kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

外貨MMFは為替差益が非課税の人気商品です。
例:100円⇒120円(円安)、差額の20円に税金がかからない

しかし、この非課税優遇は今年で終了、来年からは株式や投信と同じで為替差益に20%の税金が発生するようになります。

私のように積立を継続してきた人は、今年中に一旦利益確定するほうが、非課税メリットの恩恵があります。(100万の為替差益がある場合、今年は100万総取りですが、来年は税金20万引かれ80万になります)

ギリギリまで引っ張りたい意向はありますが、年末に一時的に円高になる事も0%とは言えません。あまり欲張らずに適当なところで一旦売却する方が無難だと思っています。

そこで、売却の目安として125円を目標とする事に決めました。今年の私が想定するドル円は127円ですが、少し余裕を持って確実に利益をとろうと思っています。

ギリシャ問題とかで、一時的に円高になる可能性もありますが、残り8ヶ月あれば125円は問題が無い水準だと考えています。

ちなみに、今回の話は外貨MMFの積立を中止するという話ではありませんので、勘違いしないでくださいね(笑)

長期的に見れば円安方針は鉄板ですので外貨MMFは積立継続!来年からは税金が発生しますが、株式や投信と損益通算できるようになるので、別のメリットが生まれてきます。

そういえば、外貨MMFの積立に関しては注意点があります。
外貨MMFは積立不可という証券会社がけっこうあります。楽天証券やSBI証券でも積立不可だったような気がします。

証券会社としてはカブドットコム証券が最も良いと思っています。積立ができる点はもちろん(銀行引き落としも対応)ですが、手数料の安さ・通貨数など他証券よりも一歩リードした存在です。


私は積立設定にして、数年間ホッタラカシテしていましたが、気がついたら大きな金額になっていました(200万くらいは利益があるかな?)。
ストレスを感じずに資産が増やせるのは、本当にありがたい話です。

将来は円安が進んでいく可能性が高い事を考えると、個人的に外貨MMFは非常に良い商品だと思っています。税制制度に伴い売却は行いますが、積立継続は私にとって当然の判断と言えます。

kaoruでした。

【追記】
私はカブドットコム証券で外貨MMF(米ドル)を毎月自動積立をしています。
外貨預金よりメリットが多く、外貨初心者の人でも安心して始められます。

カブドットコム証券
外貨MMFでは、好利回り・低手数料・取扱い通貨で他社を圧倒!
【特徴】手数料無料のフリーETF株主優待でも人気の証券会社です。
 

【これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |