kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

先月、ロシア株式の海外ETF、iシェアーズ MSCI ロシア・キャップトETF(ERUS)を購入しました。

ルーブルが急落というニュースがテレビで報道されたので、ちょっと調べてみると「パニック売りの過剰反応では?」という印象を持ったからです。

デフォルト懸念を無理矢理に煽っている感じですね。確かに以前に「ルーブル危機」というのがあって世界経済(特に欧州)が巻き込まれた事はあったのですが・・現在のロシアについては、その再来は想像できません。

対外債務は小さく、外貨準備高もタップリありますので、今の状態が続いても数年は全く心配ないと思っています。

もっとも、このETFに関しては、欧州中央銀行(ECB)の量的金融緩和発表に合わせて先日売却しました。※1ヶ月で約30%の急上昇の為、利益確定。

原油関連やロシアに関しては、もう一回くらい大きな下げが来そうな気がしているので、再度購入チャンスを狙っています。

ただし、長期的に有望とは言いづらい面があるので、余裕資金の範囲で行うべき投資だと思います。私は資産運用とは別の考えで行っていますので、安全思考で考えている人は手出し無用です!

エネルギー関連においては、同じく海外ETFのiシェアーズ グローバル・エネルギーETFも関心を持っている人が多いようです。この事については、もう一つのブログで書いてますので興味がある人は覗いてみてください。
【関連ブログ】原油安でエネルギー関連のETFが人気?

つくずく思うのですが、海外ETFはバリエーションが豊富ですね!日本株から米国株にシフトして良かったと思えるのが、ETFの選択肢が多い事です。

海外ETFはロシアに限らずトルコ・タイ・インドネシアなど、投資先のラインナップが豊富なのが魅力。今ではテレビなどで「○○国の株価が急落!」みたいなニュースの時は目がらんらんとしています(笑)。

過去を振り返れば、2011年のタイ洪水なんかは、海外ETFを利用して投資していればリターンが大きかったでしょうね!私は2015年のロシアは、同様の状態だと思っているので、ちょっと注目しています。

通常、米国株に関しては30%くらいを利益確定の目安にしているのですが、再度、iシェアーズ MSCI ロシア・キャップトETF(ERUS)を購入した際には50%くらいの利益を目標にして1~2年保有していこうと考えています。

kaoruでした。

【追記】
米国株や海外ETFに興味がある人には、マネックス証券さんがオススメです。
日本株に近い感覚で取引ができるのが魅力です。

マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能銘柄は、他社証券の2倍以上です。(米国株でも逆指値に対応)
・米国株無料オンラインセミナーやリサーチ・レポートなど情報が多い

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |