kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

2014年の家計調査では、世帯貯蓄の平均が約1800万で過去最高になりました。
ニュースでは、この部分しか取り上げないのでショックを感じる人も多いようです。

これには、いろいろカラクリがあって家計貯蓄は、60歳以上の世帯が2500万くらいなので全体を大きく引き上げてしまっています。

実際には40歳以下の世帯だと約550万くらいで、40歳~59歳だと約1000万くらいです。この世代に関して言えば昨年よりも貯蓄高が下がっているので厳しくなっているのが本当のところです。

何だかTVの報道とニュアンスが変わってきましたね・・
更に言えば、この50歳未満の世帯でしっかり増えているものがあります。
それは・・・負債(ローンなど) ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

負債残高の平均は40歳以下の世帯だと約930万、40歳~49歳だと約1050万になります。つまり、貯蓄から負債を差し引くとマイナスですね。(ローンを抱えている世帯だけで見れば、50歳未満の負債は1700万くらいが平均)

もはや冒頭に書いた、約1800万という数字は影も形もありませんね。ニュースなどを見て「なんで我が家だけ・・」と悲観的にならないでください。

誰だって“隣の芝生は青く見える”もの!でも実態は・・ご近所さんも含めて、大半の家庭が苦労しているのですから不安を感じる必要はありません。

しかし、今回の記事を見て、安心しすぎるの困ったもの!?
・・と言うのも2014年度は65~69歳男性の就業率は50%を超えました。働くのが好きという人もいますが、「年金だけでは・・」という人が多く含まれています。

将来的に年金が増えていく状況があれば安心していても良いのですが、厳しくなるのが規定路線です。これからの時代は“普通なら安心”という概念は捨てた方が良いとかもしれませんね。

将来のシニアライフが楽しいものになるかは、現在の頑張りしだいだと思います。

kaoruでした。

【追記】
私は、セゾン投信の運用で老後資金を準備しています。
個人的には最も信頼している商品です(積立投資を利用)

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。
(積立の場合は、開始のタイミングは考えなくて大丈夫!)

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【2015年のkaoru方針⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |