kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

ようやくドル高・円安傾向が鮮明になってきました。ただ私の当初の予想では現在の水準は3ヶ月前には通過していると思っていたので、将来的な展望を考えればまだまだです。

米国株も最高値更新が続いていますが、もはや当然の事といった感じです。
普通の出来事!?⇒米国株に塩漬け無し?100年以上も上昇

これから上昇要因の中間選挙が控えているので、その前に株価調整が入れば大きく買っていきたいと考えています。

米国相場は中間選挙に投資家の注目が集まっていますが、それが無かったとしても今後の期待は大きいと思います。

まずはクリスマス商戦が控えています。米国はGDPの7割が個人消費を占めていますので、クリスマス需要が今後の企業業績に大きな影響を与えます。

失業率低下・賃金上昇、株&不動産も好調なので市民のお財布事情は良好かな!?昨年よりも大きく盛り上がると期待をしています。

また、昨年の米国は、年明け早々から歴史的な長期の大寒波に見舞われ1~3月の経済は最悪な状況でした。 来年は大きくプラスになると予想されます。

日本株は円安などもあり急上昇していますが、このまま上昇よりも調整の下落があった方が株価が安定しそうです。
実際は消費回復はとてもユックリで、ブレーキ材料の増税も控えていますので、ちょっと勢いがありすぎる気がします。

また、中小企業を中心に、「定期昇給」も来年からは例年どおの厳しい状況に戻ると予想していますので消費が伸びていくとも思えません。(内需関連が多い中小企業にとって、円安はマイナス材料!?)

前回の米国記事で「日本相場の呪縛は恐ろしい(^_^;)」でも書きましたが、米国と日本では今後の未来において大きなギャップがあります。(米国は実態経済が好調で株価上昇です、それに対して日本は・・)

私は長期的に追い風が吹いている米国株に素直に乗っていこうと思っています。
米国株は将来期待が高い銘柄が多いので、楽しく購入しています。

kaoruでした。

【追記】
私はマネックス証券さんで米国株を購入しています。
米国株においては、ライバル証券が無いほどの好条件が揃っています。


マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 (他社は一般口座の為、確定申告が必要)
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能銘柄は、他社証券の2倍以上です。
・米国株無料オンラインセミナーやリサーチ・レポートなど情報が多い

※2015年のNISAは、全商品手数料無料を発表!NISA口座の最有力

【お知らせ】
9月21日~23日は、「自分へのご褒美!」という名の旅行へ行ってきます(笑)
期間中はコメントの返信ができませんのでご了承くださいm(_ _)m

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |