楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

以前にも書きましたが、外貨MMFの非課税優遇は今年いっぱいで終了です。
私は利益もそれなり増えている事から、利益確定を行いました。

【関連記事】外貨MMFは125円で売却!?

1ドル=125円になったら利益確定を実行すると決めていたところ、今月初めに、そのタイミングがやって来たので機械的に実施!(200万くらいの利益と思っていら300万もあってちょっとビックリしました)

ちなみに利益確定後も外貨MMFは積立をそのまま継続しています。5年くらい積立ているだけで300万くらい利益が出ましたので、非課税優遇が無くなるくらいで中止なんて勿体無い話です。

時々、「FXではダメなのですか?手数料が安いですよ」というコメントをいただきますが、私は長期間にわたってほったらかす運用スタイルですので、値動きが気になって頻繁にログインしてしまうような(FX等)投資は向きません。

私が途中確認するのは1年に1度くらいです。それも「たまには確認しとかなくちゃ・・」という感じですから、3~5年程度ほったらかしても全く気になりません。

外貨MMの積立は“投資を行っている感覚が小さいので、忘れてしまっている”というのが本当のところかもしれません(笑) でも“気にならない”というのは凄いメリットだと思っています。
※(補足を参照)積立を行えない会社も多いので注意

年末に向けて急激に円安が進行すれば、もう一度利益確定を行いますが、基本的には500~1000万くらいの利益が出るまではホッタラカシておく予定です。

1年後に外貨MMFで500万や1000万の利益は夢物語ですが、20年後の1000万ならばとてもリアルな話だと思います。

※《補足》
私は外貨MMFの積立をカブドットコム証券で行っていますが、SBI証券などは積立ができないそうですので注意してください。

kaoruでした。

【追記】
私はカブドットコム証券で外貨MMF(米ドル)を毎月自動積立をしています。
外貨預金よりメリットが多く、外貨初心者の人でも安心して始められます。

カブドットコム証券
外貨MMFでは、好利回り・低手数料・取扱い通貨で他社を圧倒!
【特徴】手数料無料のフリーETF株主優待でも人気の証券会社です。

 

【これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |