kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


新興国はAAA?

資産運用相談員kaoruです。

ヨーロッパ各国では、国債の格付けが軒並み下がっています。
アメリカ・日本も同様なのは言うまでもありません。

この先進国と言われている国の債券は、久しく守りの資産として投資家の強い味方でした。昨今はこの信用が大きく揺らいでいます。

では、先進国(アメリカ・日本・ヨーロッパ等)の状況で気がかりな点があるので、考えてみましょう。

まず、先進国公的債務のGDP比を考えると、軒並み80%以上、日本に関しては200%近くです。(一般に%が高いほど不健全です。)・・つまり最悪です。

ちなみに、新興国(中国・ブラジル・ロシア等)は50%以下で20%程度の国も多いです。
う~ん、新興国の方が健全です。

また公的債務の伸び率(借金増)に関しても、先進国は毎年順調に伸びています(最悪の上塗りです・・苦笑)
新興国は、ほとんど伸びが無く減っていている国もあるくらいです。

これでは、どちらが先進国か分かりませんね・・
もっとも、この部分だけをとって先進国の国債が新興国のものより劣っていると決めつけるのは危険な事です。

ただし、このような先進国の最悪数字にもかかわらず安心とされてきたのは、「経済成長があれば、お金は問題ないだろう」という根拠の無い楽観論です。

市場で言われる安心というものは、案外脆いものです。正確な情報は何かが起きてから表に出てくることも多いです。
いろんな意味で分散投資をしっかり考えていく必要があるかもしれません。

kaoruでした。
追記
私は世界分散のセゾン投信で積立を行っています。
投資信託|セゾン投信
この投信1つだけで新興国も含め世界30ヶ国以上に幅広く分散投資できます。
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |