kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

庶民の間では景気回復の実感は小さいのですが、日経平均株価は依然として上昇基調です。世界的に株価が落ち込んでいる時でも日本株は一定ラインで下げ止まる傾向があり強さが際立っています。

海外勢が目立ちますが、国内の個人投資家も株価が下がると即買いに走る傾向が高く、ベテラン勢を中心に将来の株価に強い自信を持っているように見えます。

この日本株に対する強気背景の一つには、やはり“日銀のETF買い”があると思います。日銀は昨年10月に追加緩和で「ETFの買い入れ額を年間で3兆円にする」という凄い発表をしました。

これにより定期的に買いが行われており2015年だけでみても5月末までに30回以上も実施されています。(3日に1回以上の超ハイペース)

しかも1回あたりの金額が凄いのです。何と350億円!
金額が大きすぎて全然検討つかないですね(笑)

例えば、私が積立購入しいてるセゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドの純資産総額が300億を超えるのに4年、ひふみ投信のマザーズファンドでは6年もかかりました。

乱暴に言えば日銀のETF買いは、350億規模の株式投信が3日に1回の割合で出現するほどのインパクトを与えているわけです、普通に考えれば相場は上に向かいます。

じゃぁ、「日銀の買ったETFはいつ売るの?」という事になるのですが、日銀は「物価上昇率2%」をスローガンに金融緩和を行っているのですから、常識的にその目標が達成されるまでは保有し続ける事になります。
(買い一本で保有し続ける超安定株主?)

現在の日本株は、「下がっても、日銀がETFを買うから大丈夫!」という心理が働いているので、下落が継続する可能性は小さいと思います!?実際に大きく下がると高い確率で日銀の買いが入っています。

今のところ大きな不安材料はありませんので強気で良いと思いますが、「株価と実態経済が連動していない」ので、海外勢の売り圧力が高まってきた時には注意が必要です。

kaoruでした。

【追記】
資産運用で下記2商品を積立しています。
セゾン投信の安定性に、日本株で好成績のひふみ投信を加えることで、将来の資産形成を行っています。

セゾン投信
世界30ヶ国に分散投資することでリスクを最小限に抑えています。
長期視点で資産を安定的に増やす事を目指しており、資産形成の中心にしています。

ひふみ投信
日本株投信の雄!機動力が高く、チャンスにもピンチにも強い稀有な存在。
TOPIXを上回る成績で運用手腕が光る。プロという言葉が似合う投信。

【これは業界の常識!?⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |