kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

5000円プレゼント企画

★岡三オンライン証券
(期間限定です。2017年6月末迄)
口座開設と入金で5000円プレゼント
【当サイト限定!口座開設キャンペーン】

『情報の岡三』と呼ばれるほどの情報力
kaourの投資でも情報源として活躍。

岡三証券のメリッ・トデメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

【人気クレジットカードを解説】
優待7000店舗!エポスカード
驚愕の1.2%還元!リクルートカード
顧客満足度1位!楽天カード
タダ旅行で大人気、JALカード

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員のkaoruです。

今年の経済予測は、どのアナリストも強気な発言が目立ちますが、予想通りに進まない事も多いので注意も必要です。

ただし、世界的に経済回復の追い風が吹いているのは間違いありません。
慎重になりすぎて、投資チャンスを逸するのも勿体無い気がします。

私の2014年スタイルは(も?)、セゾン投信ひふみ投信の積立が中心になります。両方とも「全部おまかせ」の代表格ですので、初心者の方にもお勧めです。

今年は世界経済回復・円安傾向ですので、世界中に分散投資している「セゾン投信」は期待できます。また、経済的な変化に上手に対応する「ひふみ投信」は、上昇期待はもちろん、予想外の下落時にも機敏に対応してくれると思います。

個人的には、この2投信は「おまかせ運用のベストカップル!」だと思っています。
?)、セゾン投信ひふみ投信の購入比率を1:1~4:1くらいで毎月積立をしていくのは投資というより資産運用という言葉の方が似合いますね!

面白みが無いと感じる人もいるかもしれません。しかし私の経験では「チャンス!」とばかりにバタバタ動くのは不要なリスクを抱えるだけです(特に投資経験が少ない人は注意)

こんな時こそ、当たり前の堅い投資を行った方が良い結果を生みます。

kaoruでした。

【追記・補足】

ひふみ投信
日本株投信の雄!機動力が高く、チャンスにもピンチにも強い稀有な存在。
TOPIXを上回る成績で運用手腕が光る。プロという言葉が似合う投信。

セゾン投信
世界30ヶ国に分散投資することでリスクを最小限に抑えています。
長期視点で資産を増やす事に信念を持っており、資産運用に適した投信。



※これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |