kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

先週末までNYダウは7日続落でしたが、週明け10日には大幅反発しました。いろいろな要因がありますが、バフェット氏が率いるバークシャーがプレシジョン・キャストパーツ(PCP)の買収を発表した事も理由の一つです。

プレシジョン・キャストパーツ(PCP)の株価は一夜にして約20%上昇となったので、バフェット信者の方々は、利益をガッチリとれたと思います。

ちょっと話がそれますが、今回は私のサイトも爆発しました!
プレシジョン・キャストパーツ(PCP)は、日本人には知名度が低く紹介しているサイトは限られているのが現状。

たまたま、私のサイトでは小さく取り上げていたので、バフェットのニュースがあった9日と10日はアクセスが集中する結果になりました。(サイト訪問者の4分の1がプレシジョン・キャストパーツで流入)

通常は3ヶ月に1回くらいしか閲覧が無いのに・・・バフェットの影響力は凄いですね。やはり彼の投資を参考にしている人は多いという事だと思います。

今後のバフェット銘柄で注目は、やはりIBMでしょうね。決算は良くありませんが、大きく買い増していますから先々に期待しているのでしょう。

先日もバフェットがIBMの買い増しに興味という話が流れたら株価が反応しましたね!将来性を考えれば今は割安と考えているのだと思います。

実際にクラウドなどの新しい部門が大きく伸びていますので復活の日も近いかもしれません(直近の決算は無視して、長期保有出来る人は面白いかも?)

あとはバークシャー保有で大穴狙いならばバイアコムかな?こちらはメディア企業ですが広告収入減少に加えて映画も不振で厳しい状況。先日の決算では株価が一時20%越える下げとなりました。

ただ、年初来で約43%も下げているので、ちょっと行き過ぎだと思っています。今後は「ターミネーター」や「ミッション・インポッシブル」の収益も乗ってきますので、株価が見直されるような気がしています。

ちなみに、8月14日の終値で予想利益から計算するPERは7.8倍、来年の予想利益からは7.0倍で、数字上はメチャメチャ割安です。

もっとも、広告収入の下落トレンドが止まっていないので長期保有はちょっと恐いかな?半年くらいで結果が出なければ即退散という心構えも必要でしょうね!

バイアコムに関してはバフェットが選択した銘柄では無いと言われていますので、IBMとはちょっと違った目で見たほうが良いかもしれません。

kaoruでした。

【追記】
米国株や海外ETFに興味がある人は、マネックス証券さんがオススメ!
手数料が他社と比べて圧倒的に安く、銘柄数もネット証券で随一。
上限手数料でも、楽天証券とSBI証券の最低手数料以下という安さです。

マネックス証券 米国株
【マネックス証券が米国株でオススメの理由】
・米国株のオンラインセミナーやレポートなど情報が豊富。
・手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
・取引可能な銘柄数は、他社証券の約3倍です。
・手数料全額キャッシュバックキャンペーン実施中(新規の口座開設)

【kaoruの資産運用方法はコチラです⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |