kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

少し前の米国株の記事で、新薬開発中のオフソテック(米国株 OPHT)について書いたら、大きな反響(訪問者が↑)がありました。

将来の期待が大きい⇒オフソテック(米国株 OPHT)

米国株の場合は、ダウ銘柄(大型株)に絞っても、日本株以上に期待ができるので、大化け株を無理に探さなくてもいいんですけどね! ただ、将来的に5倍・10倍になる可能性がある株を欲しい?という気持ちは理解できます( ゚ー゚)( 。_。)

私自身も急騰狙いで少しだけオフソテックは保有していますが、将来性という点ではゾーイズ・キッチン(米国株 ZOES)も注目しています・・というより保有してます(^-^)

ゾーイズ・キッチン(米国株 ZOES)は、新鮮な食材を提供する地中海料理のレストランチェーンで、アメリカ南西部を中心に115店舗?を展開しています。特に健康志向の高い女性から評判で、既存店売り上げも順調に推移しています。

現在は100店舗程度ですが、米国市場を考えれば将来的には店舗数が10~20倍以上になる可能性があります。
※実際に同業態のレストランでは1600店舗のチェーン店があります。ゾーイズキッチンも1000店以上を将来の目標にしています。

ちなみに私が小売や外食チェーンを検討する際に、重要視するのは既存店売上です。全体で良くても既存店が悪ければ将来的に失速する可能性が高いのでパスします。 そういう点でゾーイズキッチンは合格点でした( ゚ー゚)( 。_。)

新規出店に関しては毎年20店舗くらいのペースですが、今後は出店に加速がかかりそうな雰囲気で、市場からの注目も高まっています。

また、どちらかというとランチ(昼食)が強いお店なのですが、夕食用メニューの充実を検討しており新しい顧客層の獲得にも着手。

新鮮食材でヘルシーな地中海料理というスタイルは、米国では珍しく競合が少ないのも魅力。毎年、堅実に成長しているので博打的な銘柄でもありません。ヽ(・∀・)ノ

いずれにしろ、米国株というのは将来性が高い企業が多いので面白いです。やはり市場規模が巨大ですので、成長に乗った時のスケールはちょっと想像を超えるものがあります。

kaoruでした。

【追記】
私が投資を行っている商品で、もっともパフォーマンスが良いのは米国株になります。今後も個別株に関しては、米国株を中心に行っていきます。

米国株はマネックス証券さんがオススメです。
特定口座対応、逆指値注文、日本語での投資情報など、日本株に近い感覚で取引が可能な点が気に入ってます。

マネックス証券
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 (米国株は、特定口座に対応してない会社が多い)
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能銘柄は、他社証券の2倍以上です。
・米国株無料オンラインセミナーやリサーチ・レポートなど情報が多い

※2015年のNISAは、全商品手数料無料を発表!NISA口座の最有力

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |