楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

10日間限定キャンペーン

≪楽天カード:期間限定キャンペーン≫

2017年10月17~27日 10:00迄
今だけ、新規入会&利用で
8000円相当のポイントが貰える!

楽天カード(顧客満足度で1位)
カードを検討している人は、キャンペーン期間中に申込むのがお得です

    
楽天カード 顧客満足度1位の理由を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

個人の資産運用として少しずつ定着してきた公募投資信託!2014年末の純資産残高は約95兆5千億円で2年連続の過去最高でした。(前年比15%増)

特に人気だったのが海外株投信で、何と前年比74%増です。(債券と株式を組み合わせたバランスファンドも大幅増)
あとはREIT関連の投信は、国内・国外とも人気のようです。やはり利回りの魅力でしょうね!

また、投資先で人気が高かったのが経済好調の米国です。
このブログについても、米国記事にアクセスが集中しているので、関心の高さは実感しています。

《参考!米国投資が注目される理由》
●右肩上がりを継続⇒米国株投資に塩漬け無し?100年以上も上昇
●高配当銘柄が多い⇒米国株の魅力は高配当、50年増配企業も!
●人口増で成長期待⇒成長が予想される米国、その原動力は人口増加!?

投資信託は全体的に好調で、関心が高まっていると言って良いでしょう。
・・・そんな中で、不調というか資金流出が目立つのが日本株で運用する投資信託です。

昨年の追加緩和発表で、材料出尽くしと考える人が多かったようで、そこから利益確定ラッシュになり、年末になってみれば約6700億円の流出でした。

現在の状況は、国内の個人投資家からは嫌われている状態かな?でも、日本株の動向は海外勢の動きでほとんど決まってしまうので、そちらの心理の方が影響が大きいと思います。

米国に次ぐ投資先である欧州に関しては、ウクライナやギリシャについては不透明感がなかなか拭えません。外国人の投資家マインドとしては、資金を日本に向けるしかないという状況のような気がします(ネガティブな引き算方式?)

私は日本株への長期投資に対しては悲観的ですが、海外投資家の心理にプラスして円安&原油安という追い風もあるので、今年に限っては期待できる部分があると思っています。

ただし、日本株投信を選択する場合は純資産残高が増えている(資金流入が続いている)という事が大前提!個人的には基準価格よりも重要視しています。

【参考】純資産残高のチェックは必須

私は日本株投信の中では、ひふみ投信をもっとも信頼していますが、それでも純資産残高が減少傾向に転じていけば、迷いなく運用を中止します。(今のところ、その心配はなさそうです)

現在の日本市場で、純資産残高が減少していく状態に陥った場合は、どんなに優秀なファンドマネージャーであっても好成績を継続するのは至難の技だと考えています。

kaoruでした。

【追記】
日本投資に関しては、今後は企業の勝ち負けがハッキリ出てくると思っているので、銘柄選択に定評がある「ひふみ投信」さんの購入だけに絞っています。

ひふみ投信
日本株投信の雄!機動力が高く、チャンスにもピンチにも強い稀有な存在。
TOPIXを上回る成績で運用手腕が光る。プロという言葉が似合う投信。
ひふみ投信

【この方針で資産増を目指します⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |