kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は資産形成を考えるならば、積立投資が簡単だと思っています。
毎月一定額を積み立てるだけですから、誰もが気楽にはじめられます。

しかし、実際に始めると挫折する人が非常に多いのです。
ホッタラカシにしておけば良いだけなのですが・・・

理由の多くは、頭の中が投資脳になっていて、株価予想や将来予測をしてしまい余計な事(不安?)をたくさん考えてしまうからだと思います。

以前にもブログで書きましたが、日経平均が最高値の約4万円を記録をした付近の1990年から、日本株(日経平均)を積立ていくと、現在の水準ならばプラス利益が出ています。

日本バブルの頂辺で買って、その後に大損したという話を聞きますが、積立投資であればプラスリターンになっている事実は頭に入れておくと良いと思います。

更に言えば、日本株・日本債・外国株・外債で均等分散して積立た人は、1990年からだと円ベースで2倍以上になっています。

この間には、バブル崩壊にはじまり、ITバブル崩壊もありました。新しところではリーマンショックやユーロ不安、米国の格下げとか・・・。しかし機械的に毎月購入を繰りかえした人の結果は上記の通り!これが積立投資なんです。

1.何があっても継続 2.値動きは気にしない ※3.余裕があれば増額
私が積立投資で心がけていることはこれだけ・・・と言うより、これ以上は必要ないと感じています。(※3は私のやり方です。)

今回、お伝えしたかったのは、過去の積立投資を検証してみると、壊滅的な大惨事があっても継続した人はプラスリターンが出ているという事です。

そもそも、私から見ると最近の不安レベルというのは、かなり小さなものです。将来的に世界の経済成長が続くことに疑いは持っていません。

日経平均やNYダウが3日下がったくらいで不安に感じる必要はありませんし、現在マイナスが出ても気にしなくて良いというのが私の考えです。

当然ですが、積立投資でも100%のプラスリターンは保証されていません。理論上ではマイナスで終わる事だって考えられます。

それでも私は、月に数十万円の積立をしています。その理由を聞かれる事もあるのですが、私の答えはいつも「自信があるから」です(^^♪

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用で柱にしているのは、世界分散投資のセゾン投信です。
※新年早々に増額申請ヽ(・∀・)ノ→セゾン投信を増額!新年の一歩

世界中への分散でリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
全てお任せでOK!なので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【2015年のkaoruは、これで頑張ります⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |