楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

相変わらず市場では、原油安やギリシャ情勢などを睨みながらの展開が続いており、短期的には不透明感が漂っています。

しかし私は、今月・来月は米国株を仕込むチャンスでは?と期待しています(笑)

まず、米国市場に関しては、強気継続です。全体的に見て経済指標は良好ですので、中長期的に弱気になる材料がほとんどないと思います。

先日は米国の小売売上高が予想外の悪い結果が出て市場に動揺が走りましたが、消費者信頼感指数は上昇してますので心配無用だと考えています。(個人消費は今後も継続的に上昇と予想。)

原油安に関してはマイナス面とプラス面では、圧倒的にプラス面の方が大きいと思っており、相場の反応は摩訶不思議?ただし原油安への株価反応は徐々に小さくなってきている気はします。

また、ギリシャでは1月25日に総選挙が実施されるので市場に警戒感がありますが、こちらは相当な過剰反応のような・・?

2012年のユーロ危機の時と比べて安全網が整備されており、野党もユーロ離脱を考えていない状況ですから、与党・野党のどちらが勝利しても大きな問題にはならず影響は限定的だと思っています。

つまり、今月・来月は原油安とギリシャ不安のような小さな問題で、大幅下落をしてくれれば、私としては「仕込むぞーヽ(・∀・)ノ」という感じになるわけです。

米国株に関しては、13日に発表されたアルコア(AA)の決算がとても良いもので、中長期の強気材料となった事も後押しとなっています。
※【関連 はじめての資産運用】 アルコアが黒字転換!米国市場に追い風

今月・来月は、米国株のために資金を確保しているので、一時的な下落があればなぁ~と願っています。とても罰当たりな願いですね、ゴメンンサイ(ノ∀`)

kaoruでした。

【追記】
昨年は日本株から米国株にシフトして大成功でした。
今年も強気にどんどん仕込む(買う)予定です。

米国株に興味がある人には、マネックス証券さんがオススメです。日本株に近い感覚で取引ができるのが魅力に感じています。

マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能銘柄は、他社証券の2倍以上です。(米国株でも逆指値に対応)
・米国株無料オンラインセミナーやリサーチ・レポートなど情報が多い



※この方針で資産増を目指します⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |