kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 メリットを解説

5000円プレゼント企画

★岡三オンライン証券
(期間限定です。2017年9月末迄)
口座開設と入金で5000円プレゼント
【期間限定の特別キャンペーン】

『情報の岡三』と呼ばれるほどの情報力
kaourの投資でも情報源として活躍。

岡三オンライン証券のメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員のkaoruです。

投資の世界では、“他の人と違う事をすれば良い”という言葉を耳にしますが簡単には実行できません。そこで“周囲が慌てている時に、冷静であれば良い”と考えるようにしています。

積立投資を行っていると、この冷静であることが無理することなく実行できるのが良いなぁ~と思っています。

そして、“永久に下げ続ける相場は無い”という事実を認識して相場に向き合える事はプラス作用として働きます。(“将来は上昇してくる”という揺るぎない自信)

例えば、日本株のTOPIXは先週の金曜日から6日続落で今後の見通し対して暗い雰囲気が流れました。しかし私はセゾン投信の積立を行っているせいか下落相場は“仕込みのチャンス”という気持ちで不安よりも喜びの方が強かったです。

こういった不安が無いという心理は個別株を選ぶ時にも良い影響を与えます。相場下落時も慌てることなく、「割安株が増えてきた~(^O^)」と言う前向きな気持ちになれるからです。

私の場合は、積立投資と個別株を並行して行っている時が、もっとも資産が増えたような気がします。
その際に気をつけていた事は、個別株の比率を積立投資よりも下げておくということです。

積立投資をしている安心感が、個別株を大胆に攻められる後ろ盾になっているので、どういった状況でもこの積立を主とするスタイルは維持していきます。

私はセゾン投信の積立を行う事で、冷静に相場に向き合えるようになりました。冷静になる方法は各自それぞれですので、自分にあった方法を身に付けて相場に臨んで欲しいと思います。

kaoruでした。

追記
私の資産運用はセゾン投信を毎月購入する事!貯金感覚で行っています。
世界30ヶ国以上に分散投資でリスクを分散、投資初心者にも薦めです。
投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>



※この考えで頑張ります⇒資産運用2014年版 kaoruの投資方針

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |