kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員のkaoruです。

アナリストの意見を投資の参考にしている方も多いと思います。
しかし、時々明らかに検討外れのレポートを目にすることもあると思います。

これは、多くの方が目にするアナリストレポートが、ほとんどが販売者側(証券会社や銀行)に属するものである事に原因があります。

つまり、金融商品が売れるようなレポートを提出するアナリストが多いということです。
アナリストとはいえ、企業に属する以上は自己主張ばかりが言えないという一面があります。結果として言葉を選ばなくてはいけなくなります。まさにサラリーマン体質です。

こう聞くと・・アナリストなんて酷い職業だと感じる方もいるかもしれません。
しかし、ちゃんと自己主張をしている人もいます。

察しが良い方はもう気が付いたと思いますが・・
アナリストは外部発信だけが仕事ではありません、内部の自己売買部門(機関投資家等)向けにもレポートを発信します。当然ここでは、今後の方針が必要となるので、正直なレポートが提出されます。

残念ながら機関投資家向けのレポートは、なかなか一般の目に入る機会は少ないといのが悩ましいところです。

また、外部向けに発信されるレポートでもしっかりと自己の考えを表に出しているレポートもあると思います。
ただし、正直なレポートと歪曲されたレポートが市場に入り混じっているので、どれが真実のレポートなのか見極める事は大変難しい作業になると思います。

kaoruでした。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |