楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

このブログでもっとも訪問者が増えるのは米国株の記事を書いた時なのですが、それと並んで人気なのが「金投資」の記事になります。

最近ではウクライナ情勢で悪いニュースが流れた際に、株価が下落するなか、金価格は上昇して話題になりました。この特有の値動きから、資産分散の一つに加える人も多いようです。

金(ゴールド)に対しては関心を持っている人が多いようなので本当はもっと記事数を増やしたいのですが、私は純金積立なので、全く値動きを見ておらず記事を書けないという事実があります(笑)

何故、値動きが気にならないかと言えば、純金積立は月の購入額を設定すれば、ほぼ毎日買い付けが行われます。
↓↓↓こんな感じです。
グラフィックス1

まさに究極のドル・コスト平均法ですね。私が値動きを気にしない理由も分かってもらえたと思います←言い訳120%

それに、私は純金積立をマネックス証券(マネックス・ゴールド)で行っているのですが、金価格が最安値付近(仕込み時?)になった際にはマネックス証券さんからお知らせメールがあったりします。

その連絡を受けて、スポット購入したり積立額を増やしたりを検討するパターンで・・・ほとんど研究はしていません←記事を書けない本音(笑)

金は配当・利子等はありませんので、資産を増やすといいうよりも守るという事に重きをおいた投資だと思います。

守るという点で考えた際に、金(ゴールド)は世界中で価値が認められい価値が半永久的(実物資産)ですから、この投資に注目が集まるのは当然かもしれませんね(^O^)

この純金積立は長期で行っていますが、ここ2年くらいは安値の仕込み時と考えています。引き続きタイミングを見て積立額を増やして行きます。

kaoruでした。

追記 
私はマネックス・ゴールドで純金積立を実施中!
金は不滅の絶対資産と考えており、資産の5%程度を目標にしています。

マネックス・ゴールド(マネックス証券)
●1,000円という小額から購入可能です!
●手数料は5,000円程度の購入なら最安値水準です。
●金投資のレポートや無料オンラインセミナーなど、投資サポート情報が充実。



※円安・ドル高で大注目⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |