kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

少し前ですがマネックス証券さんのレポートに、宝クジについて面白い事が書いてありました。

そのレポートによると、ジャンボ宝クジで1等に当選する確率は、飛行機で死亡事故に合う確率よりも100倍難しいとの事ですΣ(|||▽||| )
そして、「AKBのメンバーになれる可能性」との比較すると、1等当選の方が700倍くらい難しいそうです(笑)

これを見ると、宝クジで大金持ちなんて「夢」の話だと実感します。結局は地道にコツコツが資産形成の近道ですね!

しかし、この投資の世界でも「宝クジ」があることを忘れてはいけません。そうです、新規公開株ことIPOです。
※IPOって何ですか?⇒コチラ

IPOは、高い可能性で利益が出るので大人気ですが、宝クジと比較した場合は当選確率は比較にならないほど高いと思います。そもそも日本では投資を行っている人が少なく、新規公開株(IPO)の存在を知らない人が多いので抽選に参加する人数が限られています。

・・と言っても、それなりに競争率は高いです。私も先日、9ヵ月ぶりに当選したのですが、それまでに20回くらい連続でハズレています。※私が当選したIPOは、上場初値で約60%上昇したので即売却しました。

IPOを申し込んだことが無い人も多いのですが、ハズレても損失は無いので挑戦してみると良いと思います。

ちなみにネット証券で、IPOの取り扱いが最も多いのはSBI証券です。ただし、申込み金額が多い人ほど当選確率が高まる抽選方式ですので、人気銘柄のIPOだと1億ぐらい申し込む人もいるとの事ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ 

「私は手持ちの資金が少ないから無理・・」なんて心配は不要です。

少額申込み(数万~数十万)で当選を狙うなら、マネックス証券が良いと思います。マネックス証券さんは一人一票という完全平等抽選ですので、10万の申し込みも10億の申し込みも当選確率は同じになります。

IPOは、投資を行っている人しか参加できない「宝クジ」のようなもの!当選すれば臨時ボーナスくらいの利益が出る事もありますよヽ(*´∀`)ノ 

IPO当選の秘訣ですか? 
積立投資と同じで、コツコツ申し込むを継続するだけです(n‘∀‘)η

kaoruでした。

【追記】
「資金が少なくてもIPOに当選できる!?」と人気なのがマネックス証券です。
一人一票の完全公平抽選ですので、誰でも当選の可能性があります。

マネックス証券 (情報収集のメイン証券)
●情報力NO.1と評判の会社
●無料オンラインセミナーは、実践的な内容で超オススメ
●2015年のNISA口座では、全商品の手数料無料を発表


テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |