kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruです。

外貨MMFは私のお気に入りの外貨投資です!
基本は米ドルの積立が中心ですが、値動きの荒い豪ドルもチョコチョコ売買しています。

基本的に購入してから5円ほど円安になれば売ってしまうのが私のスタイルです。
これはテクニカル分析のような高等手法を用いているのではありません(笑)
単純に「豪ドルが70円台後半だから買っとくかな?」という凄くアバウトなものです。

ただ、振り返ると貨幣価値は株価ほど大きな上下がなく、1年でせいぜい10円程度しか動かないのが普通ですので、この範囲内で売買を成立させるのは悪くないかもしれません。

また、私のように勘で購入を決めるのは褒められたものではありませんが、世間のニュースや動きをある程度知った上での勘ならば外れる事は案外少ないものです。

ちなみに今回は10月中に約77円で数百万単位で投資していました。中長期予定でしたが為替介入があったので嬉しい誤算、あっというまに5円ルール成立(売却)!ラッキーでしたね。
また円高に振れれば、そのまま再投資の予定です。

kaoruでした。

追記
外貨に興味のある方、外貨初挑戦の方は、kaoruも購入している外貨MMFがお薦めです。
外貨MMFに関してはカブドットコム証券が手数料・利回りが最も有利です。
興味のある方は、資料を請求してみてください。(参考に手数料と利回りを記載)

<資料請求・口座開設無料>



大手ネット証券 外貨MMF手数料(スプレッド)比較
-米ドルユーロカナダ
ドル
豪ドルNZドル
カブドットコム証券±20銭±40銭±60銭±60銭±60銭
SBI証券±25銭±50銭±80銭±1円±1円
楽天証券±25銭±50銭±80銭±70銭±70銭
マネックス証券±25銭±50銭-±70銭-
松井証券±20銭----
銀行(外貨預金)一般的に50銭~2円程度

ちなみに、カブドットコム証券の概算利回りを確認してみましょう。
カブドットコム証券
-米ドルユーロカナダ
ドル
豪ドルNZドル
外貨MMF 利回り0.146%0.573%0.574%4.154%1.877%
※確定利回りではありません。日々変動します。

利回りに関しても、他社よりも優位性が動きません。
このように、証券会社はそれぞれ得意分野を持っていますので、目的とする投資にあった会社を選択するようにしましょう。

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |