kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は積立投資で資産形成を行っており、予想以上の成果に満足しています。
コツコツと継続するだけなのですが、途中で挫折する人が多いので「勿体無いなぁ~」と思っています。

※私のメイン積立は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

仕事上での経験では、積立投資をはじめて半年経過~1年くらいで、気持ちが揺れてしまう人が多い気がします。
誰もが、投資をはじめて1年くらいは値動きや他の金融商品の事も気になって落ち着かないものです。でも、ここで我慢して継続して欲しい( ゚ー゚)( 。_。)

そして、それを乗り切り3年も積立投資を継続すると、預金に近い感覚に変わってきますので、こうなるとしめたものですヽ(・∀・)ノ

3年も継続すると資産が膨らんでいるので、積立の効果も実感できてくる頃かな?と思います。
(挫折どころか、もっと積立額を増やしたくなる?)

あとは、時間経過と共に気が付けば1000万・2000万という金額に行き着くというパターン!?
ちなみに、1000万になると1%の上昇で10万ですね(o^^o)♪ 

また、積立が資産運用に向いている理由として、途中の取り崩しに対してブレーキが懸かるということがあります。

もう少し分かりやすくいうと、「10年間コツコツ貯めた1000万と宝クジで当たった1000万では、どちらが簡単に使えるか?」という事です。

一般的には、コツコツ貯めた預金などは無駄使いは少なく、「マイホームの頭金や子供の学費等」の大きな分岐点で使用する傾向があります。

積立投資も同様の心理効果が期待できるので、3年も継続すると将来の資金目標に向けて突き進んで行く傾向が強く、無駄に取り崩す可能性はとても小さくなります。 

積立投資は毎月一定額を購入するだけなので、誰でも簡単に行えます。
詳しい知識は不要ですので、まずは3年間、頑張ってみるというのがポイントだと思います。

コツコツ・コツコツ・・最終的には、これです( ゚ー゚)( 。_。)

kaoruでした。

【追記・補足】
kaoruは、資産運用として下記2商品を積立。順調に資産が増えています。
おまかせ投資ですので、投資の知識が無い人や忙しい会社員には向いていると思います。

セゾン投信
世界30ヶ国に分散投資することでリスクを最小限に抑えています。
長期視点で資産を増やす事に信念を持っており、資産運用に適した投信。

ひふみ投信
日本株投信の雄!機動力が高く、チャンスにもピンチにも強い稀有な存在。
TOPIXを上回る成績で運用手腕が光る。プロという言葉が似合う投信。



※円安・ドル高で大注目⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |