kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

2015年もあっという間に3分の1が過ぎました。今年は米国株投資にツキがあるようで、既に昨年の利益を超えている状態です(米国株だけの比較)

特に利益を牽引したのは、原油関連のロシアETFと自動運転のモービル・アイです。強気に資金を投じた2銘柄が大幅上昇したのは、ラッキーだったと思います。

さて、次の投資先としては、ゼネラル・エレクトリック(GE)を考えています。
【参考】ゼネラル・エレクトリック ※以下GEに略します。

GEは1-3月期の業績決算では1兆6000億円の巨額な大赤字を出しました。
凄い赤字額ですねΣ(゚д゚lll)、普通だったら買うよりも売りですが、GEの場合は未来を見据えた意味のある大赤字です。

簡単に言うと「先行きが不透明な分野をバッサリ切り捨てて、得意分野に注力する」ことを目的に、事業大改革を行っているのです。(2018年までに完了)

しかも、この切り捨てる部門は全体の営業利益のうち40%以上もしめる主要部門・・・凄い決断と行動力ですね。

この会社はいろいろな分野に進出していますが、考え方として「その分野で1位、2位になれなければ、事業の継続は意味なし」という強い信念を持っています。

GEに関しては、勝算がない事をする会社ではないと思っていますので、今のうちにどんどん買っていこうと思っています。

それに、この銘柄は米国を代表する「高配当銘柄」の一つで、増配に対してとても積極的な会社です。早く買ったほうが、その分だけ長く楽しめると思っています。(4月22日時点、配当利回り3.34%)

また、CEOが「2018年までに配当や自社株買い等で株主還元が900億ドルくらいの可能性も?」と発言していますので、当面は増配傾向が続くと考えています。

ちなみに私の個別株投資の方法を説明すると、米国株は上昇が止まらないパターンも多いので、狙った株はチョコチョコ買って、大きく下がったらドーンと資金を投入するという感じです。
「ズーット上昇で買えなかった・・」というのは、失敗と同じだと考えています。

市場全体が瞬間的に下がる時があるとしらた利上げ発表時かな?ただ、かなり小さな利上げになりそうなので下がる事なく上昇していくかもしれません。
もし大きく下がれば、かなり強気な資金をGEに投じる予定をしています。

kaoruでした。

【追記】
米国株に興味がある人は、マネックス証券さんがオススメ!
手数料が他社と比べて圧倒的に安く、銘柄数もネット証券で随一。
上限手数料でも、楽天証券とSBI証券の最低手数料以下という安さです。

マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・特定口座で取引が可能 
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能銘柄は、他社証券の約3倍です。
・米国株のオンラインセミナーやレポートなど情報が豊富。

【関連ブログ更新!4月23日】
米景気の先行指標!中古住宅販売件数の結果は?

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |