参考】世界経済インデックファンドのメリットをFPが解説

この商品は2009年の設定基準価格が1万円で現在は2万円を超えているので長期では順調です。当初から保有した人はシッカリ資産が増えています。

しかし、ずっと順調だったわけではなく世界同時株安のような大きな出来事では1ヶ月で10%くらい急落することもあります?

ただし、ここで冷静に考えて欲しい事があります。仮に金融資産の50%を投資に回していても、全資産の目減りは5%です。大事件でも目減り資産は想像よりも少ないという事を頭に入れておいて欲しいと思います。

私は資産のほとんどを投資に回しているので、運用額は数千万となります。これに対して「怖くないですか?」という質問を受ける事もあります。

これに対しては“怖くない投資を選んでいる”だけの話。2倍の大きなリターンを狙うようなリスクが高い投資であれば“50万でも震えます”。

つまり投資の割合は、何を選んだかで大きく変わるという事です。

kaoruでした。

【追記】
私が昨年より、長期の資産形成を目的として積立を開始したのは、世界経済インデックスファンドi-mizuho米国株式インデックスです。 値動きが気にならない毎日積立で実践中です(カブドットコム証券)

【参考】カブドットコム証券 メリット・デメリットをFPが解説

【投資信託が凄い】
●取扱い銘柄の約半数が手数料無料(ノーロード)
●毎月500円から積立可能なので、お小遣いでも投資が可能
●毎日積立(究極のドルコスト平均法)が実施可能な貴重な会社
●銀行引き落としの選択もできるので、入金の手間が省けます

★詳しくはコチラ⇒カブドットコム証券 投信ページ

円高で毎日積立を強化中積立FX メリット・デメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |