kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今週は、中国・ギリシャと突発的な出来事があって、世界同時株安になりました。
まぁ、私のような積立投資スタイルだと気にするような事ではありません。

今回の事も少し前にあった、同時株安と同じ感覚でとらえています。
つまり、米国のような国内経済が好調な市場であれば、不安が収まれば株価はすぐに上(最高値)を目指すと予想しています。
●関連記事⇒米雇用統計が強い!ガソリン価格が下落で先行き景気も期待

為替もドル高・円安方向で変更なしです。あくまでも一時的に市場がパニックになっているだけで、冷静に見れば大きな問題ではありません。無理やりネガティブ要因だけを探している感じです。(米国株は下がればチャンスだと考えています)

日本株は、ちょっと注意したほうがいいかな?経済が弱いので株価が下がると回復に不安が残ります。選挙相場で上がっていますが、株価の下支えが日銀頼みといった感じです。

ちなみに私が保有していた日本株は、8日にGDP下方修正があったので、成行き売却で利益確定しました。
これで日本への投資については、ひふみ投信さんだけになりました。
●ひふみ投信 説明⇒プロの手腕が光る日本株式ファンド

表題の話になりますが、やはり世界不安のニュースが走ると“金”は強い(上昇)ですね、私は純金積立を行っていますが、こういった時に“金”の魅力を痛感します( ノ゚Д゚) よし!

“金”は政治経済が不安定でも影響を受けにくいので、今回のような時には需要が高まる(値上がり)傾向があります。私が市場の値動きに関して慌てる事がないのは、純金積立を行っている事も要因の一つかもしれません。

私の感覚では、“金価格”は、まだまだ安い水準だと思っています。当初の予定通り2年間は買場と考えており引き続き増額を行っていきます。日本株の利益確定で現金も増えているのでちょうど良いタイミングです( ゚ー゚)( 。_。)

kaoruでした。

追記 
私は安心資産としてマネックス・ゴールドで純金積立を実施中!
金は不滅の絶対資産と考えており、資産の5%程度を目標にしています。
(市場不透明感が高まると注目されるので、投資分散にも役立っています)

マネックス・ゴールド(マネックス証券)
●1,000円という小額から購入可能です!(一定額で現物変更可能)
●手数料は5,000円程度の購入なら最安値水準です。
●シルバー(銀)やプラチナ(白金)も取り扱っています。
●金投資のレポートや無料オンラインセミナーなど、投資サポート情報が充実。



※これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |