kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

対話型の投資信託「スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド」が発売されて話題になっていますね。
「対話型?」と聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんね。

従来の商品との違いを簡単に説明すると、今までの投資信託は、将来性が高そうな企業をファンドマネージャーが選別して、その後は株価の上昇を見守るイメージです。(企業の選別が重要)

それに対して「対話型」は、投資先の経営陣に対して経営戦略などを提案したり、意見交換を行って企業価値向上を目的とした行動を継続的に行います。(積極的にリターン追求)

対話型ファンドは、人件費がかかるのでコストが高いというデメリットがありますが、運用がスパークス・アセット・マネジメント株式会社さんというのは期待が持てる材料だと思います。

スパークスさんは、独立系の資産運用グループで現場主義が徹底されている会社です。2013年の実績でも、ファンドマネージャーやアナリストが年間で約2,000回も企業訪問を行ったというのですから驚きです。

実力は折り紙つきで、「リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2014」では「最優秀運用会社(株式部門)」を、「R&Iファンド大賞2014」では最優秀ファンド賞を受賞しています。

ちなみに「R&Iファンド大賞2014」のNISAバランス部門の最優秀賞はセゾン資産形成の達人ファンドですが、こちらの日本株運用にもスパークスさんが関わっています。

通常は高いコストを見ると、それだけで敬遠される投資信託ですが、今回は「対話型ファンド」が機関投資家向けのものについては一定の成果を挙げている点、運用を敏腕のスパークスさんが行うという点で注目が高まっています。 

企業への徹底調査と経営陣との直接対話というのは、個人投資家ではちょっと難しい事ですので、「対話型」の投資信託は、プロの投資手法と言えますね。

kaoruでした。

【追記】
今回の商品⇒スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド
現在、ネット証券の取り扱いはマネックス証券さんに限られています。


※2015年マネックス証券のNISAキャンペーンは、NISA口座で取扱う全商品の買付時手数料が実質無料になります!(米国株含む)



※これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |