kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

9月19日にニューヨーク証券取引所にアリババ(中国で通販サイト等を運営)が上場、世界最大規模の上場となりました。

現在、米国株でもっとも注目されている銘柄の一つですので、個人的な感想を書いておきます。

個人的に言えば、とても欲しい銘柄です。
アリババの成長力を考えると、早い段階で仕込んで長期ホールドというのが良いかなと思います。

アリババのメインである中国は、まだネット普及率も低く成長の余地が大きいと言えます。そんな理由からか、中国ネット通販業界は毎年30%伸びていくという予想もあるくらいです。

そして、アリババは中国が中心ですが、海外進出も本格化する意向。今回の上場でアリババという名前が世界中に知れ渡ったことは、プラス材料だと思います。

ちなみに、アリババの14年3月期の売上高は8925億円(前期比1.5倍)、営業利益は4236億円(同2.3倍)と30%どころではありません。 ちなみに、これを元に計算すると、営業利益率は約50%と驚愕の数字です。

※参考⇒アリババの概要&過去の実績

個人的には中途半端に新興国投資を行うならば、アリババを買う方が良いと思っています。
アリババは地方にも浸透しているので、安定力と成長性を兼ね備えている銘柄という気がします。

ちなみに、新興国の最強企業とも思われるアリババですが、米国上場を果たしたこともあり、新興国株インデックスには採用されていません。ヾ(・∀・;)オイオイ

現在のところ、採用の予定はありませんが、いずれはインデックスに採用されると予想しています。その時には大きな買いが入るのでヽ(´ー`)ノバンザーイという感じになるかな?

いずれにししろ、米国上場を果たすのは優良企業、それが新興国インデックスに採用されていないのは、不可思議としか言えません。(アリババは、先進国のインデックスにも採用されてないので、宙ぶらりん状態?)

いろんな点でアリババは魅力があるので、株価がモタモタしているあいだに、タイミング良く購入して5年から10年はホールドしようと考えています。 

また、米国で利上げが正式に発表された場合は、一時的に株価が下がる可能性もあるので、そういった時も追加の購入チャンスと考えています。

kaoruでした。

【追記】
アリババは中国の企業ですが、米国で上場しているので米国株取引になります。
米国株は将来性が高い銘柄が多いので私はもっとも注目しています。

米国株ならば、マネックス証券さんが圧倒的に好条件です。
ライバル証券が無いほどの優位性があります。

マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 (他社は一般口座の為、確定申告が必要)
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能銘柄は、他社証券の2倍以上です。
・米国株無料オンラインセミナーやリサーチ・レポートなど情報が多い

※2015年のNISAは、全商品手数料無料を発表!NISA口座の最有力

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |