FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

以前にもブログで書きましたが、NISA口座を2015年はSBI証券に変更しました。
※今年からNISA口座の金融期間は1年単位で変更可能

2015年 運用・投資方針にも書いてあるとおり、朝日Nvest グローバル バリュー株オープンを積立ていきます。NISA枠は現在100万ですが来年からは120万になるので、今年の3月から毎月10万の積立設定を行って、ずーっとホッタラカシておく予定です(笑)

投信の積立を長期で行っていく事を想定すると、ポイントサービスが充実しているSBI証券さんがメリットがある(コスト削減)と思っています。
【参考】投信コストの削減、ポイントサービス

今回、私が行ったNISA口座の変更は、メンドウと感じている人も多いのですが、実際に行った感想としてはとても簡単なものでした。
【参考】金融機関の変更方法

強いて言えば、勘定廃止通知書を現在の証券会社から取り寄せなくてはいけないという行為が発生することです。※取り寄せは電話請求の会社が多いです。

メンドウという気持ちも分かりますが、現在のNISA口座に不満があるようだったら、小さな事は気にしないで早く変更したほうが良いと思います。私は、今後の数年間に渡って満足できる投信積立ができるので良かったと思っています。

また、2015年NISAキャンペーンは各社とも力を入れているので、それを参考にするのも良いでしょう。(ただし、購入したい商品がある!という事が最優先)
【参考】2015年 NISA口座開設キャンペーンの比較

ただし、2015年になってからNISA枠で一度でも買い付けをしている場合は、今年の変更はできませんので注意が必要です。(昨年の利用分は関係ありません)

kaoruでした。

【追記】
SBI証券さんといえば、格安手数料と豊富な商品群ですが、サービスも拡大中。
毎月、国債キャンペーン(キャッシュバック)を行っている貴重な証券会社です。

《投信ファンから人気》SBI証券
●投信は、マイレージサービスで事実上のコストダウン!
●商品のラインナップが豊富、投資信託の種類は業界最多水準
●大人気のSBI債、EXE-iシリーズ等が購入可能
●IPO(新規公開株)は主幹事も行うので、IPOファンも注目


テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |