楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

6月の株主優待が終了。注目のすかいらーくやマクドナルドは直前まで一般信用売りの在庫があったので、獲得できた人が多かったと思います。

私は在庫切れを気にして、かなり早く仕掛けたので金利が嵩む形になりました。それでも優待の恩恵の方がズーット大きいので満足しています。

【参考】株主優待はふるさと納税より注目!?

7月の優待銘柄は、全部で約25銘柄。
6月と比べると4分の1程度しかありません。

個人的には無理して優待取りはしなくても良い月だと考えています。

8月は約100銘柄、9月は約400枚柄と右肩上がりですから、そこに集中した方が効率的です。

また、短期のクロス取引に向いている銘柄よりも、長期保有で面白い銘柄が多いです。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引

7月権利月銘柄で長期保有と言えば、ダイドーグループホールディングス(2590)ですね。大幅上昇は期待薄ですが株価が安定しいるのでガッチリホールドしている人が多いですね!

個人的にホールドしているのは、バルニバービというカフェ展開をしている企業。「スポーツ栄養学」に基づいたメニューの鹿屋アスリート食堂などが話題ですね。

もっとも私が保有している理由はカフェが大好きという単純な理由ですので、値上がり期待などで参考にしないでください。

あとは7月銘柄だと、丸善CHIホールディングスが3万円台で優待の権利が取れるので資金ハードルが低い点が魅力。

ちなみに、私が注目する7月銘柄は以下に貼っておきます。
★7月の注目⇒銘柄数が少ない休憩月?

一般信用売りを利用した優待のクロス取引については、銘柄数では①カブドットコム証券、②松井証券、③SBI証券、④楽天証券となっています。

ただし、1位のカブドットコム証券と2位の松井証券で約2倍の差、3位のSBI証券では約3倍の差ですので、印象よりも遥かに大きな差があります。

優待クロス取引については、【カブドットコム証券 優待専用ページ】でも詳しく解説しています。各月の人気銘柄も紹介されているので、興味がある人は覗いてみてください。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券
クロス取引で重要な一般信用の取扱い銘柄数が業界で最大級である事から。優待ファンの間では必須証券と呼ばれています。優待を中心に取引を行う投資家は、大注目の証券会社。

【参考】カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)

☆詳しくは⇒カブドットコム証券 優待専用ページ

私が投資している商品はコチラ2017年 運用商品&投資方針

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |