FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員のkaoruです。

企業の生産拠点について「中国から米国へ」という話を聞くことが増えてきました。また、この事は米国経済が期待される要因の一つでもあります。

既に米国企業は国内回帰に動いているにですが、これは愛国心というわけではなく、実際に海外生産よりも国内生産の方がメリットが出てきているのです。

この生産拠点の移動の理由として以下の2つが挙げられます。

●エネルギーコストが安い
米国はシェール革命で天然ガスが世界一、石油においても2015年には最大の産油国になると予想。
石油は中東諸国・天然ガスはロシアというのは過去の話、米国はエネルギーを自国で安く調達できる環境にあります。

●人件費が安い
アメリカの南部などは、実は先進国でも人件費がとても安い地区として有名。
中国は人件費高騰が止まらず、主要沿岸部などは数年以内にアメリカ南部と同額になると言われています。

人件費が安い、エネルギーコストが安い、異文化摩擦も無いとなれば国内回帰は当然ですね。

日本も国内回帰は話題になりますが、円高時は輸出不利を理由に海外へ!しかし円安になったら「石油や材料の輸入価格が上昇して国内回帰は無理」という意見が主流←円高でも円安でも国内回帰は無理?(^_^;)

米国のシェール革命は世界のエネルギー図だけでなく、生産拠点の図まで変えようとしています。※中国のPCメーカー・レノボもアメリカに生産拠点を作りました。

そして、米国は人口増加(年齢構成比も若い)という潜在的な経済の後押しがあり、日本から見ると羨ましい状況。

こんな背景があるので、「日本株よりも米国株の方が簡単」という金融業界の裏話は、普通の一般常識になる日も遠い未来では無いのかもしれません( ゚ー゚)( 。_。)

kaoruでした。

【追記】
米国株ならば、マネックス証券さんがオススメです。
ライバル証券が無いほどの優位性があります。
※只今、新規開設で手数料全額キャッシュバックキャンペーンを実施中!

マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 (他社は一般口座の為、確定申告が必要)
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能銘柄は、他社証券の2倍以上です。
・アメリカ株の情報量が、圧倒的に多い(私には、これが一番の魅力)

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |